大学生でアパレルのバイト「きつい?」メリット・デメリットを解説

「アパレルのバイトって、きついの?」

学生でアパレルのバイトに興味がある方は多いと思います。しかし、アパレルの仕事は意外に大変な仕事です。

ただし、大変ではありますが、その一方でアパレルのバイトをすることで得られるメリットもあります。

そこで、本ページにおいて、アパレルのバイト「きつい」理由を含めたデメリットと得られるメリットを解説していきます。

この記事でわかること

  • アパレルのバイト内容
  • 働くときの身だしなみ
  • 大学生でアパレルのバイトをするデメリット・メリット
  • 面接時の服装や志望動機のコツ

アパレルの5つのバイト内容

アパレルのバイトで大学生が任さる仕事内容は以下の5つあります。

一般的なアパレルの業務内容を挙げてみました。思ったよりも「忙しそう!」と感じる方も少なくないのではないでしょうか?

  1. 始業・終業時の掃除
  2. 朝礼・ミーティング
  3. 納品・検品・整理・品出し・棚卸しなどの商品管理
  4. マネキンの着せ替えや商品配置などのディスプレイ調整
  5. レジ・電話・接客などのお客様対応

それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

1始業・終業時の掃除

店舗にもよりますが、始業前または終業後に店内の清掃業務があります。

掃除機やクイックルワイパー、雑巾、はたきなどを使用して店内を掃除します。

常に、商品を大切に扱い、上質な商品を届けるという意識を持つことが大切です。

2朝礼・ミーティング

百貨店などでは、自店での朝礼の他、フロアでの朝礼などがあります。そこでは、今週のイベントやセールなどの情報が共有されます。

常にイベントや新しい商品券などが発行されたりするので、きちんとチェックする必要があります。

3納品・検品・整理・品出し・棚卸しなどの商品管理

陳列した商品の補充・管理・整頓・ケアなどを行うことはアパレルの業務の中でも、とても重要な仕事です。

常に、暇があれば、お畳みで整理整頓を行い検品をします。

お客様へ上質な商品を手際良くお届けするために大切な作業となります。

4マネキンの着せ替えや商品配置などのディスプレイ調整

季節・トレンド・売り出し商品・セール商品…など、その時々の売りたいものに合わせてコーディネートを考えることも仕事の一環です。

お店によっては、1日3回以上、朝昼晩などの気温差によってコーデを組み替えるところもあります。

着せ替えの際もお客様対応を怠らないために手際良く行う必要があります。

5レジ・電話・接客などのお客様対応

アパレルのバイトでの最もメインの仕事といえば接客応対でしょう。

コーディネートの提案はさながら、お客様の表情・所作・行動を見て適切なお声かけを行います。

こちらは、技術・知識もそうですが、経験がものを言う仕事になります。とにかくお客様へのお声かけに慣れることが大切でしょう。

【評判】ユニクロのバイトはキツい?髪色が厳しい?経験者が徹底解説  GUのバイトはキツい?経験者による忖度なしの評判と合わせて解説 

働く時の身だしなみは自由

アパレルで働く時の身だしなみは、かなり自由であるお店がほとんどです。身だしなみで注意する点や特徴は3項目あります。

  1. ブランドイメージに合えば、ピアス・髪色・ネイルは基本的に自由
  2. 清潔感がある
  3. 服を傷つけないアクセサリーやネイル

では、順を追って詳しく見ていきましょう。

1ブランドイメージに合えば、ピアス・髪色・ネイルは基本的に自由

アパレル店員は『歩くマネキン』です。そのお店の看板であることを意識する必要があります。

つまり、見た目の全てにこだわることが仕事の一環なのです。

そのため、服装・髪型などは全て自由なお店が多いですが、その店舗にあった服装・髪型に仕上げる必要があります。

  • クール系→ヒール、ダークカラー、タイト
  • カジュアル系→デニム、シンプル
  • ガーリー系→スカート、花柄、カラフル

このように、イメージに合ったコーデを組むことを意識しましょう。

イメージに合っていれば、髪色が明るくても、ピアスが開いていても、なにも問題はありません。

2清潔感がある

アパレル店員は『歩くマネキン』ですから、清潔感は必須です。

  • 髪の毛はきちんと洗われているか?
  • 髪色はプリンになっていないか?
  • 体型はだらしなくないか?
  • コンセプトに合ったメイクができているか?
  • メイクや服にヨレはないか?
  • 靴はボロボロでないか?
  • ネイルは剥がれていないか?

