メイテックフィルダーズはヤバい?『年収』や忖度なしの『評判』を解説

「メイテックフィルダーズはヤバいの?」

親会社のメイテックと同様にメイテックフィルダーズもグーグル検索の関連キーワードに『やばい』と表示されます。

「ブラック企業なの?」と思ってしまいますよね。

そこで、皆さんの疑問を解決するため、本記事においてメイテックフィルダーズは本当にヤバイ会社なのか、『年収』や『評判』と合わせて解説していきます。

メイテックフィルダーズの本当の年収も理解できるかと思うので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

この記事でわかること

  • メイテックフィルダーズの『年収』(親会社メイテックと比較)
  • 派遣エンジニアの『単価』と『マージン率』
  • メイテックフィルダーズがヤバイのか否か、忖度なしの『評判』

メイテックフィルダーズ【会社詳細】

会社名 株式会社 メイテックフィルダーズ
公式サイト https://www.m-fielders.co.jp/
本社 東京都台東区上野1丁目1-10 オリックス上野1丁目ビル
設立 1979年12月
従業員数 3,006名
事業内容 エンジニア派遣業

メイテックフィルダーズは、メイテックの子会社として、製造業やIT企業に向けて、設計や開発、試験・評価・解析、生産技術・品質保証などのエンジニアを派遣している企業です。

メイテックフィルダーズは、製造業などの人材不足を背景に業績を伸ばしています。

また、メイテックフィルダーズで働いている派遣エンジニア(正社員)は、2020年度の段階で2860名在籍し、機械設計エンジニアが約50%を占め、電気・電子設計エンジニアは約30%、情報システムエンジニア約12%、情報処理エンジニア約6%、化学系エンジニア約3%占めています。

メイテックフィルダーズ『年収』ヤバい?親会社と比較

では、メイテックフィルダーズの派遣エンジニアの年収について見てきましょう。

まず、5ちゃんねるの有益な情報を紹介していきます。

『年収』ネットの声

【105】メイテックとフィルダーズの両方に内定貰ったけど、年収が120万円以上も違ってびびった。

まず基本給が5万円ぐらい違った。

5ちゃんねる

【2】親会社であるメイテックとの簡単な違い

・そもそも基本給違う(年収だと80~100万ほど開きあり)

・レートが少なくとも1000円ほど違う(違うが客先によってはメイテックと混同してる所もあり、仕事も内容も変わらないといったことがある)

・社宅(レオパレス)の価格が違う (メイテックは2万4千に対し、フィルダーズは2万9千)

・システムに関しては、ほぼメイテックと一緒(教訓になると普通にメイテック側と同部屋になる)

5ちゃんねる

メイテックフィルダーズは、派遣エンジニア業であるメイテックの子会社ということもあり、メイテックと比較されています。

メイテックの平均年収は、2020年度の有価証券報告書によると『600万円』です。

なので、上記の5ちゃんねる情報から推測すると『平均年収480~520万円』ということになります。

メイテックは派遣エンジニアの中で平均年収ナンバー1企業なので、年収100万円くらい低いメイテックフィルダーズでも平均年収は業界平均といった感じです。

また、『メイテックは上級者向け』『メイテックフィルダーズは初・中級者向け』企業で、メイテックで採用されなかった方やメイテックでは仕事に付いて行けない社員が行くことでも有名です。

メイテックの評判はヤバい?『年収』『評判』『マージン率』からわかる真実

メイテックフィルダーズ『単価』と『マージン率』で年収が決まる

メイテックフィルダーズは、正社員で雇用されて派遣先で仕事をする形態です。

派遣なので、年収の基準となる『派遣先が支払う単価』と『マージン率』が重要になってきます。

マージン率とは、簡単に言えば『ピンハネ』みたいなものですが、どの企業も通常40%くらい取っています。

では、メイテックフィルダーズの各営業所のマージン率や単価などを見てきましょう。

※なお、本記事では関東の営業所のみの情報を紹介しています。

こちらのページ『派遣法に基づく情報提供 | エンジニア派遣のメイテックフィルダーズ 』でマージン率や単価を閲覧できるので、ご覧になってみてください。

営業所(関東) マージン率 単価(8時間) 支払われる賃金(8時間)
宇都宮 44.7% 30,312円 16,755円
大宮 44.6% 30,430円 16,860円
立川 41.9% 30,232円 17,576円
東京 44.6% 31,176円 17,284円
横浜 42.3% 29,838円 17,222円
厚木 39.8% 32,723円 19,713円

上記は2019年度の情報をもとに作成した表ですが、メイテックフィルダーズのマージン率は『概ね40~45%』といった感じです。

この数字は業界では若干高めの水準で、親会社のメイテックやテクノプロは38~40%くらいです。

メイテックフィルダーズは未経験者も入社するので、研修費など会社負担の経費がかかります。そのため若干高めになっているのかもしれません。

ただし、単価が高いので、残業なしの8時間労働でも『年収400万円以上』はあります。

テクノプロの評判はヤバイ?『平均年収』『マージン率』と合わせて解説

メイテックフィルダーズはヤバい?忖度なしの評判

では、最後にメイテックフィルダーズの評判について、ヤバいのか否か、様々な評判を紹介していきます。

親会社メイテックの受け皿

【989】メイテックフィルダーズとメイテックは何が違うの?

