【きつい一面がある】ケーキ屋のバイトの仕事内容を経験者が解説

「ケーキ屋のバイトの仕事内容が知りたい」

「ケーキ屋のバイトって、きついの?」

ケーキ屋のバイトに興味がある人にとって、どのような仕事内容なのか興味があるかと思います。

そこで、本ページにおいて、ケーキ屋バイト歴4年の経験者に取材した情報をもとに、仕事内容や働く上でのメリット・デメリットを解説していきます。

さらに、ケーキ屋のバイト経験者たちによる評判も紹介しているので、参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • ケーキ屋のバイト内容
  • 働く上での身だしなみの注意点
  • ケーキ屋で働くメリット・デメリット
  • ケーキ屋のバイト経験者によるリアルな評判

【開店~閉店まで】ケーキ屋のバイト内容

はじめに、ケーキ屋のバイト社員が行う仕事内容について説明していきます。バイト社員が任せれる業務は以下の5つあります。

  1. 開店・閉店作業
  2. 納品・検品・陳列などの商品管理
  3. 朝礼、終礼
  4. レジ・接客・電話対応
  5. 清掃

では、それぞれ詳しく説明していきます。

1開店・閉店作業

お店の開店前には、店内の清掃をし、ケーキを陳列するショーケースを拭きます。

ショーケースの綺麗さは、ケーキが美味しそうに見えるかを左右するため、時間をかけて念入りに磨き上げます。

また、ケーキを鮮度ある状態で持ち帰るために必要な保冷剤やドライアイスの準備もします。

ドライアイスは、毎朝、大きな固まりで納品されるため、トンカチを使って小さく割っていきます。

閉店時には、残ったケーキの処分作業やケーキを並べていたトレイを洗います。

2納品・検品・陳列などの商品管理

納品では、店内でパティシエの方が作っている場合は異なりますが、工場で作られたケーキがトラックで配送される店舗では、発注通りに納品されているか確認します。

検品では、ショーケースに並べる前に、ケーキが崩れていないか、フルーツが落ちていないか、フチのクリームが削れていないかなど、細かいチェックを行います。

欠損している商品は、店頭には出せないため処分します。

陳列作業では、どのように並べれば美しく、おいしそうに見えるか考えながら、種類ごとに丁寧にショーケースに並べていきます。

3朝礼・終礼

朝礼では、その日の売上目標を確認します。

また、新商品が出る場合は商品仕様書を見ながら内容を確認し、おすすめのポイントを考えます。

終礼では、売上達成しているかの確認や、お客様から受けた商品への質問内容について販売員同士で共有を行います。

「お酒を使っているか」、「子どもは食べれるか」、鮮やかなケーキの場合は、「着色料を使っているのか」など細かい質問も多いので、商品知識を再確認します。

4レジ・接客・電話対応

お客様の注文をお伺いし、ケーキを箱に詰めます。

箱にキッチリ詰めないと隙間が空き、持ち運びの際に崩れてしまうので、パズルのピースをはめるように頭を使いながら入れていく必要があります。

隙間ができた部分は台紙などで埋め、ケーキをしっかりと固定します。

また、誕生日ケーキの注文を受けた際は、希望のメッセージをプレートに書いたり、ロウソクを用意をして、箱にリボン掛けをします。

電話でケーキ予約が入る場合も多いので、電話対応も学ぶ必要があります。

5清掃

ショーケースに指紋がついていたり、結露していたりすると、ケーキを美しく見せることができないため、1~2時間に一度はショーケースを拭きます。

シール貼りバイトは危ない?怖い?その真偽を徹底検証 ココイチのバイトはキツい?経験者による忖度なしの評判

ケーキ屋でバイトする上での身だしなみ注意点

続いて、ケーキ屋でバイトする上での身だしなみの注意点を3項目に分けて説明していきます。

  1. 服装
  2. 髪色・髪型
  3. ネイル・香水

では、それぞれの注意点について詳しく説明していきます。

1服装

お店によって、制服が支給される場合もありますが、基本的なスタイルは、ズボン・シャツ・腰にエプロンをつけ、髪が落ちてこないように帽子をかぶります。

2髪色・髪型

明るい髪色は禁止されている場合が多く、髪色規定は厳しめです。

大体の企業で容認されている8トーンのカラーレベルまでと決まっているところもあります。

また、髪が長い場合は、ゴムで結んで髪が落ちないようにします。

3ネイル・香水

ケーキ屋ではネイルは禁止されており、爪は短く切る必要があります。また、ケーキの香りに影響するため、香水など匂いがあるものは不可です。

香りの強いハンドクリームなども禁止されている場合があります。

オシャレをしたい人には、きつい条件かもしれません。

個人店だと高校生も働ける

個人経営のお店であれば、高校生可としているところもあります。

一方、百貨店に出店しているケーキ屋さんは高校生不可となっており、大学生やフリーター、主婦を募集していることが多いです。

応募前に一度、問い合わせしてみるのが良いかもしれません。

ケーキ屋のバイトをする上での4つのメリット

ケーキ屋でのバイト内容をざっくりお伝えしましたが、本章では、ケーキ屋で働く上で、どのようなメリットがあるのか解説していきます。

ケーキ屋でバイトするメリットは以下の4つあります。

  1. バイト仲間ができる
  2. 従業員割引で安く買える
  3. 新商品や売れ残りを食べることができる
  4. コミュニケーション能力が身につく

では、それぞれ詳しく解説していきます。

1バイト仲間ができる

朝のシフトはパートやフリーター、夕方以降は学校終わりの学生がメインですが、そもそもケーキ屋は、店舗がそこまで大きくない場合が多いので、バイトは少人数で、その中でシフトを回している場合がほとんどです。

そのため、バイト仲間は関係が密で、年齢問わず仲良くなりやすい環境です。

こじんまりしているので、バイト全員で飲み会をするということも多いです。

2従業員割引で安く買える

ケーキ屋でバイトをすると定価よりも10%~20%オフで買える場合があります。

ケーキはホールのタイプだと3,000円近くしますので、安く買えるのはありがたいですね。

3新商品や売れ残りを食べることができる

新商品が出ると、お客さんに味を説明できるように勉強のため試食をします。

お客さんよりも、いち早く新しいケーキを食べることができ、商品知識もつくので一石二鳥です。

また、売れ残ったケーキは基本的に当日処分となってしまうため、お店によっては「食べて帰っていいよ」「持って帰っていいよ」と言ってくれることがあります。

処分のケーキ屋をお持ち帰りできるのは、個人店に多く、大手チェーン店は少ないです。

4コミュニケーション能力が身につく

ケーキ屋のメイン業務はお客さんの接客です。

商品についての質問を受けたり、おすすめのケーキを聞かれたりと対話が多く、「こんなケーキを作ってほしい」といったオーダーも受けることがあるので、お客さんの思い描いているイメージを会話から汲み取る必要があります。

