三越伊勢丹はヤバい?その実態を評判・年収と合わせて徹底解説

「三越伊勢丹ってヤバいの?」

三越伊勢丹についてグーグル検索すると関連キーワード欄に「やばい」と表示されています。

現在、働いている方や就職を考えている方すると、一体何がヤバいのか気になることでしょう。

そこで、本ページにおいて、三越伊勢丹がヤバいと言われる理由について、気になる年収と合わせて解説します。

この記事でわかること

  • 三越伊勢丹社員の平均年収
  • 三越伊勢丹が「やばい」と言われる理由
  • 三越伊勢丹を知る人たちによるリアルな評判

三越伊勢丹【会社概要】

概要
会社名 株式会社三越伊勢丹ホールディングス
URL https://www.imhds.co.jp/ja/index.html
本社 東京都新宿区新宿5-16-10
設立 2008年4月
事業内容 百貨店業等の事業を行う子会社およびグループ会社の経営計画・管理ならびにそれに附帯または関連する事業

株式会社三越伊勢丹ホールディングスは、日本の百貨店の純粋持株会社で、同社傘下として三越伊勢丹をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有しています。

2008年当時、売上高国内4位の三越と同5位の伊勢丹が経営統合して持株会社として誕生しました。

日本国内にある政令指定都市のほぼすべてに出店しているほか、世界進出でも長い歴史を持っています。

同社発足により売上高・規模で日本の百貨店業界首位となり、以来、現在もその座を手放していません。

三越伊勢丹の平均年収について

では、三越伊勢丹社員の平均年収はどれくらいあるのか確認していきましょう。

まず、三越伊勢丹の有価証券報告書を調べてみると、従業員の平均年齢は46.5歳で、平均勤続年数は23.0年、平均年収は約785万円となっています。

これを日本の平均年収の433万円と比較すると、三越伊勢丹社員の平均年収は相当高い傾向にあります。

ただし、このデータは本社勤務の正社員の平均ですので、一般の正社員や非正規社員に関して言えば、実際の年収はこれよりかなり低くなることは十分に考えられます。

同業大手の高島屋の平均年収

次に、三越伊勢丹の競合他社である高島屋の有価証券報告書を調べると、従業員の平均年齢は47.4歳で、平均勤続年数は24.1年、平均年間給与は約686万円となっています。

比較すると、三越伊勢丹社員の平均年収は、高島屋社員の平均年収よりかなり高いことが分かります。

indeed記載の給料額

次に、大手就職エージェントindeedによる三越伊勢丹の求人例を紹介します。

【総合職】販売・接客

  • 月給205,000円(4大・大学院卒)
  • 昇給年1回・賞与年2回

【正社員】メイト社員

  • 月給182,000円
  • 昇級年1回・賞与年2回

これらの求人例から、三越伊勢丹の採用時の社員の年収を推計すると、日本の平均年収よりはかなり低いことが分かります。

したがって、昇格によって年収がぐんと上がっていくことになると思われます。

なお、就職で応募する際には、再度詳細をご確認ください。

三越伊勢丹「やばい」と言われる4つの理由

三越伊勢丹が「やばい」と言われる理由は、次の4つになります。

  • 理由1:業界自体が縮小傾向である
  • 理由2:契約社員は給料が低い
  • 理由3:昇格が困難である
  • 理由4:古い体質が残る

これらの理由について、ネット上の口コミを参考にまとめていきます。

理由1:業界が縮小傾向である

三越伊勢丹が「やばい」と言われる1つ目の理由は「業界が縮小傾向である」点です。

この口コミでは、百貨店業は厳しさが増し、成長が見込まれる案件が少ないということです。

これは、郊外型店舗やネット通販の台頭が少なからず影響していることだと思います。

一方で、三越伊勢丹は、母体が元財閥であることや、現在、自己資本が非常に多いため、倒産の危険性は少ない会社ではあります。

行き詰まり感

伊勢丹と三越の統合から10年経過し、時代の流れから中途採用社員も増え、以前の伊勢丹の体育会系、三越の公家系の社風は薄れてきています。

ただ、百貨店業の厳しさが増す中で、退店案件はあるものの、成長が見込まれる新規案件は少なく、企業としての中長期的な成長の方向性が見い出せていません。

新宿や銀座など売上の大きい都心店舗ではまだしも、多くの支店では行き詰まり感を感じます。

indeed

倒産や潰れる可能性はないと思いますが、このまま経営悪いままだと外資系の傘下になる可能性はあると思います。

YAHOO知恵袋

理由2:契約社員は給料が低い

三越伊勢丹が「やばい」と言われる2つ目の理由は「契約社員は給料が低い」点です。

三越伊勢丹では、正社員は少なく、契約社員が従業員の中心です。

契約社員も月給制と時給制があるようで、契約社員は正社員並みの仕事をさせられる一方で、給料は正社員の3分の2程度だということです。

このような契約社員への待遇をする会社は、他に例はあります。

一方で、三越伊勢丹としては、新規事業が芳しくないのが現状であり、業績を改善するために、人件費削減にまで取り組むしかないようです。

正社員の3分の2

年々正社員が減り、正社員が少ない分まだ入社2、3年の新人の何も分からない方が上に立ち、大変で辞める方が多かったからです。

また、契約社員でも正社員に近い、月給制で働く契約社員と私の様に時給制で働く契約社員がおり、月給制契約社員は正社員並みの仕事をさせられるのに、お給料は正社員の3分の2ももらっていたか分かりません。

