花屋のバイト「きつい?」評判からわかるメリット・デメリットを解説

「花屋のバイトって、きついの?」

花屋さんについて、『おしゃれ』『華やか』といったイメージをお持ちの方は多いと思います。

しかし、実際には、皆さんが思っている以上に重労働でキツイ仕事です。

そこで、花屋のバイトに興味がある方のために、本ページにおいて、花屋のバイト内容や働くメリット・デメリット、経験者によるリアルな評判を解説していきます。

この記事でわかること

  • 花屋のバイト内容
  • 花屋で働くメリット・デメリット
  • 花屋の仕事に向いている人の特徴
  • 経験者によるリアルな評判

花屋のバイト【6つの仕事内容】

早速、花屋のバイトの仕事内容を解説します。大まかに分けて6つの仕事内容があります。

どんなことをするのか、気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 花・木の手入れ
  2. 花束・フラワーアレンジメントを作る
  3. 花のラッピング
  4. 店番・レジ打ち・電話対応
  5. 配達作業
  6. 開店・閉店業務

では、順番に解説していくので、それぞれ見ていきましょう。

1花・木の手入れ

花屋のバイトでは、商品となる花や木の手入れをします。花の水やりやバケツの水替え、汚れた葉っぱの処理なども行います。

さらに、花が水を吸うようにする『水揚げ』という作業も花屋のバイトの仕事です。

水が入ったバケツや植物を持ち運ぶことも多いため、かなりの力作業になるでしょう。

2花束・フラワーアレンジメントを作る

花束・フラワーアレンジメントを作って販売することも花屋の仕事の1つです。

事前に作る場合もあれば、その場でお客様の予算・イメージ・目的を聞きながら作ることもあります。

コミュニケーション能力とセンスが必要になる仕事です。ただし、バイトに慣れるまでは、花束・フラワーアレンジメントは作らせてもらえません。

まずは、お客様の要望を作成スタッフに伝達することから始まります。

3花のラッピング

作った花束をラッピングします。

この作業も、お客様の要望に合わせて行う必要があるため、自分の好みにはできません。

また、ラッピングに必要な装飾品などを事前に作る仕事も含まれます。

4店番・電話対応・レジ打ち

花屋は、個人経営で行っているお店が多いため、店番を1人で行うことも多いです。

さらに、電話対応も任されます。お客様・商品情報を正確に聞き取る力が必要です。

花を販売するときは、レジ打ちもするため、ボタンの配置や操作方法など覚えていく必要があります。

5配達作業

普通自動車運転免許を持っている場合は、配達作業も任されることがあります。

配達場所は、

  • 自宅
  • 会社
  • 葬儀場
  • イベント会場

などです。

配達先では、お客様とコミュニケーションを取りながら速やかに配置していきます。

6開店・閉店業務

働く時間によっては、開店・閉店作業も業務に含まれるでしょう。

開店作業は、店内のディスプレイを整えたり、レジのオープンをしたりします。

閉店作業は、外に並んでいる花を屋内に運んだり、店内の掃除を行ったりします。お店によって業務内容が違うので、注意が必要です。

カフェバイト「やめとけ?」働くメリットとデメリットを経験者が解説 大学生でアパレルのバイト「きつい?」メリット・デメリットを解説

働く時の身だしなみ注意点

本章では、働くときの身だしなみの注意点について解説します。

  1. 決められたエプロンを着用することが多い
  2. 髪色・ピアス・ネイルの自由度はお店ごとに違う
  3. 奇抜な格好はNG

これらのポイントを踏まえて働きましょう。

1決められたエプロンを着用することが多い

花屋のバイトは、決められたエプロンを着用して働きます。エプロンの下の服は、自由です。

動きやすいように、パンツがおすすめです。また、土で汚れた花を扱うこともあるため、汚れが目立ちにくい暗い色を選ぶといいでしょう。

夏は蚊が多いため、虫除けスプレーを活用し、冬は冷えるため、足元をしっかり温めるようにしてください。

2髪色・ピアス・ネイルの自由度はお店ごとに違う

花屋の髪色・ピアス・ネイルの自由度は、お店ごとに違うため注意しましょう。

葬儀場や結婚式場への出入りが多いお店では、規則が厳しいこともあります。

逆に、街中に店を構えているところでは、髪色やピアス、ネイルはOKとしています。

一応ネイルはOKとなっていますが、水仕事が多く、手が荒れてしまうため、次第にしなくなる方が多いようです。

3奇抜な格好はNG

花屋のバイトでは、清潔感が重要です。

あまりにも奇抜なファッションや髪色は、注意される可能性もあります。

誰が見ても不快にならない身だしなみを目指してみてください。

パチンコのバイト「しんどい?」評判からわかる真実を経験者が解説 本屋のバイト「きつい?」仕事内容を3年間務めた経験者が解説

花屋のバイトをする4つのメリット

続いて、花屋でバイトするメリットを4つ紹介します。

  1. 未経験でも採用されやすい
  2. 花に囲まれて仕事ができる
  3. フラワーアレンジメント作りの知識が得られる
