ネットワークエンジニア「やめとけ」就職前に知っておくべき3つの理由

「ネットワークエンジニアとして働きたいけど、やめたほうがいいの?」

『ネットワークエンジニア』とググると関連キーワードに『やめとけ』『きつい』といったネガティブな単語が表示されます。

一体、何が原因で『ネットワークエンジニア やめとけ』と表示されるのか、気になりますよ。

そこで、本ページにおいて、ネットワークエンジニア「やめとけ」といわれる真相を解説していきます。

なお、本ページは、ITエンジニア経験のあるライターさんに執筆して頂いています。ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • ネットワークエンジニアの仕事内容
  • ネットワークエンジニア「やめとけ」といわれる3つの真相
  • ネットワークエンジニアとして年収を上げるプロセス
  • ネットワークエンジニアに向いている人の特徴

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、ネットワークに関する設計、構築、運用・保守を行うスペシャリストです。主な仕事内容は以下の3つになります。

  1. 設計
  2. 構築
  3. 運用・保守

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1設計

クライアントからヒヤリングをした後、ネットワークシステムの基本設計を行います。

具体的には、ネットワークの構成やネットワーク機器の選定を行います。この際、ネットワークの維持コスト算出や構築までの計画スケジュールも決定します。

2構築

ここでは、実際にネットワーク機器を設置した後、ケーブル類を配線します。

また、各種アプリケーションのインストール作業も行います。ネットワーク構築後は正しく動作するかの確認テストも行います。

3運用・保守

ネットワークシステムは一度構築すればそれで完了というわけでなく、適時、システムの改修作業を行います。

また、システムの維持管理として24時間体制でシステムの保守業務もネットワークエンジニアの重要な仕事です。

多くの場合、保守専任のエンジニアがクライアント先に派遣されて保守業務を担当します。

インフラエンジニアは底辺?他業種と比較した『年収』を大公開。 『地獄?』インフラエンジニア「やめとけ」と言われる3つの原因

ネットワークエンジニア「やめとけ」就職前に知っておくべき3つの理由

IT業界は人工知能や5G等の新技術を活用したITサービスが好調でエンジニアの給与は高く将来性のある職種である、といわれています。

一方で、ネットワークエンジニアもIT業界の一員ですが、業務内容によって精神的な負担が大きい面もあります。

このため、ITエンジニアの中にはネットワークエンジニアを否定的に見る人も少なくありません。

そこで、ここでは、ネットワークエンジニアを否定的に見る「やめとけ」といわれる理由を3つご説明します。

  1. 勤務シフトが不規則
  2. トラブル対応が厳しい
  3. 給与が上がらない

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1勤務シフトが不規則

ネットワークエンジニア「やめとけ」といわれる1つ目の理由『勤務シフトが不規則』な点です。

システムの保守業務を担当した場合、365日24時間体制でシステムの監視を行います。

この際、数人のチームで勤務シフトを組んで保守業務を行います。

勤務シフトは公平性を重視して日勤2日、夜勤1日、夜勤明け1日、休日2日というパターンが一般的です。

この結果、不規則な勤務シフトから生活リズムを崩して体調不良から退職する人も少なくありません。

2トラブル対応が厳しい

ネットワークエンジニア「やめとけ」といわれる2つ目の理由『トラブル対応が厳しい』点です。

システム保守業務でトラブルが発生した場合、深夜であっても最短時間で復旧に向けた作業をしなければなりません。

一般的にトラブル発生時に初期対応した人が最後まで面倒を見るルールになっているケースが多いようです。

