ダスキンはヤバい?その真相を評判・年収と合わせて徹底解説

「ダスキンってヤバい会社なの?」

ダスキンについてグーグル検索すると関連キーワード欄に「やばい」と表示されています。

就職を考えている方すると、一体何がヤバいのか気になることでしょう。

そこで、本ページにおいて、ダスキンがヤバいと言われる理由を評判や気になる年収と合わせて触れていきたいと思います。

この記事でわかること

  • ダスキン社員の平均年収
  • ダスキンが「やばい」と言われる理由
  • ダスキンを知る人たちによるリアルな評判

ダスキン【会社概要】

概要
会社名 株式会社ダスキン
URL https://www.duskin.co.jp/
本社 大阪府吹田市豊津町1番33号
設立 1963年2月
事業内容 訪販グループ

フードグループ

海外展開

株式会社ダスキンは、大阪府吹田市に本社を置く日本の企業です。

ダスキンはダストコントロール事業やサービスマスター、メリーメイド等を「訪販グループ」、ミスタードーナツやカフェデュモンド等の事業を「フードグループ」、ダスキンヘルスケアや海外事業等は「その他」として区分しています。

埃取り用のモップ・化学雑巾・浄水器などの清掃・衛生用品レンタルサービスや各種清掃サービスを中核とするクリーンサービス事業や、ミスタードーナツを中心とする外食事業が、会社の売上高の多くの比重を占めています。

ダスキン社員の平均年収について

では、ダスキン社員の平均年収はどれくらいあるのか確認していきましょう。

まず、ダスキンの有価証券報告書を調べてみると、従業員の平均年齢は45.8歳で、平均勤続年数は15.4年、平均年間給与は約690万円となっています。

これを日本の平均年収の433万円と比較すると、ダスキン社員の平均年収は相当高い傾向にあります。

ただし、このデータは本社勤務の正社員の平均ですので、一般の正社員や非正規社員に関して言えば、実際の年収はこれよりかなり低くなることは十分に考えられます。

doda掲載の年収情報

次に、ダスキンの競合他社である株式会社トーカイの平均年収を調べると、大手就職エージェントdodaでは約531万円でした。

ダスキンの平均年収は同エージェントdodaでは約690万円でしたので、ダスキンの平均年収の方が高いことが分かります。

indeed掲載の月給情報

次に、大手就職エージェントindeedによるダスキンの求人例を紹介します。

ダスキンの清掃スタッフ

  • 契約社員:月給:250,000円~

ダスキンサービススタッフ

  • 正社員:月給230,000円~(賞与年2回+年1回決算手当)

これらの求人例からダスキンの一般の正社員や契約社員の年収を推計すると、日本の平均年収より低いことが分かります。

なお、就職で応募する際には、再度詳細をご確認ください。

ダスキン「やばい」と言われる4つの理由

イオンディライトが「やばい」と言われる理由は、次の4つになります。

  • 理由1:加盟店間・本社との給料の差が大きい
  • 理由2:離職者が多い
  • 理由3:加盟店による差が大きい
  • 理由4:独特な社風がある

これらの理由について、ネット上の口コミを参考にまとめていきます。

理由1:加盟店間・本社との給料の差が大きい

ダスキンが「やばい」と言われる1つ目の理由は「加盟店間・本社との給料の差が大きい」点です。

ダスキンの加盟店はフランチャイズ経営であるため、加盟店によって給料などの待遇はかなり違うようです。

また、本社との待遇の違いも顕著だという口コミも、ネット上にかなりありました。

一方、ダスキンとしては、フランチャイズ経営であるため、給料などの待遇については各加盟店の経営者に委ねることになってしまうのではないかと思います。

店舗をよく調べて

FC経営なので注意が必要です、よい店舗もありますが悪い店舗に当たると名前だけのかなりの****企業ですので注意が必要です。

私の所属しているのもFCですが福利厚生も最低ラインでボーナスも退職金もはあるようになっていますがほんとにびっくりするぐらい無いに等しいです。

新人育成も全くダメで人の入れ替わりが激しいです。

ちゃんとされている店舗もあるので本当によくしらべて名前だけで決めないでください。

よく募集がある店舗は特に要注意です。

indeed

他社に比べて、比較的給料の水準は高いです。

今50歳以上の人はもっと手当が出ていたようなので、もっともらっていたようですが、今でも十分にあると思います。

また、ボーナスが年3回出ます。

毎年査定に基づいて昇給もありますが、大きく評価をされたり、またはあまりにもひどい評価でない限り、一律で基準に基づいて昇給がありますので安心です。

カンパニー通信

理由2:離職者が多い

ダスキンが「やばい」と言われる2つ目の理由は「離職者が多い」点です。

ダスキンは大企業ですが、非正規社員で成り立っている会社で、正社員がものすごく少ないそうです。

加盟店にもよるとは思いますが、非正規社員の時給は概ね安く、現場によっては、定時を大幅に超えたり、逆に午後の仕事がなくなり、午前中で帰ることもあったりするそうです。

