初任者・実務者研修を0円取得- 4つの方法

【体験談】デイサービスの生活相談員、管理者として働いて時の『給料』や『辞めよう』と感じたことを紹介

本記事では、デイサービスの生活相談員と管理者として6年間働いていた方の体験談をお伝えします。

当時、働いていたデイサービスの生活相談員と管理者の給料や『つらい』『辞めよう』と決断されたことを紹介しています。

是非参考にしてみてください。

デイサービスに6年間、働いていた方のプロフィール

プロフィール
  • 40代(男性)
  • 都道府県:山形県
  • 介護職歴:20年
  • 特養での勤続年数:1年(現在は退職)
  • 保有資格:介護福祉士、社会福祉主事任用資格、介護支援専門員、大型自動車免許、保育士
  • 特養での年収:300万円

デイサービスには約6年間勤務していました。

民間企業が運営している事業所で、最初は生活相談員として勤務していましたが、2年目からは管理者として事業所の管理全般を担当していました。

生活相談員の時は主にデイサービス利用者さんの受け入れ相談や契約、職場内での情報伝達、計画書作成でした。

管理者になれば事業所内の事務(経理や自治体への書類作成)、職員管理、外部との連絡調整、事業所の運営全般を担っていました。

デイサービスの給料について

職種によって給与は違いました。

生活相談員の時の給料

生活相談員の時の給料は下記の通りです。

  • 基本給:月額160,000円
  • 手当:資格手当10,000円
  • 通勤手当:月8,000円

総支給額:178,000円

社会保険、税金を控除して約14万円ほどでした。

ボーナスについては年2回支給されます。

支給額は年2回、平均3ヵ月分くらいです。

昇給について、平均して5千円程度です。

年収にすると約250万ほどになります。

デイサービスの管理者で働いていた時の給料

管理者になると給与は大幅にアップしました。

給料の詳細は下記の通りです。

  • 基本給:200,000円
  • 資格手当:10,000円
  • 管理職手当:10,000円
  • 通勤手当:8,000円

総支給額:228,000円

差し引き支給額が190,000円でした。

ボーナスは4ヵ月分支給でしたので、年収として約330万円ほどになりました。

民間企業の運営なので、残業代は申請すると受理してもらえました。

平均すると月に10時間程度です。

なるべく残業しないように上司から指示はありましたが…。

デイサービスで働いて『つらい』『大変』と感じたこと

私がデイサービスに勤務して辛く感じることはあまりなかったのですが、大変なことは事業所稼働率を維持し、売り上げを一定以上あげることでした。

管理者になると上司から『事業所稼働率を常に90%以上に維持』するように指示され、常に数字と向き合うようになります。

時には居宅ケアマネや地域包括支援センターにパンフレットや事業所の空き情報を持って営業に行き、横の繋がりを持つことが重要でした。

紹介してくれるケアマネや包括支援センターの職員にも様々な方がいて、すごく親身になって相談や新規利用者紹介をしてくれる方もいれば、クレーマーの方がいたりと外部とのやり取りは大変でした。

どこの業界も売り上げと無縁ではないと思いますが、勤務していた事業所はある程度の成果を求められ、達成させることが大変でしたし、やりがいでもありました。

デイサービスで働いて『辞めよう』と感じたこと

デイサービスで働くこと自体、嫌なこともあまり感じなかったのですが、辞めた理由は『職場内でキャリアアップを積むことができなかったこと』『上司との関係性』です。

在職中にケアマネの資格を取り、企業内での配置転換を希望したのですが、上司から取り合ってもらえず。

同期で入社した人は希望を聞き入れてもらい、ケアマネへ配置転換しました。

人事だけでなく、業務上の小さな不満が蓄積してきて、最終的には退職を決断しました。

あまり、介護に対して知識のある上司ではなく(異分野の方だったので)、中間管理職ゆえの上司と部下からの板挟みになることもしばしばありました。

また、クレーム処理に関しても我関せずの任せきりにさせられ対応に当たりました。

いっしょに働く仲間に恵まれても、理解のない上司の下で働くことは厳しいと思います。

他の方の体験談

【体験談】デイサービスで3年間働いて『つらい』『辞めたい』と感じたこと 【体験談】デイサービスの介護士として4年間働いていた。悪口のオンパレードに嫌気をし辞職 【体験談】デイサービスの管理者として3年間働いて『つらい』『大変』『辞めよう』と感じたこと

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回、紹介した『デイサービス』はブラック施設ではないですが、上司が理解ある方でないと、仕事はやりにくいものです。

もし、転職をお考えの方は、このような施設やブラック施設に就職しないためにも、興味がある施設の情報を事前に調べておくことが大事です。

『施設の情報を調べる方法』を下記で紹介しているので、興味がある方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。