  4. 咲ききった花をもらえる

自分が欲しいメリットを得られるか見ていきましょう。

1未経験でも採用されやすい

花屋のバイトは、未経験でも採用されやすいです。

事前に資格・知識を持っている必要がないため、チャレンジしやすい職種でしょう。

花に関する知識などは、働きながら覚えていきます。ただし、持っていると有利になる可能性が高い資格もあります。

  • フラワーデザイナー資格検定試験
  • フラワー装飾技能士

花屋の正社員になることも考えている方は、これらの資格を取ってみてもいいでしょう。

2花に囲まれて仕事ができる

美しい花に囲まれて仕事ができることは、好きな人にとって大きなメリットです。

知らない花や手入れ方法を知れるため、家で植物を育てている方は、仕事にもプライベートにも活かせます。

また、好きな人は、もともと花に関する知識を持っていることも多いので、研修期間の短縮も狙えます。

仕事に早く慣れていけるでしょう。

3フラワーアレンジメント作りの知識が得られる

花屋では、フラワーアレンジメントの注文が多いため、おのずと知識も得られます。

花のバランスなどを計算しながら組んでいくので、やってみると難しいと感じる方も多い業務です。

難しい業務ですが、お客様のザックリとしたイメージを、うまくフラワーアレンジメントにできると喜んでもらえます。

また、その知識を活かしてプライベートでもフラワーアレンジメント作りが可能です。

友人へのちょっとしたプレゼントを送るときに役立ちます。

4咲ききった花をもらえる

咲ききった花は、お店によっては持ち帰ることが可能です。

満開になった花は、販売時はキレイに見えますが、持ち帰って数日経つとすぐに枯れてしまいます。

すぐに枯れると分かっている花をお客様に原価で売ることはできないため、従業員に持ち帰ってもらうお店もあるのです。

お店によっては、割引で販売することもあるため、店によって違うことは頭に入れましょう。

花屋のバイト「きつい?」3つのデメリット

メリットについてお伝えしましたが、花屋のバイトはメリットばかりではありません。以下の3つのデメリットもあります。

  1. 虫が苦手な人には、きつい
  2. 体力に自信がない人はついていけない
  3. 水仕事が多いので、手が荒れやすい

では、順を追って説明していきます。

1虫が苦手な人には、きつい

花屋のバイトは、虫が苦手な人にとっては、慣れることが大変と感じるでしょう。

植物を扱う仕事のため、虫の駆除を業務で頼まれることもあります。

  • ナメクジ
  • アゲハ類
  • 毛虫類

が多いため、虫が苦手な方は、最初は精神的に、きついと思う可能性もあります。

駆除は素手ではなく、手袋を付けるため免疫がついていく人もいます。

しかし、慣れないと退職も考える必要が出てくるため、どの程度苦手なのかしっかり把握しておきましょう。

2体力に自信がない人はついていけない

花屋のバイトは、力仕事がないように思われますが、それは違います。

花屋では、水の入ったバケツや土が入った大きな植物を運ぶ場面も多いです。

そのため、体力に自信がない方にとっては、きつい仕事になります。

華やかなバイトのイメージとは、ギャップがあるので、幻滅しないようにしましょう。

3水仕事が多いので、手が荒れやすい

花屋のバイトは、水仕事が多いため、肌が荒れやすいデメリットがあります。

また、花が傷んでしまうため、お湯は使えません。肌荒れの悪化を防ぐためのハンドクリームは、必須といえるでしょう。

肌が弱い方は、ゴム手袋をするなどの対策も必要です。働いていくうちに、自分なりの対策法を編み出していってみてください。

花屋のバイトに向いている人【3つの特徴】

花屋のバイトは、意外にも体力が必要な仕事だとわかりました。では、花屋のバイトで、うまくやっていける人の特徴はあるのでしょうか。

本章では、花屋のバイトに向いている人の特徴3つを解説します。

  1. 花が好きな人
  2. インプット・アウトプット能力が高い人
  3. コミュニケーション能力が高い人

では、順を追って見ていきましょう。

1花が好きな人

花屋のバイトは花が好きな人が向いています。また、花が好きであっても、手入れなどができなければ続けられません。

単純に花が好きなだけではなく、特に育てたり、世話が好きだったりする方に向いています。

さらに花の名前も覚えていく必要があるため、この辺も好きでなければ辛い仕事と言えるでしょう。

2イメージを形にできる能力が高い人

花束やフラワーアレンジメントを作る際は、イメージを形にできる力が必要です。

お客様の注文内容は、抽象的であることがほとんど。お客様から、プレゼントを送る方の特徴などは教えてもらえますが、想像で補っていく必要があります。

ぼんやりとしたイメージをしっかりキャッチして、花束やフラワーアレンジメントに反映していく力が重要です。

3コミュニケーション能力が高い人

花屋のバイトでは、コミュニケーション能力が高い人も重宝されます。

なぜなら、お客様からの注文を正しくヒアリングすることが花束やフラワーアレンジメント作りに大切だからです。

