経験者が解説|マクドナルドのバイトに向き不向きな人の特徴【6選】

「マクドナルドのバイトって、どんな人が向いているの?」

マクドナルド(マック)でバイトをする前に、自己適性を調べておきたいことでしょう。

事前に向き不向きを調べることで、バイト開始後のミスマッチを防げることができます。

そこで、皆さんの疑問を解決するため、本ページにおいて、マクドナルドのバイトに向き不向きな人の特徴について解説していきます。

なお、本ページは、マクドナルドのバイト経験者によるライターさんに執筆して頂いており、独自の内容となっています。参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • マクドナルドのバイトで覚える業務内容
  • マクドナルドのバイトに向き不向きな人の特徴

マクドナルドのバイトで覚える業務内容

はじめに、マクドナルドのバイトの仕事内容を紹介します。

マクドナルドでは、主に以下の5つの作業エリアに分かれて仕事をします。

  1. フロントカウンターエリア
  2. キッチンエリア
  3. ドライブスルーエリア
  4. デリバリークルー

バイトの面接時に担当する場所を希望することはできますが、次第に他の業務も行うようになっていきますので、ここで、どの様な作業を確認してみましょう。

では、それぞれのバイト業務内容を詳しい解説を見ていきましょう。

1フロントカウンターエリア

お店のレジカウンターで接客をして注文の受け渡しをします。

主な作業

  • カウンターで接客をしてお客様一人一人に満足してもらえるサービスを提供する。
  • 席まで注文を届けに行く。

笑顔で接客することと、注文を早くそして正確に処理する必要があります。

そして、スマイルを注文されると減給という噂もありますが、それはありませんので、ご安心してください。

注文はレジに表示されたボタンを押していくだけで簡単にできますが、注文と注文の合間にドリンクやポテトの用意もして、キッチンエリアで出来上がったハンバーガーをトレーに乗せてお客さんに渡します。

さらに、暇を見てゴミ箱の回収なども行いますため、作業の種類は一番多いです。

2キッチンエリア

調理場にてキッチンのクルーは注文をマニュアルに沿って調理をします。

主な作業

  • ビーフパティやナゲットの加熱
  • ハンバーガーの調理
  • キッチンと皿などの清掃作業

それぞれの料理にマニュアルが用意されており、ハンバーガーの作り方も順番に重ねていくだけなので、難しいことはありません。

ただし、お客さんからの注文が多く、忙しい時は速さと正確さが求められ、体力を消耗します。

注文が入ってからパンを焼き、間に挟むハンバーグや揚げ物も用意してハンバーガーを作っていき包装も行います。

店舗の人数によっては、それぞれの作業を担当することもあります。

そして、暇を見てキッチンの調理器具や皿の清掃も行います。

また、常に清潔感を求められますので、爪や髪の長さには厳しいところがあります。

3ドライブスルーエリア(店舗によっては無し)

ドライブスルーから来店するお客さんからの注文を受け付け、支払いと商品の受け渡しをします。

主な作業

  • 音声だけでお客さんから注文を受け取る
  • 商品の受け渡し

基本的に、顔が見えずに注文は声だけのやりとりとなりますので、明るい声で気持ちのいい印象を与えることが求められます。

4デリバリークルー(店舗によっては無し)

近年、始まったデリバリーサービスです。デリバリーはバイトスタッフが店舗内の仕事と兼任で行います。

主な作業

  • 専用のバイクとユニフォームに着替えてお客さんのご自宅に配達をする。

できたての商品を届けることが求められていますが、交通安全と無事故であることが絶対です。

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

シェアフル – 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

Sharefull,inc.無料posted withアプリーチ

シェアフル|詳細ページ ⇒

マクドナルドのバイトに向き不向きな人の特徴【6選】

続いて、マクドナルドのバイトに向き不向きな人の特徴の特徴について解説していきます。

マクドナルドのバイトに向いている人の特徴【3選】

はじめに、マクドナルドでバイトをすることに向いている人を紹介していきます。

  1. 気遣いができる人
  2. 学生や主婦・掛け持ちのフリーター
  3. 人間関係でトラブルが少ない人

1.気遣いができる人

マクドナルドのバイトに向いている人の1つ目の特徴は『気遣いができる人』です。

マクドナルドのバイトは、複数のクルー達で協力し合わなければできない仕事ですので、仕事を円滑にこなすためにコミュニケーションをしっかりと取ろうと気遣いできる人が向いています。

