リタリコ『やばい』の真偽検証。評判・年収・離職率と合わせて解説

「リタリコってヤバイの?」

グーグル検索の関連キーワードに『リタリコ やばい』と表示されています。

「何がヤバイの?」と、利用者さんや就職を考えている方は不安になることでしょう。

そこで、本記事において、『リタリコ やばい』の関連キーワードについて考察していきたいとおもいます。

なお、リタリコの年収や離職率についても合わせて解説します。

この記事でわかること

  • リタリコの『年収』について
  • リタリコの『離職率』について
  • 『リタリコ やばい』の真偽検証
  • 【就活者向け】リタリコの評判
  • リタリコワークスのリアルな評判

リタリコ【会社詳細】

会社名 株式会社 LITALICO
公式サイト https://litalico.co.jp/
本社 東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F/20F
設立 2005年
従業員数 1948名(2020年3月31日現在)
事業内容 LITALICOワークス(就労支援サービス)
LITALICOジュニア(ソーシャルスキル&学習教室)
LITALICOワンダー(IT×ものづくり教室)
LITALICO発達ナビ(発達障害ポータルサイト)
LITALICO仕事ナビ(障害のある方の就職情報サイト)
LITALICOキャリア(障害福祉で働く人の転職サービス)
LITALICOライフ (ライフプランサポート))

リタリコ(LITALICO)は、障害就職支援や学習教室などを展開している東証一部上場企業です。

現在、展開しているサービスは7つあります。

  1. LITALICOワークス
    ⇒障害者就労支援、全国約90拠点、累計就職者8,000名以上
  2. LITALICOジュニア
    ⇒幼児から高校生まで対象の学習教室、全国約120拠点
  3. LITALICOワンダー
    ⇒幼児から高校生まで対象のIT学習教室、全国約20拠点
  4. LITALICO発達ナビ
    ⇒発達障害の子供を育てる家族のための情報共有サービス
  5. LITALICO仕事ナビ
    ⇒障害者の就労支援検索サイト
  6. LITALICOキャリア
    ⇒障害福祉で働きたい人向けの求人サイト
  7. LITALICOライフ
    ⇒障害者向けの相談サービス

リタリコの『年収』について

続いて、リタリコの年収について見ていきましょう。

リタリコが公開している有価証券報告書(2020年3月期)によると、社員の平均年齢32.8歳:平均年収399万円と記載しています。

また、昇給は年2回(4月・10月)あり、ボーナスも年2回支給されます。

退職金の有無は不明です。

リタリコの『離職率』について

リタリコの離職率について、公開情報がないので、ハッキリとした数字は示せません。

リタリコの離職率のヒントとなる公開情報としては、

  • 平均勤続年数:3.6年
  • 男女比率:34(男性)66(女性)
  • 産業別の離職率:教育、学習支援業:16.6%

があります。

下記の資料は、厚生労働省発表の産業別入職率と離職率が記載されている資料です。参考にしてみてください。

リタリコの平均勤続年数が短いことが気になるとおもいますが、リタリコは急成長企業なので、事業拡大により新入社員を多めの採用していることで、平均勤続年数が短くなっているのでしょう。

また、女性社員が多いことも要因の一つです。

なので、平均勤続年数が短いですが、ブラック企業ではないとおもいます。

こちらは、リタリコが公開している『リタリコ社員の労働などに関してのアンケート結果』のページです。

参考数字で見るリタリコの人々 | 株式会社LITALICO

リタリコ『やばい』の真偽検証

リタリコ『やばい』について調べてみましたが、『やばい』といった感じの情報は見つかりませんでした。

強いて言えば、リタリコワークスで行われている朝礼の1分間スピーチ、あと体操を行うことが『やばい』と感じる方もいるのかもしれません。

グーグル検索で『やばい』と上位表示するのは、本当にヤバイからではなく、皆さんがクリックすることにより上位表示したのだと考えられます。

【就活】リタリコのリアルな評判

本章では、リタリコで働きたい方のために、参考になるコメントをネット上からピックアップして紹介していきます。

リタリコの面接は価値あり

リタリコの三次面接で超圧迫的な深掘り面接をされて落ちました。

正直イラつくレベルのもので途中で言い返したりもしましたが、今振り返ってみるとあれは意図的に高圧的な態度を取ることによってストレス耐性を見ていたのだと思います。

かなり悔しさが残りましたが、私はこの経験が後の就活に生きました。

ここの面接は志望度が低くても受けておくだけで力がつくと思います。

みん就

残業ありの大変な仕事

妻がリタリコっていう発達障害支援の会社にいるんだが、結構大変でいつも残業してるし、時短勤務契約の時まで残業してて(ワケわからん)

ストレスから子供にきつく当たることが多いんだ。

そのせいで私は発達障害の子供が嫌いになった。

自分の一番大切な娘と母親の時間を彼等に奪われている気がして。

Twitter

先生が頻繫に代わる

リタリコさん、先生の移動が激しい。

働く身としては、不安定材料だと思いました。

先生達のメンタルとか、離職率とか。

先生達の安定は直に子供に響きます。

可視化って大事。評価ではなく軌跡。なかなか企業では難しい。

Twitter

担当者は1日中パソコンをいじっている

【102】

リタリコワークスのスタッフは基本1日中パソコン触ってるだけです。

見学、体験数日間は見栄えをよくするために相手をしますが慣れたらほったらかし。

パソコンを触ってる本当にこれだけ。

プライバシーのために黒い板?をパソコンに張っているので何を見ているかはわかりませんが…

ホームページ見ても大体パソコン触ってる写真です。まさにパソコン触ってるだけ(笑)

気持ち悪いのが自分の発言するでしょ?それスタッフがパソコンに打ち込んでるですよ。

なにか言おうもんなら必死にパソコン打ちながら記録!本当に気持ち悪い!