ヒアリングができなければ、お客様の希望と違う商品が完成してしまいます。結果的に、お客様の満足は得られないでしょう。

また、従業員同士でもコミュニケーションを取って働きます。

ある程度のコミュニケーション能力が必要になるため、不安な方は鍛えておきましょう。

花屋のバイトの面接で重要な3つの心構え

最後に花屋のバイトの面接を受けるときのポイントを解説します。

メリット・デメリット、特徴などを見て、花屋のバイトをしたいと感じた方は以下を参考にしてください。

  1. 花屋のバイトの面接内容は経験・心構えを聞かれる
  2. 清潔感のある服装で好印象を与える
  3. 面接での受け答えはハキハキと

では、順を追って見ていきましょう。

1花屋のバイトの面接内容は経験・心構えを聞かれる

花屋のバイトの面接内容は、経験・心構えを聞かれます。

花屋のバイトは、未経験でも働けるのは事実です。しかし、雇う側は、少しでも花の知識を持っている人を雇いたいと考えます。

そのため、自分の趣味などを洗い出して、花に関する知識はあるか確認してみましょう。

また、心構えなども重要です。花屋のバイトは、華やかなイメージとはギャップがあります。

そのギャップに耐えられず、辞めていく人も多いため、真面目に働く意思があることをアピールしましょう。

2清潔感のある服装で好印象を与える

花屋で働くときには清潔感も重要と先述しました。

面接においても働くことを想定して清潔感のあるファッションを心がけましょう。

白シャツやブラウスなどがおすすめです。また、髪型などにも配慮しておきましょう。ボサボサだと、清潔感が出てきません。

きれいに整えて、まとめておくと、きちんと感が出せるので、良い印象を与えられます。

3面接での受け答えはハキハキと

面接での受け答えは、ハキハキと明るく対応しましょう。

これは、コミュニケーション能力の高さをアピールするためです。お客様対応がしっかりできそうか、面接で判断されます。

口角を上げて、スタッフの質問には素早く答えられるようにしてください。

花屋のバイト経験者によるリアルな評判

では、最後に、花屋のバイト評判について、ガールズちゃんねるの有益なコメントを抜粋して紹介していきます。

花屋の仕事は、重労働

【3】花屋の仕事は、重労働、水が冷たい、あと私はセンスなくて花束もアレンジもめちゃくちゃ苦手でした。

でも楽しかった。

ガルちゃん

配達のある花屋もある

【7】花屋でも店によっては配達とかあるよ。すっごい大きい花とか木とか運ぶ…腰痛めて辞めちゃった。

ガルちゃん

花に詳しいお客さんとの会話は緊張する

【9】アルバイトしたことがあるけどほんとうにキツイ。

お花に詳しいお客さんの接客も汗でる。

ガルちゃん

キツイけど、やりがいがある

【13】手荒れがひどい。力仕事多い。店にもよるだろうけど朝早い。クリスマスイブやクリスマスは休めない。忙しい。

でも、目の前でお客様に喜んでもらえるし、やりがいはあるよ

ガルちゃん

割に合わない

【22】花屋の規模にもよりそうだけど、友達の所は結構大手で、葬儀とか結婚式会場とかも扱ってて、全て当日いけなきゃだからとかで早朝でたり、めちゃくちゃハードなのに、福利厚生もしっかりしてなくて割りに合わないって数年で辞めてたよ。

ガルちゃん

スーパー内の花屋はキツイ

【25】スーパー内の花屋でバイトしてました。

春先に花の苗60個位入ったケース✕100個近くスーパーの外まで運び出し、閉店前に戻すという作業があった。

腰悪くして辞めました。

ガルちゃん

冬場は地獄

【30】花屋は、冬でも暖房かけてくれなくて、寒い。寒がりだったので地獄だった。

ガルちゃん

まとめ

以上、花屋のバイト内容について解説しました。

花屋の仕事は重労働で手荒れするなどのデメリットはたくさんありますが、やりがいのある仕事でもあります。

体力に自信があり、花を育てることが好きな人にはオススメできる仕事です。興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

また、現在バイトを探している方は、下記のお祝い金がもらえるサイトを利用するとお得になります。参考にしてみてください。

イチオシ『バイト求人サイト』3選

  1. アルバイトEX
    ⇒東証一部上場企業『じげん』が運営、『もれなく3万円』、Wお祝い金で最大11万円
  2. ギガバイト
    ⇒日本最大級アルバイト求人サイト、『お祝い金』がもらえる求人あり、『日払い』『単発』バイト多数
  3. マッハバイト
    ⇒『お祝い金5,000円』を最短翌日でGETできるアルバイト求人サイト

オススメ『単発バイト』3選

こちらは、お祝い金はもらえませんが、日払いが可能な仕事を掲載しています。

  1. シェアフル
    ⇒単発・短期バイトをサクッと探せる『求人アプリ』
  2. シゴト.inバイト
    ⇒採用ボーナス最大1万円、『単発・短期バイト』『日払い』求人多数あり
  3. ショットワークス
    ⇒単発・短期バイトや日払いバイトに特化した『求人アプリ』
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です