【評判】ネオキャリアはヤバイ?年収・離職率と合わせて大公開

「ネオキャリアってヤバイの?」

グーグル検索をすると関連キーワードに『ネオキャリア やばい』と表示されますよね。

ネオキャリアに就職を希望する方からすると、真相を知りたいことでしょう。

そこで、本記事において、『ネオキャリア やばい』の真相に迫りたいとおもいます。

この記事でわかること

  • ネオキャリアの年収
  • ネオキャリアの離職率
  • ネオキャリア『ヤバイ』忖度なしの評判

なお、本記事はネオキャリアの人材コーディネーターや営業職・事務職を希望する方向けの記事となっています。

ネオキャリア【会社詳細】

会社名 株式会社ネオキャリア
公式サイト https://www.neo-career.co.jp/
本社 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
設立 2000年11月15日
事業内容 人材派遣・人材紹介事業等

ネオキャリアは介護や保育・一般事務・コールセンター・IT・建設などの人材派遣や人材紹介を担っている会社です。

展開している事業の詳細はこちら

  1. ナイス介護(派遣)
  2. 保育ひろば(派遣)
  3. 一般事務・コールセンター(派遣)
  4. IT(派遣)
  5. 建設(派遣)
  6. 第二新卒エージェントneo(第二新卒向けの人材紹介)

また、従業員数は3,604名、売上高は529億円(2020年度)となっています。

 

ネオキャリアの年収【推定】

続いて、ネオキャリアの年収について解説していきます。

ネオキャリアでは、具体的な年収を公表していません。

ただし『doda』などの転職サイトの求人票には年収を載せているので、こちらを参考にしてみます。

人材コーディネーターの年収

人材コーディネーターは、クライアント企業への営業や求職者への紹介案件をマッチングする仕事です。

doda』によると入社1年目では、

  • 月給28万円以上+インセンティブ
  • 年収350万円~

とのことです。

マッチング成績に応じて給料が上がる仕組みとなっており、マッチング成績次第では、年収500万円以上も可能です。

ちなみに、下記のサイトによると、人材コーディネーターの『平均年収は385万円』とのことです。

参考記事人材コーディネーターの仕事の平均年収は383万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス 

