初任者・実務者研修を0円取得- 4つの方法

【体験談】介護職(有料老人ホーム)の営業、『給料額』『つらい』『辞めたい』と感じたこと

本記事では、有料老人ホームの営業職を経験された方の体験談を紹介しています。

気になる『給料額の詳細』仕事をする上での『つらい』『辞めたい』と感じたことも記載ているので、ぜひ参考にしてみてください。

有料老人ホームの営業・施設長を経験した男性のプロフィール

私は岡山県出身で、大学で福祉を学び、卒業後は介護関係の会社に入社をしました。

現在まで介護関係の仕事に携わり、15年間が経ちました。

その15年間の間には、色々な介護に関する仕事を経験させてもらいました。

社会福祉士、介護支援専門員、サービス管理責任者講習受講がメインの保持資格です。

私が仕事をしていた会社は、有料老人ホームを全国で展開していて、従業員数は500名を超えます。

有料老人ホームでの介護に始まり、施設長業務、営業、人事など施設に関する仕事にはほぼ携わったと思います。

西日本エリアブロック長をしていた当時の年収は、幅がありましたが、500万~600万でした(処遇改善手当はもらっていません)。

今は、本業に加えて、地域福祉に関する福祉団体の運営をしています。

そして、これからも福祉には間違いなく携わっていきます。

介護職の営業の給料について

仕事をする上で、お給料は誰しも重要視するところです。

介護職は、残念ながら、世間一般では給料が低い職業のひとつです。

サービス残業もまだまだ多いです。

ただ、介護職でも施設や規模によって給与が変わるように、給与体系は会社によって違います。

ここでは、私が経験した内容について述べていきます。

私の会社では営業職の基本給は、20万円でした。

ただし、これは新卒の給与ですので、経験と成果によって昇級していきます。

成果によりますが、1回の昇給で1万円程度あがります。

ただし、年齢によっての昇級はありませんでした。

つまり、成果が上がらないのであれば一生給与が変わらないわけです。

私がいた会社は、成果を上げるという面では厳しかった分、見返りは非常に大きかったので魅力のある仕事内容でした。

営業の醍醐味というところだと思っていただければ良いです。

一般的には、介護職での営業は「営業手当」はつかないようです。

理由は、介護職と兼務して、メインは介護で、サブで営業もするというスタンスの会社が多いからです。

そのため、介護職に加えて、営業もしていたとしても、残業手当は普通の介護職と同様です。

しかし、近年は介護職の傍らで営業をするというのは、非常に難しくなってきています。

理由は、福祉業界にもプロの営業が表れてきたからです。

つまり、お客様(利用者様)の取り合いが厳しくなっているのが現状ということです。

営業をしっかりしておかないと、お客様の獲得には繋がらず、事業所は衰退していくということです。

一方で、私がいた会社は、介護ではなく、営業がメインでした。

介護職の営業は「契約を取る」、「施設の入居率がアップする」などの会社の利益につながる成果を出すと、エリア長だけでなく、担当者にも基本給以外の成果給を頂けました。

営業職ではない、介護職にも基本給以外の「営業手当」がありました。

お客様獲得につながる取り組みが認められれば、手当がもらえるという仕組みです。

これは、モチベーションの向上につながり、会社の規模拡大も良い方向に進みました。

これからは、介護職の営業は必ず必要ですし、介護職の傍らで営業をするのではなく、介護ができて、介護の資格を持ったプロの営業が必須になります。

もし、介護職で営業をするのであれば、会社への提案として「営業手当」を提案してみてください。

会社全体でお客様獲得の意識が上がるので、非常にメリットのある社内制度になるはずです。

介護職の営業で働いて『つらい』『大変』と感じたこと

結論としては、営業職はつらく、大変です。

現場スタッフと経営者層との間に挟まれて、つらいことや大変だと感じることが多くあります。

営業は数字を求めないといけませんし、現場は対応の難しい利用者は取りたくありません。

しかし、そういった「難しい利用者」も受け入れて、うまく現場を回せるようにならないと関係者からの評価は上がりません。

つまり、現場と経営者層との意見調整ができる人でないと営業はつとまらないかもしれません。

これらの人間関係の調整や意見の落とし所を見つけるには、かなりプレッシャーがかかります。

しかし、それがうまくいった時の快感は営業職の魅力のひとつで、つらさ、大変さを忘れられる瞬間です。

そして、一番つらい場面は、営業して獲得をしてきたお客様の利用をお断りしないといけないときです。

お客様本人、そのご家族の意見を矢面に立って受け止めないといけないのは非常につらいです。

また、その関係者(ケアマネジャーや相談員)へのお詫びの訪問も欠かせません。自分が矢面に立って、頭を下げて、話をしないといけないことも非常に大変です。

お断りをするときの対応をひとつ間違えると、事業所の評価を落としてしまうので、非常に気を遣いますし、大変な仕事です。

介護職の営業を『辞めたい』と感じたこと

一般的には介護職の営業は、あまり数字を求められないかもしれません。

しかし、数字と結果を求められるのが、営業職です。

つまり、数字を達成できない期間が続くときに、辞めたいと思う営業が大多数です。

また、先程も述べたように、現場と経営層の間に挟まれて、首が回らなくなってしまったときには、辞めたいと感じるでしょう。

介護職によくある「人間関係の悩み」で辞めたいと思うよりも、営業ならではの理由である「数字」や「プレッシャー」で辞めたいと感じることが多いです。

介護業界でも営業することが一般的になり、営業の経験者は少しずつ増えてきている実感がありますが、辞めたいと思った時には、介護現場をメインにするという選択肢もあります。

是非、介護業界を離れず、一緒にがんばってほしいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。