初任者・実務者研修を0円取得- 4つの方法

【体験談】放課後デイサービスと障害者支援通所施設は『ラクで楽しい』

本記事では、障害者支援通所施設2年、放課後デイサービスで3年間働いていた男性の体験談を紹介しています。

『給料』『つらい』と感じたことを記しているので、放課後デイや障害者支援通所施設での仕事に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

障害者支援通所施設2年、放課後デイサービスで3年間働いていた男性のプロフィール

プロフィール
  1. 都道府県:千葉県
  2. 介護職歴:8年
  3. 放課後デイサービス勤務:3年、障害者支援通所施設2年
  4. 従業員数:8人
  5. 保有資格:保育士、介護福祉士、サービス管理責任者
  6. 年収:280万前後
  7. 処遇改善手当支給額:15000円

 

障害者支援通所施設、放課後デイサービスの給料について

基本給

障害者支援通所施設では初任給は11万ほど、2年目からは嘱託職員として働いていたため、給料は基本給は13万程度です。

こちらは市営の施設のため、嘱託職員に昇級するためには論文と面接が2回などの試験がありました。

放課後デイサービスは施設立ち上げスタッフとして勤務し、初任給20万ほどでした。

この業界では初任給が20万円というのは多い方でしたが立ち上げスタッフ&サービス管理責任者&資格手当等を含んだ給料です。

手当(処遇改善手当・夜勤手当・その他の手当)

放課後デイサービスでは土日に外出支援や短期宿泊等の支援を行なっていたため夜勤手当5000円、休日出勤時給1000円がありました。

私はこの仕事自体が好きで平日には見れない子供たちの表情が見たく休日も働いていました。

土日に私の職場のようにバイトとして雇ってくれる施設は多いと思いますのでメインの仕事だけでは給料が低く不安という方はこのような働き方もあります。

ボーナス(支給回数など)

障害者支援通所施設は嘱託職員だったのでボーナスはありません。

放課後デイサービスは年間で2ヶ月分のボーナスがありました。

昇給額

昇給は施設にもよりますが私の施設では毎年5000円ほどupでした。

施設にもよりますが働きながら資格を取得して昇給に追加で資格手当をもらえるように頑張るのがいいと思います。

サービス残業の有無

サービス残業に関しましても施設によりますが私の施設ではほとんどありませんでした。

残業自体も   送迎の際に渋滞にはまり戻ってくるのが遅くなったときのみでした。基本的にはありません。

障害者支援通所施設、放課後デイサービス『楽しい』

日々違う動きをするのが障害者です。

毎日がとても新鮮です。

私の施設では子供たちに自主性を養ってほしいとの事で毎日プログラムを組んでいました。

レクや学習、運動等を毎日準備をするのが大変です。

私みたいに立ち上げスタッフだと意見が通りやすくほとんどがほかの施設ではあまりやらないような、子供たちが楽しめる内容にしていました。

準備が大変なのはデイサービス系は同じだと思います。

放課後デイサービスは楽しく、ずっと続けたい

私は支援員として嫌なことは特にありませんでした。

ともに成長している気持ちでした。

私は現在は現場職から離れていますが現場に戻る機会があればまたやりたいと思います。

現在は放課後等デイサービスで勤務している時に取得した介護福祉士を使って仕事をしたいと思い転職しました。

放課後等デイサービスは通常の子供たちよりも癖が強かったり、難しいところが多いですがその分愛着を持てますし、毎日がとても充実します。

他の方の体験談

【体験談】障害者支援施設を『辞めよう』『大変』と痛感した4つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。