うつ病になり辞めることに。訪問介護ヘルパーをして『つらい』『大変』なことを紹介

本記事では、訪問介護でヘルパーをしていた女性の体験談を紹介しています。

訪問介護でヘルパーをしていた女性のプロフィール

プロフィール
  • 兵庫県
  • 介護・福祉歴:11年
  • 訪問介護での勤務年数:2年
  • 職員数:5名
  • 保有資格:介護福祉士
  • 年収:約330万
  • 処遇改善手当支給額:10000円~

訪問介護ヘルパーとしての給料詳細について

給与体系は基本給22万円であり、規模の大きくない訪問介護事業所でしたので、基本給はずっと変わりませんでした。

処遇改善手当10000円ベースで、訪問予定していたヘルパーのキャンセルなどにより緊急対応で訪問に入った場合に1件当たり100円追加されました。

他に手当としては、時間外手当1000円/時、交通費、資格手当、子どもがいれば扶養手当がありました。

資格手当は資格内容により額が変わり、私の場合は介護福祉士で6000円でした。

ボーナスは支給回数2回で、額としては計30万円ほどでした。

残業は月30時間ほどでしたが、サービス残業はなく時間外手当で請求できていました。

訪問介護ヘルパーをして『つらい』『大変』だと感じたこと

訪問介護ヘルパーの場合、現場は基本的には利用者と1対1での関わりになりますので、自分一人で判断し行うことが多く、責任を重く感じやすいです。

現場で感じたことや思ったことを相談できる職場の雰囲気や体制ならよいのですが、社員の少ない事業所だったこともあり、他業務を回すのにいっぱいいっぱいでした。

そのため、社員同士での情報共有や相談も難しく、ストレスもたまりやすかったです。

また、訪問介護職の社員の場合、時給で稼働するヘルパーのシフト調整やコーディネート、緊急時対応、請求事務など訪問介護業務以外の業務が多く付いてきますので、事務職を雇えば楽になる所を、自分でもやらないといけないこともきつかったです。

さらに、日中、夜間問わず利用者のニーズに応えなければならないので、勤務時間が不規則になり、体調管理するのもなかなかに大変でした。

あと大変だったのは、そのようなハードな職場に残っている職員というのは、各々がなかなかに頑固な方であり、仕事のやり方を変えたくない方ばかりなので、業務改善を提案したところでひとつも伝わりません。

ほぼ門前払いです。

入って間もない人間が何かしてはいけない、そんな雰囲気でした。

仕事はまじめにしないといけないですが、職場の雰囲気が殺伐としているのが性格的に合わなかったです。

うつ病にあり、訪問介護ヘルパーを辞めることに

訪問介護の利用者によってはコミュニケーションが難しい方の介護に入ることになります。

そのような方の夜間対応に入っていると、なんとも言えない虚しさに覆われることがありました。

なんのためにしているのだろうか、この時間は何なのだろうか・・などと、無意味な感覚になっていくことがありました。

前章でも書きましたが、社員の人数が少ないので、業務を廻すのに必死であり、やりがいとかこの事業所で働く意義とかを考える余裕などありませんでした。

考える時間ができたと思えば、やる気を失うような考えばかりが浮かんでくるという、ある種のうつ的状態だったのだろうと思います。

ただただ身を削っていっているような状態でしたので、ある日「もう限界」と心身が訴え始めました。

起きれない、体がだるい、眠れもしない、そのような状態になってしまいました。

もちろん職場でのフォローなどありません、全て自己責任です。

与えてもらうのに慣れている、甘えているだけだ、自分で何とかしろと言われることかもしれません。

しかし、他人のお世話が必要な方の援助を行う者ならば、多少は他人へのおもいやりとか苦労へ思いを馳せるとかあってもいいのではないか・・・などと愚痴しか口からでなくなっていましたので、体調不良を理由に辞めることとなりました。
関連記事

【体験談】訪問介護でサービス管理責任者(サ責)として5年間働き『大変』『辞めたい』と感じたこと 学生時代に訪問介護ヘルパーのアルバイトをしていた女性が語る。『大変』だと痛感すること 【体験談】訪問介護のサービス管理責任者(サ責)の『つらい』『辞めたい』と思ったエピソード。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。