月給制契約社員のお給料は初任給で月給約20万、ボーナス年2回約1.5ヶ月と聞いています。

お給料の安い人達を増やしてその人たちに正社員並みの仕事をさせ、上司は中間管理職に仕事を丸投げしている感じがするからです。

また、残業に関しても、タイムカードを押して退社した後、まだ残って仕事せざるを得ない人がいるからです。

カンパニー通信

理由3:昇格が困難である

三越伊勢丹が「やばい」と言われる3つ目の理由は「昇格が困難である」点です。

この口コミでは、昇格は試験のみで決まるということです。

ネット上には、受験回数が3回まで、合格率は1000人中30人等の口コミがあり、いずれにしても、昇格の可能性は低いようです。

一方で、三越伊勢丹では、一度昇格した正社員は年収が大きく跳ね上がるため、昇格した後は退職しない例が多いようです。

試験のみで昇格が決まる

いくら成績をあげても、チーム制なので、個人が評価されないことが理由です。

また、勤続年数や上記成績等は一切鑑みず、HAPという1日の試験のみで昇格が決まり、試験前と試験合格の間の給与形態が無いため、年収を上げたいのであれば、試験に合格するしか無い。

但し例年部署から0-1人しか合格者が出ず、中堅は安月給でマネージャーより働いており、みんな疲弊している。

会社の給与形態自体が一向に変わらない為、営業として優秀な人材は外部に多く流出している。

そのため、場所は新しい人材を入れるが経験や知識の違いから即戦力にならず、年々既存者の負担が増えている。

openwork

理由4:古い体質が残る

三越伊勢丹が「やばい」と言われる4つ目の理由は「古い体質が残る」点です。

ネット上には、昇進の条件に一流大学出身者を薦める、昭和時代の時代錯誤や悪しき伝統が残る、何事も危機感なくルーズである等、役職ありの年配社員に厳しい口コミが多くありました。

一方で、三越伊勢丹としては、役職ありの年配社員は退職しないことが多く、なかなか意識改革につながらなかったり、三越と伊勢丹の2つの社風が存在する中で、経営する難しさがあったりするようです。