そのため、日々接客していると自然とコミュニケーション能力が上がります。

ケーキ屋のバイト「きつい」と感じる4つのデメリット

ケーキ屋でバイトするメリットについてお伝えしましたが、一方でデメリットもあります。デメリットは以下の4つになります。

  1. クリスマスは出勤必須
  2. クレームが多い
  3. 太る
  4. 肉体労働が多い

では、それぞれ詳しく解説していきます。

1クリスマスは出勤必須

バイトの面接時に「クリスマスはシフトに入れるか」と必ず聞かれます。

クリスマスはケーキ屋の一番の稼ぎ時なので、プライベートは犠牲にしてバイトに打ち込まなければいけません。私生活を優先したい方には、きつい条件かもしれません。

2クレームが多い

ケーキ屋ではクレームが少ながらずあり、一番多いクレームは「持ち帰ったらケーキが崩れていた」というパターンです。

お店側がしっかりケーキを固定して箱詰めしても、お客さんが丁寧に持ち帰らなければ破損します。それをお客様が勘違いしお店にクレームを入れます。

理不尽だと思うことも多いですが、うまく聞き流して謝罪できるタフさが必要です。

3太る

新商品の勉強などでケーキを食べる機会が多いため、体重は一気に増えます。

ダイエットをしている人には危険なバイトです。

4肉体労働が多い

大量に納品されるケーキを運んだり、ドライアイスを力いっぱいトンカチで割ったりと見えない部分では意外と肉体的な作業が多いです。

また、長時間立ちっぱなしなので、体力に自信がない人はキツイかもしれません。

TSUTAYAのバイト「きつい?」経験者によるリアルな評判と合わせて解説 スタバのバイト「きつい?」経験者によるリアルな評判と合わせて解説 無印良品のバイト「きつい?」評判からわかる9つの特徴を徹底解説