このように給料が安定しない上に、休日が取りづらい、社内の物品購入がある、営業の仕事が加わることで、離職することになるようです。

一方で、ダスキン本社では働き方改革が進み、残業時間は大幅に減ってきているという口コミが、ネット上に一定数ありました。

繰り返しになりますが、ダスキンとしては、フランチャイズ経営のため、各加盟店の取り組みに委ねることになってしまうのは、仕方がない面があると思います。

辞める→求人出すの繰り返し

子育てや主婦に理解のある会社と言う感じで面接などでもフォローするので大丈夫ですよって言われていたが、働き出したらフォローなどなく基本自分で!子供の熱で休みが続くと簡単に休めると思わないでと言われるなど。

面接などで聞いた会社の感じと実際は全く違うものでした。

そのせいなのか子育てしているパートさんはすぐに辞めていかれる方がすごく多かったと思います。

indeed

【35】上に書いてる人もいるけど、だから年中求人が出てるんだよ!

入社する→一通り商品買う→たいして稼げない→辞める→求人出すの繰り返し。

見てごらん?

ダスキンちっとも損してないよ。

商品売れてるしね。

お客さんじゃなくて社員に。

待ってるだけじゃ稼げないから(お掃除の人も営業したり)ガツガツいけないならキツい仕事かなと思うわ。

ガールズちゃんねる

理由3:加盟店による差が大きい

ダスキンが「やばい」と言われる3つ目の理由は「加盟店による差が大きい」点です。

ダスキンはフランチャイズ経営のため、各加盟店の経営方針・経営状態・人間関係等によって従業員の業務や精神的ストレスに大きな差が生じてくると思われます。

それから、清掃業務は少人数での仕事が多いため、相方との人間関係で苦労することもあるでしょう。

その一方で、経営者がとても良く、長期間働いている従業員も一定数いるようです。

したがって、採用に応募する際には、どの店舗が自分に合っているかを事前によく調べておくことをオススメします。

人間関係

【ふーよさん】

現在メリーメイドのパートに勤め始めて半年になります。

ずっと辞めたいです。

仕事は楽しいのですが、人間関係が最悪です。

このまま働き続けると鬱になるような身の危険も感じます。

1年は頑張るつもりでしたが、もう無理かもしれないです。

よほど精神面で強い方でないと無理だと思います。

まるちょんBBS

ダスキンはフランチャイズ経営でそれぞれのお店で社長が違うので雰囲気も違うと思うけど私の勤めていた所は職場の雰囲気も良く皆親切で社長とはあまりお話ししたことはなかったけどご夫婦で切り盛りしてるアットホームな感じでした。

毎年夏には箱のお素麺を従業員全員に配ったり誕生日にはプレゼントをくれたりとても気配りを大事にされてました。

ただ仕事はキツいです。

体力が持たなくて辞めましたが7年ほど勤めました。

indeed

理由4:独特な社風がある

ダスキンが「やばい」と言われる4つ目の理由は「独特な社風がある」点です。

朝礼で経営理念の唱和や般若信行の読経などがある部署もありますが、何かの宗教へ入信させられるような事はなく、また、部署によっては朝礼もない、という他の口コミもネット上にありました。

他の企業でも同様な例はあり、ダスキンとしては、経営理念をとても大事にしているのだと思います。

経営理念が浸透

良くも悪くも創業者の理念が非常に強く浸透しており、独特な社風。

朝晩に般若心経を読み上げ、経営理念を唱和する「おつとめ」があったり、社員のことを「働きさん」と呼び、役職ではなく○○さんと名前で呼び合うなどの文化がある。

入社時の研修から、創業の理念や歴史を学び、寺院での研修などを実施するなど徹底的にマインドセットを行う。

社員は立場は関係なく、優しく、相手の意見を尊重する雰囲気の人が多く、経営理念が双方の共通認識として存在する強みを感じた。

文化に馴染めない場合は、居心地は良くないかもしれない。

openwork

ダスキンを知る人たちによるリアルな評判

ダスキンの評判に関して様々な声が見受けられました。

では最後に、ダスキンの評判について、皆さんに対して有益な情報を含めたコメントを紹介していきます。

マネジャー職は板挟み

マネジャー職の方からの口コミで、ダスキン本部は加盟店の御用聞きになっていて、会社全体のリーダーシップに欠ける面があるとのことです。

他の会社でも同様な例はあり、ダスキンのマネジャー職でも、本部と加盟店の間で板挟みになって、働き辛さを感じているようです。

一方で、各加盟店としては、要望を取り入れてもらえることで、それぞれの経営に活かすことができ、売り上げ向上につなげていることだと思います。

企業の在り方についての考え方は素敵だと思っています。

初期配属は、基本的には直営店です。

フランチャイズ本部で勤務をするためには、現場のことを知る必要があるということは理解していますが、直営店での勤務時は、日々の業務に追われ、いつまでこれが続くのか(掃除やレンタル)と先が見えない状況でした。