頭から足の爪の先まで、清潔感があり、整っているか?を確認しましょう。

不潔さは、お客様からのお店のブランドイメージにつながってしまいます。

3服を傷つけないアクセサリーやネイル

基本的に、ネイルやアクセサリーに縛りはありません。

しかし、服装や店内を傷つけてしまいそうなネイルデザインやアクセサリーは避けましょう。

ニット生地の服装や、透け感のある生地は、破れたり、ほつれたりしやすいです。

ネイルやアクセサリーをつけている場合は、充分気をつけて取り扱うようにしましょう。

大学生でアパレルのバイトをすることは“きつい”4つのデメリット

学業もある大学生にとって、アパレルでバイトをすることは“きつい”と思います。

それを踏まえて、本章では、大学生がアパレルをバイト先に選ぶ場合のデメリットを4つ紹介します。

  1. 休みが取りにくい
  2. 体力が必要
  3. お金がかかる
  4. 雑務が多い

では、順を追って詳しく見ていきましょう。

1休みが取りにくい

大学生でアパレルのバイトをする1つ目のデメリットは『休みが取りにくい』点です。

アパレル店員は、かなり休みが取りにくい職業で、特に土日や祝日など、みんながお休みの時に働く必要がある仕事です。

そのため、友人との予定が合わず「きつい」と感じる人もいることでしょう。したがって、アパレルのバイトは、自由に休みを取りたい人には向きません。

2体力が必要

大学生でアパレルのバイトをする2つ目のデメリットは『体力が必要』な点です。

アパレル店員は、働いている時間のほとんどが立ち作業なので「きつい」感じるかもしれません。

店舗によっては、ヒールや厚底サンダルで1日を過ごさなければならない場合も多いです。

また、入荷の段ボールなども、ヒールで運ぶ必要があります。そのため、かなりの体力と筋力を必要とします。

3お金がかかる

大学生でアパレルのバイトをする3つ目のデメリットは『お金がかかる』点です。

アパレル店員は『歩くマネキン』ですから、その店舗の服を着用する義務があります。

そのため、安くは買えるものの、必然的に出費は増えてしまいます。

また、店舗在庫があるものを着用する必要があるので、売り切れてしまうと、また買い直さなければなりません。

4雑務が多い

大学生でアパレルのバイトをする4つ目のデメリットは『雑務が多い』点です。

アパレルバイトの仕事内容を見てわかる通り、接客応対以外の仕事が圧倒的に多いです。

接客対応をしながら雑務もこなす必要があるので、かなりハードワークになります。

TSUTAYAのバイト「きつい?」経験者によるリアルな評判と合わせて解説 すき家のバイトはワンオペがキツい-経験者による評判と合わせて解説

大学生でアパレルのバイトをする3つのメリット

大学生でアパレルのバイトをするデメリットについてお伝えしましたが、一方でバイトをするメリットもあります。

大学生でアパレルをするメリットは下記の3つあります。

  1. お客様対応が身につく
  2. 流行に敏感になる
  3. 安く服が買える

では、順を追って詳しく見ていきましょう。

1お客様対応が身につく

アパレルでバイトする1つ目のメリットは『お客様対応が身につく』点です。

やはり、お客様対応が身につき、将来の仕事に役立つということは大きなメリットでしょう。お客様には様々な性格や境遇をお持ちの方がいます。

  • お金持ちのお客様
  • お金を貯めて欲しい服を買いに来てくださるお客様
  • ちょっとわがままなお客様
  • 接客して欲しいお客様
  • 接客されたくないお客様