ケーキ屋のバイトに向いている人の特徴【4選】

続いて、ケーキ屋のバイトに向いている人の特徴について説明していきます。向いている人の特徴は以下の4つあります。

  1. 甘いものが好き
  2. 人と関わるのが好き
  3. 体力がある
  4. コーディネートセンスがある

では、それぞれ詳しく説明していきます。

1甘いものが好き

スイーツが好きな人は、ケーキに囲まれて働けるという環境に幸せを感じるはずです。

新商品をチェックできたり、最近のスイーツの流行を知れたり、楽しく勉強にもなる環境だと思います。

また、自分のアイデアが商品化されることもあるかもしれませんので、夢のある職場です。

2人と関わるのが好き

お客さんとの対話が多い仕事なので、人と喋ることが好きな人には向いています。

記念日にケーキを買って帰る人も多いので、あなたの接客が、お客さんの特別な一日に一役買えるでしょう。きっと、やりがいを感じることができるはずです。

3体力がある

ケーキ屋の仕事は、長時間、立ちっぱなしであったり、重たいものを持ったりと意外と肉体的な疲労度が高いので、体力に自信がある人の方が向いているでしょう。

また、男性は力仕事の要員として、非常に歓迎される傾向にあります。

4コーディネートセンスがある

ショーケースにどのように並べるかで、売上が変わってくるので、並べ方のセンスが求められます。

「色のコントラスト」や「どのくらいケーキ一つ一つの間隔をあけるか」など、こだわりが求められます。

「宝石が並んでいるみたい!」とお客様が思わず声を上げるぐらい、キラキラと魅力的に見えるよう並べることがゴールです。

ケーキ屋のバイト面接で注意点すべき点【3選】

採用面接で落とされないためにも面接の準備が必要です。

そこで、本章では、ケーキ屋のバイト面接で注意点すべき点や聞かれる質問について紹介していきます。

  1. 志望理由
  2. シフトの確認
  3. 服装や髪色は控えめ

では、順を追って説明していきます。

1志望理由

どこのバイト面接でも必ず聞かれる質問ですが、『なぜ?ケーキ屋で働こうと思った』のか明確な理由を固めておく必要があります。

また、「ケーキは好き?」「当店のケーキは食べたことがある?あれば、どの商品が好き?」など志望理由に繋がる部分を深く聞かれる可能性が高いです。

面接を受けるのに、「食べたことありません」では、志望度が低いのでは?と思われてしまう恐れがあります。

面接前には、お客さんとして、そのお店を訪れ、ケーキを食べておいたほうが話せる内容も広がり、志望理由の説得力が増します。

2シフトの確認

「クリスマスにシフトに入れる?」は必ず確認されますが、あなたの返答が「NO」であると採用の可能性は限りなくゼロとなります。

また、店舗によっては、バレンタインデーやホワイトデーなどのイベント前もシフトに入れることを採用条件としている場合もあります。

3服装・髪色は控えめ

ケーキ屋では、身だしなみの規定が厳しいことが多いので、落ち着いた服装や髪色で面接に挑むのが無難です。

また、女性の場合は、がっつりアイメイクをし、まつげ、もつけているというような派手な方よりはナチュラルな方を好まれる傾向にあります。

主役はケーキですので、控え目な見た目を心がけるのが吉です。

ケーキ屋のバイト経験者によるリアルな評判

実際にケーキ屋で働いた経験者の本音も知りたいかと思います。