営業の年収

続いて、ネオキャリア営業職の年収を見ていきましょう。

doda』によると、入社1年目では、

  • 月給35万円以上+インセンティブ
  • 年収450万円~

営業成績に応じて給料も上がり、年収600万円以上も可能です。

ちなみに、営業職はメンタルの強い方・体育会系の方にオススメの仕事です。

ネオキャリアの離職率【推定】

ネオキャリアの離職率についてもハッキリとした数字は不明です。

ただし、『平均年齢』や『同業種平均離職率』から、ひも解くことができます。

職種により、離職率は異なりますが、一般的に見ると、『事務職は10%未満』『人材コーディネーター・営業職は20%以上』となります。

人材コーディネーターや営業職はインセンティブにより給料が上下するので、結果を出せない人は年齢を重ねても給料アップは見込めません。

そのため、才能がない方は早めに見切りをつけて他業種に転職します。

また、営業職では、テレアポの仕事もあり、場合によってはクライアントから罵倒されることもあるので、メンタルの弱い方は耐えれないでしょう。

ネオキャリアの平均年齢は…『28歳』

平均年齢『28歳』…この数字が何を意味するのか解説していきます。

まず、一般的な企業の平均年齢は42歳となっています。

下記は上場企業1,841社を調査した『従業員平均年齢』10年間のグラフです。

この数字からわかるように、ネオキャリアの『平均年齢』は、業界平均より非常に低いです。

つまり、『長続きする社員が少ない』ということになります。

ちなみに、dodaによると、ブラック企業と囁かれる『オープンハウス』の平均年齢は『29歳』となっています。

ネオキャリアの離職率が高いことは察することができるでしょう。

ネオキャリア『ヤバイ』忖度なしの評判

続いて、ネオキャリアの評判についてネットの情報から有益な情報をピックアップして紹介していきます。

事務職は残業なし

こちらのサイトによると、ネオキャリアの事務職は『残業がなく、GW・お盆・年末年始の長期休暇もある』とのことです。

どの企業も同じですが、事務職は基本的に残業は少なめです。

【ネオキャリア:事務職】

基本的には毎日定時で終わり、残業を命じられることはありません。

特に精神的な負担というものもないです。

有給休暇も取りやすく、年5日の計画付与も行われています。

有給休暇と別に夏季休暇・GW・年末年始休暇も一般のカレンダー通り、もしくはそれ以上にいただけるので満足しています。

カンパニートーク

人材派遣はきつい

こちらの引用主さんによると、『仮に転職したとしても、絶対に人材コーディネーターにならない』とのことです。

同じビルにブラックで有名なネオキャリアも入ってるけど、この時間に帰るとネオキャリアかうちの人がしかいない、、絶対転職したら人材にはいかない、、

Twitter

人材派遣はヤバイ

こちらの引用主さんによると、『人材派遣はヤバイ』とのことです。

ネオキャリアってよく営業くるけど、まじやばいって言ってるわ…

人材系はレッドオーシャンすぎてそもそもやばいんやと思うけど、その中でも印象的には一番やばい。

何がやばいかは想像してください。

Twitter

辞めた人…悪口言いたい放題

こちらの引用主さんによると『残業代がつかない』とのことです。

ネオキャリアの方がブラック。

終電まで残業しても18時に退社したということにされちゃうらしい。

しかも管理の方がね

だから離職率高いんだよと言いたいけどね←。私なら激おこだわ。

ちなみにネオキャリア辞めた人みんなして悪口言い放題

Twitter

エージェントの人…忙しそう

こちらの引用主さんによると『エージェント担当者は、かなり忙しそう』とのことです。

ネオキャリアっていう就職エージェントを利用してたんだけど、エージェントの人がかなり忙しそうでvorkersの平均残業時間80時間は本当なんだなと感じた

Twitter

エージェントは休日出勤もある

こちらの引用主さんによると『エージェント担当者が社畜自慢している』とのことです。

ネオキャリアのエージェントは自分の前職ブラック自慢、「僕は今のところでも喜んで休日出勤してますよ」とか自分語り社畜自慢、

ちゃんと働きつづけられる環境を探して転職活動してるのに「とりあえず嫌なところでも数年働き続けましょう(意訳)」、IT保守とか契約社員とかいかにもアレな求人しかよこさない

Twitter

人材派遣の離職率ハンパない

こちらの引用主さんによると『人材派遣の離職率はハンパない』とのことです。

学生の時の先輩はネオキャリア辞めるの待ちで、辞めるのに時間かかった言うてた

人材の離職率半端ない

Twitter

イチオシ『総合転職』エージェント3選【無料】

転職エージェントは『自分で求人探すのは大変』といった方向けです。

担当者が条件に合った求人を探し〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれる無料で利用できる便利なサービスです。

  1. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数『トップ級』、『10万件以上』の非公開求人を保有、専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント

イチオシ『第二新卒』転職エージェント3選【無料】

『就活の限界を感じている』方向けです。強力なサポートとなって、条件に合った求人を見つけてくれ〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉など、内定獲得へのサポートを行ってくれる便利なサービスです。

  1. UZUZ
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、専任アドバイザーがサポート
  2. DYM就職
    ⇒優良企業『2,500社以上』、サービス満足度『90%』専任アドバイザーがサポート
  3. 就職Shop
    ⇒最大手リクルート運営、登録企業『10,000社以上』、専任のアドバイザーがサポート

オススメ『介護職』派遣会社3選【無料】

こちらは、介護職に特化した派遣会社となっています。

  1. きらケア介護派遣
    ⇒時給1700円の『高時給求人』や『給料前払いサービス』、初任者・実務者研修『0円』取得あり
  2. かいご畑
    ⇒初任者・実務者研修を『0円』取得、週3~可能
  3. MC─介護のお仕事
    ⇒『1日単位・短期・長期』の派遣求人豊富、『給料前払いサービス』あり

まとめ

以上、ネオキャリアについて解説しました。最後におさらいとしてサクッっと本記事をまとめておきます。

  • 人材コーディネーター・営業職は離職率が高い
  • 事務職は離職率が低い
  • ネオキャリア内の業種によって評判が違う
  • 成績次第で年収600万円以上可能

ネオキャリアの離職率は高めですが、結果主義なので、すぐに出世できるメリットがあります。

また、営業職では実力次第で入社1年目から年収600万円以上も見込めます。

「安定より成功をつかみ取りたい」こういった猛者には、オススメできる会社です。

【追記】就活生へ

こちらのサイトは非常に有益なので参考にしてみてください。

参考記事ネオキャリアの新卒採用・就活情報 – みん就(みんなの就職活動日記) (nikki.ne.jp)

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です