このため、トラブル発生から復旧まで20時間を要したとのエピソードもあります。

さらに、トラブル処理の完了後は報告書の提出が必要です。この書類には再発防止策を記述しますが、記載内容に頭を悩ませることが多いです。

3給与が上がらない

ネットワークエンジニア「やめとけ」といわれる3つ目の理由『給与が上がらない』点です。

ネットワークエンジニアは、一般的な会社員より給与が高い、と言われています。

たしかに、上流工程の開発に携わるエンジニアは年収が高いです。これはシステム開発費という売り上げを自社に利益として貢献してくれるからです。

これに対してネットワークエンジニアでもシステム保守業務はクライアント先の経費で賄われています。

したがって、クライアント先に保守費用の値上げをするのが難しいため、自社の利益に貢献することができません。

この結果、保守業務を担当する人は給与が上がらないケースが多いです。

ネットワンシステムズはヤバい?『年収が高い理由』『評判』について解説

ネットワークエンジニアとして働く3つのメリット

前項ではネットワークエンジニアの否定的な意見を述べて来ました。しかしながら、どの職種もデメリットばかりでなく、必ずメリットがあります。

そこで、ここでは、ネットワークエンジニアとして働くメリットを3つご説明します。

  1. 社会貢献を実感できる
  2. 手に職を付けられる
  3. 高収入を狙える仕事である

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1社会貢献を実感できる

例えば、鉄道システムのプロジェクトに参加した場合、完成までに3年以上に及ぶケースもあります。

この間、数百人のエンジニアがひとつの目標に向かって開発業務を遂行します。

多くのエンジニアが一堂に会してシステムが出来上がって行く過程を見守れるのは感慨深い感動を味わえます。

また、このような大規模プロジェクトはマスコミからの注目度も高く、各メディアが報道しますので、やりがいを持って仕事ができます。

さらに、システムが完成した暁には、社会貢献を実感することができる数少ない仕事です。

2手に職を付けられる

ネットワークエンジニアは、例えると、医者や弁護士と同様のスペシャリストです。

プロジェクトを引っ張る一人前のネットワークエンジニアになるためには約10年程のキャリアが必要になります。

この間、手を緩めず技術や知識を吸収することで誰からも信頼されるエンジニアに成長します。

この段階まで到達すると、どの企業にも通用する知識とスキルを持った専門職と言って良いでしょう。

3高収入を狙える仕事である

前述した通り、一人前のネットワークエンジニアになるには10年程の下積み生活が必要になります。

しかしながら、下積み生活を終えたエンジニアの数は必然的に少ないため、年収も高くなります。

特に、10年以上の現場経験を積むと様々な環境に携わっているため、希少価値の高いエンジニアとして重宝されます。この結果、年収も年々増加します。

客先常駐が地獄と言われる3つの理由-ITエンジニアが徹底解説

ネットワークエンジニアとして、年収を上げるための3つのキャリアパス

ネットワークエンジニアも中堅になり、家族を持つようになると自己の将来を考えるようになります。

そこで、ここでは、ネットワークエンジニアが年収を上げるための最適なキャリアパスを3つご紹介します。

  1. クラウドエンジニア
  2. プロジェクトマネージャー
  3. セキュリティエンジニア

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1クラウドエンジニア

これまでのシステム開発は自前でサーバー機器やネットワーク環境を構築するオンプレミス開発でした。

このため、実在するサーバー機器やネットワークケーブルの配線を接続する必要があるため、ネットワークエンジニアが必要不可欠でした。

しかしながら、インターネットを介して仮想サーバーやネットワーク環境を提供するクラウド開発が台頭したことにより、これからのシステム開発はサーバー機器やネットワーク環境を構築する必要が不要となりました。

