初任者・実務者研修を0円取得- 4つの方法

看護師は介護士を見下している?ベテラン看護師さんにその疑問をぶつけてみた。

介護士の方は看護師が見下しているんじゃないの?と疑問に感じる方もいることでしょう。

ちょっと聞きにくい質問ですが、みなさんの代わりに超ベテラン看護師さんに『看護師は介護士を見下しているの?』と疑問をぶつけてみました。

本記事では、その疑問と合わせて超ベテラン看護師さんのプロ根性や看護に対する思いの丈を紹介しています。

最後まで購読していただくと、みなさんの考え方も変わるかもしれません。

ぜひ最後までご覧になってみてください。

看護師である私は介護士を見下してない

「私は、見下していません。」

まず、私自身の経歴に、看護師になる以前、1年間の看護助手経験があります。

これは、短期大学部を卒業の年、看護師国家試験に不合格になった私を、すでに就職の決まっていた総合病院が、看護助手として受け入れてくれたからです。

就職ののち、療養型病棟に配属され、医療物品の管理や、入院患者様の介護、病室の環境整備などを仕事としていました。

看護師さんとペアで夜勤もありました。

国家試験の勉強のためのテキストを持ち込み、落ち着いた夜間には、勉強をしながらナースコール対応をしていました。

1年間、働きながら試験対策に取り組み、2度目の受験でようやく看護師国家資格を得ることができました。

私は1年間、看護助手として働くことで、多くのベテラン看護助手さんという味方を得ました。

看護師としての1年目、同じ病棟で働く看護助手さんは、私が忙しそうにしていたり、状況の変化によって必ず声をかけてくれて、看護師としての私のサポートを積極的にしてくれました。

具体的には

急遽必要になった医療機器を倉庫まで取りに行ってくれたり、

患者様の検査や部屋の移動を手伝ってくれたり、

こちらが声をかけずとも、スムーズに事が運ぶよう、動いてくれていたのです。

また、患者様の清拭や入浴、洗髪など、心の込もったケアは、寝たきりの患者様の多い病棟で経験を積んだ看護助手さん方から多くを学ばせてもらいました。

当時は、介護福祉士という資格ができたばかりで、私の勤務した病院の看護助手さん達はほとんどが無資格でしたが、看護師と一緒にケアを行いながら培ってきた経験で、もうそれは介護のプロでした。

私はその方達に支えられ、看護師として仕事をする事ができていたのです。

看護師として、本当に良いスタートを切れたと思っています。

病院を退職し、有料老人ホームに勤務

私はこの総合病院で経験を積んだのち、東京の有料ホームで看護師として働き始めました。

当時、都内ではホー有料老人ホームの建設ラッシュで、私の勤める会社だけでも、年に数軒のペースで有料老人ホームをオープンさせていました。

私の仕事は、新しいホームの立ち上げで、医務室の準備、往診医や薬局との打ち合わせの他に、介護スタッフの現場教育も兼ねていました。

リーダー格の介護スタッフは他施設での経験者でしたが、スタッフの多くは、ヘルパー2級を取り立ての未経験者でした。

新卒はもちろん、社会人として他業種で経験があったり、長年主婦をしてきて外で働くのは20年振りと行った方など、年齢も経験もバラバラでした。

私は、看護師としての責務から、その指導は少々厳しかったようです。

当時、未経験でテレビ業界から転職し、のちにホーム長になったスタッフに、私が退職する時に言われました。

その有料老人ホームは、24時間看護師が常駐しており、医療依存度も高かったため、介護技術としても、確実なものを求めていました。

ご入居者様に万が一のことがあってはいけないと、口でも指導し、手本を見せるなどして、私なりのスタイルで、私の経験を踏まえた指導をしていました。

オープン当初は不安で仕方ありませんでしたが、それぞれのスタッフさんのやる気が凄かったこと、キャラクターが良かったこともあるのか、私の口うるさい指導にめげることなく、半年ほど経つと、気付けば頼れる介護スタッフさんばかり。

些細な変化を見逃さず報告をくれることはもちろん、ケアもとても行き届いていました。

ご入居者の暮らしに楽しみを添えることや、時にはちょっと刺激的な行事を企画したり、この人たちは本当に介護の仕事が好きなんだなぁ、ご入居者様方のことが好きなんだなぁ、と常に感じていました。

もちろん全てが100点満点ではありません。

それは看護師である私にも言えること。

そこは、お互いにカバーしあって、頼り合って、仕事をしていたのだと思います。

そうして私は、ほぼ未経験だった介護スタッフさん達が、頼もしい存在となったのちに、また次の新しいホームの立ち上げへの異動していくのでした。

有料老人ホームを退職し、老健で勤務するも失望し退職

私はこの数年後、地元の老健に転職をし、3ヶ月と経たずに退職します。

その理由は、スタッフの意識の低さでした。

言葉遣いを初めとした接遇レベルの低さ、介護技術の低さ、これは介護士だからどうこうではなく、一社会人としての意識の低さが招くものだと思います。

先に働いていた看護師たちは諦めモードで、指導や注意をしよう、という意思も感じられませんでした。

この時は、もしかしたら「介護士を見下す」という感覚に近いものはあったかもしれません。

ですが、これは私が今まで出会ってきた頼れる介護スタッフさん達と同レベルで語れるものではありません。

医療や介護に関わる仕事をする上で持つべき意識、それがあるかないか。

見下すか否か、それを語るのであれば、職種は関係なく、その人に仕事に対する誠意があるかどうかだと私は思います。

「見下す」という表現が好きではありませんが、医師であれ、看護師であれ、介護士であれ、「残念な人だ。この人には(診察、看護、介護)されたくない。家族にもさせたくない。」と思う人は確かにいました。

介護士にしかできないこと

看護師にしかできないこと

医師や理学療法士にしかできないこと

それは資格上のことだけではなく、その人が、その人にしかできない仕事、その人だから気付けること、その人だから対象者に受け入れてもらえることがあると思います。

いくつかの介護現場で、色んな介護士さん達とお仕事をさせてもらって、今思うことは以上です。

私は、現場に疲れて看護や介護の仕事から離れましたが、今もシングルマザーで子育てをしながら、介護福祉士として老健で働く妹を尊敬しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。