dodaチャレンジ『断られた』評判からわかる利用注意点を解説

「dodaチャレンジを利用したいけど、断られたらどうしよう」

『dodaチャレンジ』とグーグル検索すると関連キーワードに『断られた』と表示されますよね。

実際に断りメールが届いた方もいます。しかし、『紹介してもらって就職した』といった方もいます。

そこで、本記事では、断られた方たちのコメントや就職できた方たちのコメントを含めて、様々な評判を紹介していきます。

なお、dodaチャレンジは事務職のスキルがある方には有利な転職エージェントとなります。

この記事でわかること

  • dodaチャレンジ『4つの特徴』
  • dodaチャレンジのリアルな評判

 

登録無料・数分で完了dodaチャレンジ【公式】

dodaチャレンジ【運営会社】

パーソルチャレンジ【公式ウェブサイト】

運営会社 パーソルチャレンジ株式会社
公式サイト https://challenge.persol-group.co.jp/
本社 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
設立 2008年1月1日
事業内容 障害者専門の人材紹介、コンサルティング、就労移行支援、委託訓練、教育・アセスメント、公共事業受託、事務アウトソーシング

dodaチャレンジは、人材紹介大手の『パーソルホールディングス』グループ会社『パーソルチャレンジ』が運営している障害者就職支援サービスとなっています。

dodaチャレンジ【4つの特徴】

dodaチャレンジの特徴はたくさんありますが、大まかに分けて4つあります。

  • 『東京都』『名古屋』『大阪』の求人がメイン
  • 事務系の求人が8割以上
  • 専任コンサルタントのサポートが受けれる
  • 就労移行支援サービスあり【ミラトレ】

1.約9割が『東京都』『名古屋』『大阪』の求人

dodaチャレンジに掲載している求人(約900件:2021年4月現在)のうち、9割近くは東京都・名古屋・大阪府の求人です。

なので、上記3都市近郊に住んでいる方には、オススメできるサービスとなっています。

2.事務系の求人が8割以上

dodaチャレンジに掲載している求人の約8割は『事務系』の求人で、その次にITエンジニアの求人が1割ほど占めています。

なので、事務職に必要なスキル『エクセル』『ワード』『日商簿記』などの資格は取得したほうが良いでしょう。

3.専任コンサルタントのサポートが受けれる

dodaチャレンジでは、無料で専任コンサルタントによるサポートを受けれます。

具体的なサポートはこちらです。

  • 希望に合った求人を紹介
  • 履歴書の添削
  • 面接対策

なお、新卒の方も専任コンサルタントによるサポートが受けれます。

4.就労移行支援サービスあり

dodaチャレンジ内のサービスではないですが、パーソルチャレンジでは、『ミラトレ』という就労移行支援サービスも運営しています。

就労移行支援サービスでは、就職できるように必要なスキルを取得できるスクールです。

ただし、ミラトレのスクールは地域が限られており、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪・尼崎のみとなっています。

なお、同業他社の就労移行支援サービスでは、『リタリコワークス』や『アットジーピー【atGP】』も有名です。

また、資格を取得については、障害者向けの職業訓練校でも学ぶことができ、手当も支給されるのでオススメです。

詳しくは、最寄りのハローワークに相談してみてください。

参考障害者職業能力開発校

 

登録無料・数分で完了dodaチャレンジ【公式】

dodaチャレンジ『断られた』『就職できた』リアルな評判

では、最後にdodaチャレンジの評判について紹介していきます。

dodaチャレンジで就職できた

【886】

DODAチャレンジで33歳で正社員歴1年半ぐらいしかなかったけど、結構紹介してもらえたし内定も貰えたよ

5ちゃんねる

『紹介できる求人がない』とメールで断られた

「dodaチャレンジ」は、今のところ案内できるものがないと、定型分でメールもらいました。

精神障害だと、そうなっちゃうのかな、それともフリーランス期間のせいかな。職歴も誇れないし。

次、フォロワーさんもおすすめしてくれた「アットジーピー」にも登録しよ。

Twitter

dodaチャレンジで紹介してもらって就職できた

私はdodaチャレンジという、障害者雇用専門の転職エージェントにお願いして就職しました!

素敵な担当者の方にいつもお世話になっています

Twitter

『紹介不可』とメールで断られた

dodaチャレンジから紹介不可メールが来た。

やはり双極性障害精神2級の転職活動って難しいんだなあ。 現実をまざまざと知らされた。

Twitter

atGPで断られたが、dodaチャレンジでは紹介してもらった

私の場合はatGPでは紹介してもらえず、dodaチャレンジで紹介してもらった会社に入社しましたが、真逆だったという当事者さんも結構いらっしゃいます。(担当者による?)

もしdodaチャレンジが音沙汰無さそうであれば、atGPも登録してみるのも手かと思います。

Twitter

やっぱdodaチャレンジ!

今の会社入るときお世話になった転職エージェントに、今後のこと相談してきた。

今の会社を辞める前にできることがあるってヒントもらって、行ってよかったと思った!

atGPも連絡してみたんだけど対応悪い。

やっぱdodaチャレンジしか勝たん。

Twitter

遠回しに『資格取って出直してこい』と言われた

今日dodaチャレンジのアドバイザーと電話面談しましたが、遠回しに「就労支援行って資格取ってから出直して来い」って言われましたね。

障害者を雇用するため親身になってくれる感じはしませんでした。

Twitter

登録1ヵ月後に『紹介できる求人ありません』とメールで断られた

DODAチャレンジに新たに登録したんだけど 1ヶ月音沙汰無しからの、突然条件に合う仕事がありませんでしたって送られてくるの草生えない???

身体障害の方は紹介してもらえてるみたいだけど、精神障害(発達障害)は最初から除外しているみたいな対応だった

Twitter

PC入力の求人が多い

dodaチャレンジからは40件くらいは案件を紹介してもらいましたが、PC入力の仕事も多かったです

Twitter

離職期間が長いと相手にされない

DODA チャレンジとランスタッドなどの大手は離職期間がある人などは相手にしてくれません

私も全く相手にされませんでした

atgpさんはまだ相手にしてくれました

他の小さいところだと就職先の紹介が少ないのかもしれませんね

Twitter

障害者就職支援サービス3選【無料】

  1. アットジーピー【atGP】
    ⇒障害者雇用最大手『ゼネラルパートナーズ』運営、専任アドバイザーが全力サポート
  2. エラビバ
    ⇒東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪に強い、就活~就職後の職場へのサポートあり
  3. dodaチャレンジ
    ⇒人材大手『doda』運営、大手・優良企業など幅広い求人あり
アットジーピー「断られた」「新卒もOK」評判からわかる4つの特徴

まとめ

以上、dodaチャレンジについて解説していきました。最後におさらいとしてサクッと本記事をまとめおきます。

  • 断られる主な理由は『未経験』『求人が少ないエリア』
  • 東京都・名古屋・大阪府の求人がメイン
  • 『事務系』『ITエンジニア』の求人が豊富
  • 新卒の方も利用できる

最後になりますが、未経験者の方は、障害者向けの職業訓練校や就労移行支援事業所で学んでから就職することをオススメします。

障害者向けの職業訓練校の場合では、手当が月々約10万円支給されるので、一度ハローワークで相談すると良いでしょう。

登録無料・数分で完了dodaチャレンジ【公式】
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です