生産性が低いし効率も悪い

【233】三越伊勢丹で働いています。

古い体質で労働生産性が低いし効率も悪いと感じる。

仕事出来ない大量のバブル世代の役付きが多すぎる。

IT導入、ECサイトが遅れている。

今どきキャッシュレスの時代なのに対応が遅い、決算方法の種類が少ない。

客のクレームに恐れすぎて過剰サービス従業員疲弊。

ターゲットが年寄りとインバウンドに偏りすぎ。

もうどうしようもないかと。

ガールズちゃんねる

三越伊勢丹を知る人たちによるリアルな評判

三越伊勢丹の評判に関して様々な声が見受けられました。

では最後に、三越伊勢丹の評判について、皆さんに対して有益な情報を含めたコメントを紹介していきます。

三越、伊勢丹は信用がある

この口コミでは、三越伊勢丹は百貨店の中でも信用があるということですが、同様な口コミは他にもネット上に多くありました。

それから、三越伊勢丹の社員教育は徹底しており、特に伊勢丹系の仕事がこなせれればどんな会社でも通用するとのことです。

ただし、変化の激しい現在において、百貨店業の今後は、やはり厳しいようです。

生活のためには勤めていましたが、時代の中で小売や実店舗形態が変わってきています。

なかなかこれからは厳しい業種だと思います。

今から転職をするならたぶん選ばないと思います。

ただ、同じ業種に転職するなら、三越、伊勢丹は信用があるので有利です。

教育もかなり厳しいので、ホテルや他の小売業に転職する場合は重宝がられます。

特に伊勢丹系に長くいた方はいい意味で仕事がすごいハードなので、どんな会社に行ってもメンタル的に最強だと思います。

そのくらい社員教育は徹底しています。

今はもう少しゆとりをもって仕事がしたいです。

カンパニー通信

肉体労働や働いてる感

三越伊勢丹には、全国主要都市に店舗や職場がありますが、現場には契約社員が多いようです。

そして、知的労働は求められず、肉体労働や働いてる感が求められるように感じたようです。

一方で、三越伊勢丹の店舗や現場としては、商品を売らなければならないため、実際に商品を店舗に準備したり、接客し販売したりすることに重点を置いていると思います。

魅力的な正社員の先輩に憧れて入社したが、実際の現場には正社員はほぼおらず、高卒や専門卒の契約社員の中に混ざって仕事をする。

求められるのは頭脳労働や仕事の効率化ではなく、肉体労働や”働いている感”。

レベルの高い知的労働を求める優秀な若手社員は、早期に離職することも多い。

エン転職

昇給はとても小幅

一般職とマネージャーの給料の差は大きすぎるとのことですが、早ければ7年目で役職に就き、年収1000万も超えてくるというネット上の口コミもあります。

それから、昇給はとても小幅な上に、残業に対しても厳しい規制があるため、残業で稼ぐことができず、役職に就くまでは給料が中々上がらない実態があるようです。

一方で、伊勢丹で実務経験を積みながら、昇格に励み、昇格試験を受ける機会を失えば転職する、という社員もいるようなので、紹介しておきます。

一般職とマネージャーの給与の差が大き過ぎる。

仕事内容も対して変わらないため一般職から見て不満に思うことも多いです。

マネージャーにもよるが、何の仕事をしているのか分からないような人もたくさん見かけた。

いい意味でも悪い意味でも会社が守ってくれる風潮なので出来ないマネージャークラスの人間が蔓延っています。

半期ごとの上長による評価で昇給が決まりますが、ここでの昇給はとても小幅です。

大きく給料を上げるには昇格試験を受けて役職を付けるしかありません。

まだ受けたことがないのでわからないのですが、これまでの受かった人の傾向を見るに、仕事ができる人よりも試験が得意な人が受かっているように感じます。

openwork

百貨店離れ

インバウンドで中国人の爆買いの恩恵を受けていた頃は、中国人中心の接客があったとのことです。

現在は、インバウンドも乏しく、若い世代の百貨店離れも進んでいるようです。

一方で、三越伊勢丹としては、IT導入やネット通販等の展開も工夫しているようですが、今一歩のようです。

【51】爆買いチャイナマネーに目が眩み日本人客を軽視 。

やかましい中国人にうんざりした日本人客が避けるようになり中国人の爆買いも終了。

5ちゃんねる

【54】若い世代は金がないから行かない。

金が貯まってもわざわざ行かない。

大昔と違って今は程よく安くてコスパ良いもんが多い。

昔みたいに良い物と良いサービスを買いに行くことがステータスじゃないからな。

5ちゃんねる

楽しく仕事できる環境

三越伊勢丹のこの店舗では、楽しく仕事ができているという口コミで、とてもうらやましいことです。

三越伊勢丹では、福利厚生は充実している口コミが圧倒的に多く、このような店舗や現場が多くあることだと思います。

一方で、少数ながら人間関係で困っているとの口コミもあるようですが、然るべき部署で対処してもらえるとのことです。

幅広い年齢層

楽しい職場

休みも多く、連休、完全有給消化

残業なし

1分からつく残業代

給料の安さが短所

indeed

【無料】イチオシ転職エージェントサービス

下記のサービスは『自分で求人探すのは大変…』といった方向けで、『条件に沿った求人紹介』『履歴書の添削』『面接対策』『面接日程の調整』を業界に精通した専任スタッフが無料で行ってくれるサービスです。

非公開求人も多数保有しているので、活用してみてください。

イチオシ『総合』転職エージェント3選【無料】

  1. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数トップクラス、非公開求人『10万件以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント

イチオシ『業界未経験20代』向けの転職エージェント3選【無料】

  1. 就職Shop
    ⇒リクルート運営、未経験者向けの求人数『トップクラス』、専任アドバイザーがサポート
  2. DYM就職
    ⇒サービス満足度『高評価』20代向けの求人多数保有、プロの専任アドバイザーがサポート
  3. UZUZ
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、専門アドバイザーがサポート

イチオシ『就活生』限定の就職エージェント3選【無料】

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニアに特化、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. キャリアチケット
    ⇒大手レバレシーズ運営、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート
  3. キャリセン就活エージェント
    ⇒累計6万人の就活生が利用、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート

まとめ

以上、三越伊勢丹について解説しました。

三越伊勢丹がヤバいと言われる一番の理由は斜陽残業である点だと思いますが、潤沢な資産があるので倒産することはありません。

ただし、将来的に同業大手と経営統合の可能性や外資の傘下に入る可能性はあります。万が一、そうなった場合には人員整理をすることも考えられます。

とはいえ、正社員の平均年収は高いので、正社員希望の方にはオススメの企業です。採用倍率は高いかと思いますが、頑張ってみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。