そこで、最後に、ケーキ屋のバイト経験者による口コミ評判について、『ガールズちゃんねる』の有益なコメントを抜粋し、紹介していきます。

激太りする

【17】高校生の時に近所のケーキ屋でバイトしてたけど、廃棄するケーキを持ち帰り、翌日、学校へ持っていき友達と食べまくっていたら、仲良しグループみんな揃ってデブった。

ガルちゃん

7キロ太った

【9】毎日のように残ったケーキを持ち帰らせてくれるので、7キロ太りました。

ガルちゃん

百貨店のケーキ屋では、持ち帰り禁止だった

【18】百貨店に入ってるケーキ屋だったので、廃棄は持ち帰らせてもらえず、閉店後にみんなでつつくくらいでした。

カスタード以外のケーキは2日後まで売ることを知ったときは少々驚きました…

ガルちゃん

破損されたケーキ屋は自腹だった

【31】デパートで売ってたけど、残ったのは本社に送って、次の日に売るから全然食べられなかった…。しかも、壊したケーキは自腹。

ガルちゃん

休憩中に食べるのはOKだった

【41】某ケーキチェーン店で働いていました。

廃棄は持ち帰る事はできないけど、休憩中に食べるのはOKで、結構な頻度で食べていました。

その結果、2年間で10キロも太り、辞めたら元に戻りました。やっぱりケーキってカロリーの塊なんだなぁと恐ろしくなりました。。

ガルちゃん

カフェ併設のケーキ屋は、きつい

【60】カフェ併設で、イートインもテイクアウトも両方担当パターンがキツイ

ガルちゃん

売れ残ったケーキ屋はもらえなかった

【63】私が働いてたケーキ屋は厳しかったので、ロスになった物は全て廃棄でした。

法に触れる?か保健所にバレたらマズイとか何かで、ロスのケーキも絶対にもらえなかったです。

社割もなく、忙しいばかりでした。

メンバーが仲良かったからやっていられたけど、今思えばメリットというメリットなかったなぁ

ガルちゃん

まとめ

以上、ケーキ屋のバイト内容や評判について解説しました。

ケーキ屋でバイトすると、嬉しいメリットとして、余ったケーキをもらえますが、チェーン店だとルールが厳しいので、もらる可能性が低いです。

一方、個人経営のお店だともらえる可能性が高いです。体重が増えるデメリットもありますが、個人店のほうがオススメです。

また、バイト後の失敗を防ぐためにも、バイト希望するお店の口コミをグーグルや食べログで調べると良いでしょう。

イチオシ『バイト求人サイト』3選

こちらは、お祝い金がもらえるサイトです。参考にしてみてください。

  1. アルバイトEX
    ⇒東証一部上場企業『じげん』が運営、『もれなく3万円』、Wお祝い金で最大11万円
  2. ギガバイト
    ⇒日本最大級アルバイト求人サイト、『お祝い金』がもらえる求人あり、『日払い』『単発』バイト多数
  3. マッハバイト
    ⇒『お祝い金5,000円』を最短翌日でGETできるアルバイト求人サイト

オススメ『単発バイト』3選

こちらは、お祝い金はもらえませんが、日払いが可能な仕事を掲載しています。

  1. シェアフル
    ⇒単発・短期バイトをサクッと探せる『求人アプリ』
  2. シゴト.inバイト
    ⇒採用ボーナス最大1万円、『単発・短期バイト』『日払い』求人多数あり
  3. ショットワークス
    ⇒単発・短期バイトや日払いバイトに特化した『求人アプリ』
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です