様々なお客様に対応できるようになることで、いろんな仕事・人生において役立つ経験になります。

2流行に敏感になる

アパレルでバイトする2つ目のメリットは『流行に敏感になる』点です。

今まで気にも止めなかった流行にいち早く気がつけるようになります。

また、売れているアイテムやカラーをみて、トレンド感覚を掴み、自分の副業やその他事業に活かすことも可能です。

流行を知ることは、どんな仕事においても、かなり重要です。

3安く服が買える

アパレルでバイトする3つ目のメリットは『安く服が買える』点です。

良い服が安く手に入ります。4〜6割引程度で服を安く買うことができます。『社販』といって福利厚生の制度です。

百貨店などに入っている、ちょっと高級なアパレルで店員として働くことができれば、10万のコートを社販で5万ほどで購入することも可能なわけです。

アパレルの仕事に向いている人の性格

これまで見てきた通り、 得られるものも多いですが、仕事量もかなり多いのがアパレルの仕事の特徴です。

本章では、そのようなアパレルの仕事に向いている人の性格について紹介していきます。

アパレルの仕事に向いている人の特徴は下記の3つあります。

  1. お客様対応を学びたい人
  2. ファッションが大好きな人
  3. 人のためにしてあげるのが好きな人

では、順を追って詳しく見ていきましょう。

1お客様対応を学びたい人

アパレルの仕事は、お客様対応を学びたい人には最適な仕事でしょう。様々なお客様がたくさんご来店されます。

今後、就職や起業などでも役に立つ経験となるでしょう。

2ファッションが大好きな人

アパレルの仕事は、ファッションが好きな人・興味がある人にはオススメできる仕事です。

毎日、トレンドの服をコーディネートする仕事というのはファッション好きなら誰もが憧れるのではないでしょうか?

アパレルの仕事は、やりがいを持って働くことが可能です。

3人のためにしてあげるのが好きな人

洋服のコーデがわからないお客様や、難しくてコーディネートできないお客様にオシャレな服装を提案するのが、アパレルのお仕事です。

誰かのために、なにかしてあげたい!教えてあげたい!という思いが強い人にはとてもオススメな仕事でしょう。

アパレルのバイトでの面接内容や服装のコツ【3選】

では、最後に、 アパレルのバイトでの面接の内容や服装などのコツについて解説していきます。

  1. 受けたいブランドコンセプトに合った服装を着る
  2. そのブランドの服への想いを語る
  3. どうしてアパレルでバイトをしようと思ったのかを明確にする

では、順を追って詳しく見ていきましょう。

1受けたいブランドコンセプトに合った服装を着る!

アパレルの面接では、受けたいブランドのコンセプトに合った服装を着ていくことが大切です。

あまりにも高級ブランドである場合以外は、そのブランドの服を購入し、着用して行くことをオススメします。

そのブランドの服を着て行くことで、あなたが働くイメージが湧きやすく、採用にもつながりやすいでしょう。

2そのブランドの服への想いを語る!

どうして、たくさんあるアパレルの中でそこのブランドを選んだのか?を明確にし、面接官に伝えましょう。

アパレルは、そのブランドごとにコンセプトやテーマがまったく違います。

だからこそ、そのブランドを選んだ理由には価値があります。面接官も、あなたの、こだわりを聞きたがっています。

3どうしてアパレルでバイトをしようと思ったのかを明確にする!

たくさんの仕事がある中で、なぜアパレルのバイトを選んだのか?を明確にしましょう。

大変だとわかっていて、応募したあなたには、なにか得たいもの・なにか学びたいもの・こだわりがあるはずです。

ぜひ、その思いを面接官に伝えてみてください。きっとあなたの情熱は、面接官に伝わります。

まとめ

以上、アパレルのバイト内容について解説していきました。

アパレルの仕事は土日出勤や様々なお客様との接客があるので、大変な仕事です。

大学生にとっては学業と両立することは難しいかもしれませんが、将来には役に立つ仕事であり、やりがいも感じられます。

アパレルの仕事がしたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。併せて下記のバイト求人サイトを利用することもオススメです。

イチオシ『バイト求人サイト』3選

お祝い金がもらえる大手求人サイトを厳選してみました。参考にしてみてください。

  1. アルバイトEX
    ⇒東証一部上場企業『じげん』が運営、『もれなく3万円』、Wお祝い金で最大11万円
  2. ギガバイト
    ⇒日本最大級アルバイト求人サイト、『お祝い金』がもらえる求人あり、『日払い』『単発』バイト多数
  3. マッハバイト
    ⇒『お祝い金5,000円』を最短翌日でGETできるアルバイト求人サイト

オススメ『単発バイト』3選

  1. シェアフル
    ⇒単発・短期バイトをサクッと探せる『求人アプリ』
  2. シゴト.inバイト
    ⇒採用ボーナス最大1万円、『単発・短期バイト』『日払い』求人多数あり
  3. ショットワークス
    ⇒単発・短期バイトや日払いバイトに特化した『求人アプリ』
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です