中には、言い方の悪いバイト社員もいるでしょうが、全体としては悪い社員は、そうそういないと言えるでしょう。

また、マクドナルドのバイトは15歳以上であれば、面接を受けることができますので、学生さんでも初めてのアルバイトとして選ぶ人は多いです。

そして、マニュアルも充実していますので、慣れるまでは大変なところもありますが、新人をほったらかしにすることはないので、初めての作業でも教えてもらいながら安心して行うことができます。

話しは変わりますが、スタッフには4段階に分かれた習熟度によって呼び方が変わり、階級が上がることで時給も上がるシステムがあります。

2.学生や主婦・掛け持ちのフリーター

マクドナルドのバイトに向いている人の2つ目の特徴は『学生や主婦・掛け持ちのフリーター』です。

基本的に、専用のWebサイトやスマホアプリ、記入用紙から2週間前に1週間分のシフトを提出します。

そして、体調不良などの急な休みにも対応をしてもらうことができ、過去のように休むのならば、代理のスタッフを見つける必要があるといった風習もなくなったようです。

また、学生さんの場合はテスト期間のために長期的に休みたいといった事情にも対応をしてもらえます。

そして、アルバイトの掛け持ちも許可されているので、配属先の店舗によっては忙しさや人数の都合でシフトに入れない場合は他のバイトと掛け持ちをすることもできます。

3.人間関係でトラブルが少ない人

マクドナルドのバイトに向いている人の3つ目の特徴は『人間関係でトラブルが少ない人』です。

マクドナルドで働く人は学生から主婦層まで多くの人が集まりますので、やはり人間関係の相性やトラブルは起きてしまいます。

先輩や店舗のマネージャーとの相性による問題もありますが、それらの人間関係を苦に思わない人ならば、問題なくマクドナルドでバイトができます。

なので、このお店でアルバイトをしたい、と思ったときには、カウンターから店内の様子を覗いて、どんな人がいるのか、とか、スタッフ同士の雰囲気を見ておくのもいいでしょう。

また、マクドナルドのバイトの口コミでは、交友関係の良さを感じられる口コミも多く、年に数回、従業員同士の親睦会であるPAM(パム)と呼ばれるイベントも開催されていますので、仲の良い人を作ることを目的としてアルバイトをしている人もいます。

マクドナルドのバイトに向いていない人の特徴【3選】

続いて、マクドナルドでバイトをすることに向いていない人を紹介していきます。

  1. 不潔な人
  2. たくさん稼ぎたい人
  3. 笑顔が苦手である

1.不潔な人

マクドナルドのバイトに向いていない人の1つ目の特徴は『不潔な人』です。

マクドナルドは、飲食店なので、清潔感や身だしなみには非常に厳しく、特に髪と爪の長さは要注意です。

また、ハンバーガーの中に髪が入っていたというトラブルは起きやすいので、長く伸ばした頭を切ることが嫌な場合はマクドナルドは厳しくなってしまうことでしょう。

ただし、染色だけはある程度は認められ、店舗によって基準が違いますが、カラーレベル12ほどでも許されることもあり、派手すぎなければ髪を染めていても大丈夫なことがあります。

ですが、面接のときは流石に黒に戻してから行くのが無難でしょう。

また、ネイルやピアスといったアクセサリーも、食べ物の中に混入することを防止するため着用が禁止となっています。

さらに、面倒な作業として、キッチンスタッフは、油やケチャップなどで制服が汚れるため、働くたびに制服を持って帰り洗濯をしなければいけません。

2.たくさん稼ぎたい人

マクドナルドのバイトに向いていない人の2つ目の特徴は『たくさん稼ぎたい人』です。

マクドナルドのバイトは、時給が低く、仕事量の割に時給が安いです。

それぞれの作業にはマニュアルがある上にやっているうちに覚えることはできるとはいえ、マクドナルドはお昼のピークタイムは忙しく、特に、土日の場合は作業量の多さに目が回ることでしょう。