 

>>【991】メイテックでは難しいやつがフィルダーズに落とされる。

5ちゃんねる

メイテックフィルダーズの給料は中小企業並み

親会社のメイテックは給料が高く、メーカー並みの雇用条件ですが、メイテックフィールダーズは中小企業並みです。

私は両方面接を受けて、メイテックは落とされて、メイテックフィールダーズでの採用でした。

メイテックフィールダーズは、未経験の若い人向けで全国転勤が前提とのことでした。

ヤフー知恵袋

長く働きたいのなら…親会社メイテックへ

【8】メイテックとの給料差だけど、20代はほぼ変わらない。30代前半も大きくは違わない。

レート差(責任の差)を考えればフィルダーズのほうがお得と言えなくもない。

だが、その後が違う。メイテックは年収1000万に届く人がいるくらい伸びる。

会社としての平均年収の差はここが大きい。

だからここで40代以降も働くくらいなら30代のうちにメイテックに転職するのが正解。

5ちゃんねる

九州エリア限定社員は、等級に限界がある

【12】九州限定社員は地域固定されてる分、ある等級で昇格しなくなるから気をつけて。

面接の時に言われるはずだけど、言わない営業もいるかも知れないから気をつけて。

5ちゃんねる

30代で辞める人多い

【13】メイテックフィルダーズは、親会社メイテックより20代~30代前半でも50万くらいは低い。

目安30代中盤くらいから、ある等級以上に上げるのが、いきなりキツくなる。

転職で等級で採用されない限り、昇格で上げるのは厳しすぎる。

だから、上がらなくて30-40あたりで辞めていく人が多い。

そして残念ながらメイテックフィルダーズから親会社メイテックへの転職転籍は難しい。

5ちゃんねる

ミドルレンジのエンジニアが多い

メイテックフィルダーズは、ミドルレンジの中堅エンジニアを一番売りにしてるから、その等級が多い。

そのため、その次の等級に上がるのが難しい。

5ちゃんねる

イチオシ『エンジニア』転職エージェント3選【無料】

『求人探すの大変』といった方向けです。

担当者が、条件に合った求人を探し、〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれます。

  1. メイテックネクスト
    ⇒機械・電気・自動車等、製造業系エンジニアに特化。専任スタッフによるサポート
  2. リクルートエージェント
    ⇒業界トップクラス、転職実績ナンバー1、専任スタッフがサポート
  3. マイナビエージェント
    ⇒関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

オススメ『 IT』転職エージェント3選【無料】

「経験者」限定

  1. 社内SE転職ナビ
    ⇒『社内SE求人』に特化した転職エージェント、専任スタッフがサポート
  2. メイテックネクスト
    ⇒年間『8,000名』が利用、IT優良企業の非公開求人を多数保有、専任スタッフがサポート
  3. マイナビITエージェント
    ⇒大手マイナビ運営、非公開求人約80%、業界に精通した専任スタッフがサポート

「未経験者」限定

  1. ウズキャリIT
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、IT講師による学習サポートあり
  2. GEEK JOBキャンプ
    ⇒就職成功率『97.8%』 1~3ヵ月間の『無料』プログラミング学習後に就職できる転職エージェント
  3. マイナビITエージェント
    ⇒大手マイナビ運営、非公開求人約80%、業界に精通した専任スタッフがサポート

「新卒者」限定

  1. dodaキャンパス
    ⇒登録学生『320,000名以上』 登録企業数『6,200社以上』 自分にあったオファーが届くサービス
  2. レバテックルーキー
    ⇒年間『3000件』の企業訪問で蓄積した情報をもとに、専任のスタッフがサポート
  3. キャリアチケット
    ⇒1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)『60,000名』の就職支援をしてきたアドバイザーが専任でサポート

まとめ

以上、メイテックフィルダーズについて解説しました。最後におさらいとして本記事をサクッっとまとめておきます。

  • メイテックフィルダーズはヤバい会社ではない
  • 年収はメイテックより100万円くらい低い
  • 転勤がある

メイテックフィルダーズに関して、グーグル検索の関連キーワードに『やばい』と表示されますが、ヤバイ会社ではありません。

残業なしで年収400万円以上なら優良企業ではないでしょうか。

ただし、親会社のメイテックより年収100万円くらい低いので、メイテックで就職が可能ならメイテックで就職したほうが良いです。

未経験者はメイテックフィルダーズ一択になるかと思いますが、メイテックフィルダーズは大手の強みである研修制度が充実しているので、オススメします。

いずれにせよ、メイテックフィルダーズは、ヤバイ会社ではないので、就職しても問題ありません。ぜひ検討してみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です