多分これ思ってる利用者さん多いはず!

5Twitter

リタリコの福祉はホワイト

少し先の話しになるけど、就職先は障害者雇用かNPOが良いかと。

障害者差別のある所は珍しいから。

あとはリタリコみたいな比較的ホワイトな福祉の会社なら、多分差別がないかと。

Twitter

イチオシ転職エージェント3選【無料】

『自分で求人探すのは大変…』といった方にオススメです。

エージェント担当者が、条件に合った求人を探し、〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれます。

  1. マイナビエージェント
    ⇒関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
  2. リクルートエージェント
    ⇒業界トップ級。10万件以上の非公開求人数を保有
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。職種、年齢、経験を問わない転職エージェント

新卒者向け

  1. dodaキャンパス
    ⇒登録学生は320,000人以上、登録企業数6,200社超え、自分にあったオファーが届くサービス
  2. 就職Shop
    ⇒リクルート運営、利用者10万以上、専任のアドバイザーがサポート
  3. キャリアチケット
    ⇒1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)・60,000名の就職支援をしてきたアドバイザーが専任で内定獲得まで個別サポート

障害者にオススメ!就職エージェント3選【無料】

こちらは、障害者にオススメの転職エージェントです。

  1. アットジーピー【atGP】
    ⇒障害者雇用最大手『ゼネラルパートナーズ』運営、専任アドバイザーが全力サポート
  2. エラビバ
    ⇒東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪に強い、就活~就職後の職場へのサポートあり
  3. dodaチャレンジ
    ⇒人材大手『パーソル』運営、大手・優良企業など幅広い求人あり
dodaチャレンジ『断られた』評判からわかる利用注意点を解説

リタリコワークス『就労移行支援』のリアルな評判

続いて、就労移行支援のリタリコワークスについて評判を紹介していきます。

リタリコワークスの特徴

・30分程度、リタリコの紹介を受けました

・社会人のマナーやパソコン操作を訓練する場所

・やさしいスタッフ

・税金で成り立っているので、遊びじゃない感、厳しい感もある

・求人が張り出されているが、年収300万いかない

Twitter

クローズ就労はやめたほうがいい

手帳を使って障害者雇用で就労した方がいいという結論に達してスーパーのバイトを辞めてLITALICOワークスへの入所を決意。

あくまで個人的な意見だが、手帳を持ってることを隠すクローズ就労はやめた方がいい。

給料は高いが障害者法定雇用率にカウントされない上に離職率が上がる。

Twitter

対応してくれた人が優しかった

リタリコワークス相談会行ってきた。

初めてのとこで緊張したけど、対応してくれた方がとても優しい方で一つ一つ丁寧に接してくれて良かった。

いろいろお話が出来て行ってよかった。

Twitter

リタリコワークスは、まともなレベル

某所のリタリコワークスに通っていた者です。

リタリコ自体はプログラム、設備などかなりまともな方だと思います(就労移行支援てもっとしょうもないとこが大半なのです。)が、

スタッフさんをどう感じるかは運と相性次第なので、どうしても今いる事業所のスタッフさんが合わないと感じるなら、別の事業所を検討するのも手だと思います。

Twitter

紹介してくれる求人は非正規が多い

リタリコなどの就労移行支援事業所経由だと、障害者雇用枠で非正規が多いです。

精神だと平均月収が12万円位ですね。

一人暮らしするのは難しいです。

親と同居して何とかやっていけるレベルですね。

ヤフー知恵袋

あまり良い印象がない

リタリコワークスの見学にいったことがありますが、個人的にはあまりいい感じ、いい印象は持てませんでした。

「利用したい」などと一言も言っていないのに、個室に連れていかれて、あれこれと面談のように質問されました。

すごく強引な感じがしました。 気分がわるかったです。

ヤフー知恵袋

リタリコワークスでは、事務系の就職に強い

リタリコワークスは基本的に、事務系の職業への就職に強いです。

パソコンも三十台くらいありますし、ワード・エクセルなどの資料も充実しているので、パソコンのスキルアップは出来ます。

あんまり、作業系のワークはありませんが、一応、軽作業的に、ビーズを仕分けたり、クリップを紙に挟むという事もやったりします。

アメブロ

オススメ就労移行支援サービス3選

  1. LITALICOワークス
    ⇒リタリコ運営、全国約90拠点、累計就職者8,000名以上、職場定着率89.7% (※就職後半年後の定着率)
  2. ココルポート(旧Melk)
    ⇒全国51拠点、累計就職者1,750名以上、職場定着率89.4% (※就職後半年後の定着率)
  3. ミラトレ
    ⇒人材大手『パーソル』運営、就職率98%、職場定着率80% (※就職後半年後の定着率)

まとめ

以上、リタリコについて解説していきました。最後におさらいとして本記事をまとめておきます。

  • リタリコ『やばい』理由は見当たらない
  • 社員の男女比率:34(男性)66(女性)
  • 離職率は業界平均レベル(推測)
  • 平均年齢32.8歳:平均年収399万円(2020年3月期)
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です