マネジャーとしての勤務になってからは、本部と加盟店の間で板挟みになり、働き辛さを感じました。

フランチャイズなら、本部は一定の強気の姿勢があっても良いと思いますが、ダスキンは良くも悪くも優しすぎる会社です。

マネジャー職は会社の花形と言われながらも、加盟店のただの御用聞きに陥っているマネジャーが多いように思いますし、そのような社内風潮を感じます。

マネジャー職は、真面目な人ほど病みやすいと言われていましたが、まさにその通りだと思います。

openwork

本部が儲かる仕組み

加盟店にもよるとは思いますが、ダスキンの交換業務では時給1000円程度で、その他、営業ノルマがあるとのことです。

人間関係上の付き合いで契約を継続してもらうことで、仕事が続けられることになるようです。

ただし、いくらか無理をして契約を続けてもらっている場合があるので、人間関係の悪化は、ある程度避けられないかもしれません。

元妻が、約4年前までダスキンの交換業務をしていました。

たしか週3回×4~5時間程度(だったかな)×4週として、MAX60時間の労働時間。

諸経費を引いて確かに6万円前後残っていたと思います。

すると、時給1000円程度。

件数をたくさん要領よくできる人は、それ以上になるし、要領が悪い人はそれ以下になりますよね。

それとキャンペーンとか言って、洗剤や芳香剤などをついで営業(ノルマ)をさせられたと言ってました。

営業苦手の人は、嫌だったでしょうね。

ダスキンは地域のオーナーのフランチャイズなどで、本部が儲かるしくみになっています。

基本、奥様方の口コミパワーで、加入されることが多いと思うので、確かに頻度や単価に負担感を感じている人もいると聞いたことがあります。

でも人間関係でやめるにやめられないという女性特有の感情をうまく使った仕組みだと思います。

だから、本部が儲かるのですね。

YAHOO知恵袋

ミスタードーナツの実態

ダスキンは、ミスタードーナツを展開している会社でもあります。

ミスタードーナツでは、主に製造と販売の業務がありますが、どちらも忙しさは同じだということです。

現在、ミスタードーナツの国内の店舗数は減少している一方で、海外では、店舗数をかなり増やしているようです。

どっちも忙しさは同じだと思いますよ。

製造はやったことありませんが、私の店舗ではいつもバタバタしているイメージです。

セールスの人は朝7:00くらいからお店にいるみたいです。

お店が開店する時にはある程度の数のドーナツが出てないといけないので。

ドーナツがなくならないようにしないといけなかったり、かなりの数を作らないといけなかったりするので。

セールスの方も、今だと新商品のタピオカなどが立て続けに出たりすると、とてつもなく忙しかったりします。

YAHOO知恵袋

全件訪問全件対話

ダスキンでは、全件訪問全件対話で営業を行い、成約は150件に1件くらいだということです。

また、商談の中でお客様との信頼関係を築き、成約できた際にはやりがいを感じるそうです。

営業の仕事はノルマが課せられる等の厳しい側面がありますが、このように喜び・達成感・自身の成長が得られる仕事でもあるということです。

全件訪問全件対話が基本という考え方の営業の為、実際に成約になるのは150件に1件くらいの成約率かと思いますが、その中で契約を頂いたときは喜びと達成感を感じる事が出来ます。

また自分が成約したお客様は自分自身の担当となる為、そういったお客様との商談の中で信頼関係を築き新たな契約を獲得できた際はやりがいを感じる瞬間です。

新規営業と既存顧客へのあいさつ回りで担当者様とするお話は非常に為になりますし自身の成長につながりました。

カンパニー通信

【無料】イチオシ転職エージェントサービス

下記のサービスは『自分で求人探すのは大変…』といった方向けで、『条件に沿った求人紹介』『履歴書の添削』『面接対策』『面接日程の調整』を業界に精通した専任スタッフが無料で行ってくれるサービスです。

非公開求人も多数保有しているので、活用してみてください。

イチオシ『総合』転職エージェント3選【無料】

  1. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数トップクラス、非公開求人『10万件以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント

イチオシ『業界未経験20代』向けの転職エージェント3選【無料】

  1. 就職Shop
    ⇒リクルート運営、未経験者向けの求人数『トップクラス』、専任アドバイザーがサポート
  2. DYM就職
    ⇒サービス満足度『高評価』20代向けの求人多数保有、プロの専任アドバイザーがサポート
  3. UZUZ
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、専門アドバイザーがサポート

イチオシ『就活生』限定の就職エージェント3選【無料】

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニアに特化、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. キャリアチケット
    ⇒大手レバレシーズ運営、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート
  3. キャリセン就活エージェント
    ⇒累計6万人の就活生が利用、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート

まとめ

以上、ダスキンについて解説しました。

本ページにおいて、ダスキンの評判について様々な内容をお伝えしましたが、就職を検討している方は再度口コミサイトで情報収集すると良いでしょう。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。