今後、システム開発はクラウドサービスが主流化するため、ネットワークエンジニアはキャリアパスとしてクラウドエンジニアを目指すのが良いでしょう。

2プロジェクトマネージャー

新卒から一貫してネットワークエンジニアに従事しても、やがて30代半ばになると年収は頭打ちとなります。

そこで、さらに、自分のキャリアを高めて年収を上げるため、プロジェクトマネージャーを目指す選択肢もあります。

プロジェクトマネージャーは、開発プロジェクトが納期通りに完成するため、技術者の取りまとめをする仕事です。

マネジメント能力に長けているのはもちろんですが、各メンバーの得意なところを引き出して成果に繋げることのできる能力も必要不可欠です。

3セキュリティエンジニア

社会が高度化して行く中、企業の持つ顧客情報や機密情報をサイバー攻撃から守るニーズが高まっています。

この高まるニーズを担うスペシャリストがセキュリティエンジニアになります。

万一、企業の情報が漏洩した場合、企業ダメージが大きいため、多くの企業がセキュリティ対策に関心が高いです。

したがって、セキュリティエンジニアの需要は高く将来性のある職種です。

セキュリティエンジニアになるためにはネットワーク知識やスキルに加えて高度なセキュリティスキルが必要不可欠です。

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴【3選】

ここでは、ネットワークエンジニアに向いている人を以下に3つご紹介します。

  1. 物事をやり遂げる忍耐力のある人
  2. 休日や深夜の作業が苦にならない人
  3. コミュニケーション能力の高い人

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1物事をやり遂げる忍耐力のある人

ネットワークエンジニアの業務のひとつとしてシステムの保守/運用があります。

常時、システムを監視して正常に稼働していれば問題ありません。

しかしながら、万一、トラブルが発生した場合、トラブルシュート(故障診断)を実施してシステムの速やかな復旧を行います。

現象から発生確率の高いところを特定した後、機器類の交換やソフトバグであればプログラマーに支援をお願いします。

自分の技術領域外の対応も必要となるため、絶対復旧させるという信念と忍耐力を持った人が向いています。

2休日や深夜の作業が苦にならない人

ネットワークエンジニアの業務領域はサーバー機器やネットワーク環境を構築することであるため、クライアント先に迷惑が掛からないように休日や深夜の作業になるケースが多いです。

また、納期の厳しいプロジェクトの場合、ネットワークエンジニアは常時、夜間業務になることもあり、家族との時間が取れない期間もあります。

3コミュニケーション能力の高い人

ネットワークエンジニアは実際のハード機器類を繋ぎ、動作確認までを担当します。

この際、トラブル発生時にプログラマーやSEなどのエンジニアと故障箇所の特定や不具合対応等と一緒になって進める必要があります。

したがって、ネットワークエンジニアはコミュニケーション能力の高い人が向いています。

イチオシ『IT』転職エージェント3選【無料】

こちらは『求人探すの大変…』といった方向けです。

担当者が、条件に合った求人を探し、〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれます。

「経験者」限定

  1. レバテックキャリア
    ⇒保有求人『7000件以上』、うち8割以上が『年収600万円以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. メイテックネクスト
    ⇒年間『8,000名』が利用、IT優良企業の非公開求人を多数保有、専任スタッフがサポート
  3. マイナビITエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート

「未経験者」限定

  1. ウズキャリIT
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、IT講師による学習サポートあり
  2. DYM就職IT
    ⇒就職成功率『96%』、優良企業『2,000社以上』、プロのITエンジニアがサポート
  3. マイナビエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート

「新卒者」限定

強力なサポートとして、内定獲得への支援を行ってくれる便利なサービスです。

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニア『ナンバー1』、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. dodaキャンパス
    ⇒登録学生『320,000名以上』 登録企業数『6,200社以上』 自分にあったオファーが届くサービス
  3. キャリアチケット
    ⇒1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)『60,000名』の就職支援をしてきたアドバイザーが専任でサポート

まとめ

以上、「ネットワークエンジニア やめとけ」といわれる理由について解説しました。最後に、本ページのおさらいとして「ネットワークエンジニア やめとけ」と言われる理由をサクッとまとめておきます。

  1. 勤務シフトが不規則
  2. トラブル対応が厳しい
  3. 給与が上がらない

ネットワークエンジニアは大変な仕事ですが、やりがいのある仕事でもあります。

また、将来的なことを考えると、クラウドエンジニアやセキュリティエンジニアを目指すと良いでしょう。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です