なので、ある程度の体力も必要になってきます。

ですが、アルバイトはどんなに忙しい中、大量の作業をこなしたとしても時給は一定です。

そして、一番階級の低いクルーからトレーナー、スターへと階級が上がると、業務内容や責任感もどんどん社員並みになっていくのですが、時給はさほど上がりません。

ですので、時には、こんなに働いたのに、たったのこれしかもらえないのか、といった疑問も生まれることでしょう。

また、都内やショッピングモールにある店舗では1000円以上の求人も珍しくないのですが、そういった店舗は人手不足による忙しさも多く大変なためだと考えるべきでしょう。

さらに、店舗の忙しさや状況によっては勤務中に他店へのヘルプに繰り出されることもありますので、自分の扱いに納得がいかなくなる場合もあるでしょう。

そして、24時間営業をやっている店舗の場合ですと、22~05時の時間帯は時給が25%増になりますが、こちらは18歳以上の人でなければいけません。

3.笑顔が苦手な人

マクドナルドのバイトに向いていない人の3つ目の特徴は『笑顔が苦手な人』です。

マクドナルドは言わずと知れた全国にある大人気チェーン店です。

つまり、1日中お客さんが来るといえますので、営業中は常に笑顔をキープしている必要があります。

なので、モチベーションが低い時や、昼ピーク時の忙しさに疲れて休憩に入るはずの時間は、もう過ぎているという場合でも、いつでも笑顔でいなければいけません。

そして、アルバイト先の店舗が家から近い場合は、近所の知り合いやクラスメイトが来店してくる可能性が十分にあり、その時に自分のクラスメイト相手に笑顔で接客をできるかが試され、普段以上に疲れることもあるでしょう。

さらに、マクドナルドではアルバイトであろうと高いレベルの接客を求められるので、そういった店でも、やはり、給料の低さに不満を感じてしまうこともあるでしょう。

また、初めはキッチンエリアを希望して配属されたとしても、次第にフロントカウンターエリアでも接客をしなかればならなくなる時がきます。

そのため、接客がイヤである、苦手だからやりたくない、という人は、残念ながらマクドナルドのアルバイトには向いていません。

バイト・アルバイト求人を見つけるならマッハバイト

マッハバイト|求人応募でお祝い金5,000円以上GET

Livesense Inc.無料posted withアプリーチ

マッハバイト|詳細ページ ⇒

まとめ

以上、マクドナルド(マック)で覚えること・向き不向きな人の特徴について解説しました。

マクドナルドのバイトに向いている人の最大の特徴は、笑顔で接客できる人ですが、笑顔が苦手な人はキッチンでの業務になるので、心配しなくても大丈夫です。興味がある方は、ぜひ応募してみてください。

また、接客業が嫌な人は、アマゾンの倉庫バイト郵便局の仕分けバイト新聞配達のバイトなどオススメです。

イチオシ『アルバイト求人サイト』3選

こちらでは、お祝い金がもらえるバイト求人サイトを厳選してみました。参考にしてみてください。

  1. アルバイトEX
    ⇒東証一部上場企業『じげん』が運営、『もれなく3万円』、Wお祝い金で最大11万円
  2. ギガバイト
    ⇒日本最大級アルバイト求人サイト、『お祝い金』がもらえる求人あり、『日払い』『単発』バイト多数
  3. マッハバイト
    ⇒『お祝い金5,000円』を最短翌日でGETできるアルバイト求人サイト

オススメ『単発バイト』3選

こちらは、お祝い金はもらえませんが、日払いが可能な仕事を掲載しています。

  1. シェアフル
    ⇒単発・短期バイトをサクッと探せる『求人アプリ』
  2. シゴト.inバイト
    ⇒採用ボーナス最大1万円、『単発・短期バイト』『日払い』求人多数あり
  3. ショットワークス
    ⇒単発・短期バイトや日払いバイトに特化した『求人アプリ』
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です