初任者・実務者研修を0円取得- 4つの方法

【ニートにオススメ】介護職に向いてるのは、こんな人!

私って介護職に向いているのかな?

現在、介護職の方、あるいは介護の仕事に興味がある方、「自分の性格は介護職として向いているのか?」と気になるところです。

そこで、特養での仕事経験があり、何人も介護士を見てきた私が介護士に向いている性格はどういう性格なのか、解説したいとおもいます。

また、ニートの方も介護の仕事で就職可能なのか、最適に就職する方法を紹介していきます。

介護職に向いている性格とは

では、介護職に向いている方はどのような性格なのか紹介します。

向いている性格

  • 1.聞き手が上手な人
  • 2.優しい性格
  • 3.切り替えが上手い人
  • 4.忍耐力のある人
  • 5.感情のコントロールが上手い人

1.聞き手が上手な人

「自分を話しをすることより聞くのが好き」という方は介護職に向いていると言えます。

介護職として大事なのが、相手の意見をしっかり聞けること。

利用者さんが、なにを訴えたいか、あるいは何をしてもらいたいか、を聞けることが大事になってきます。

聞くのが上手い人は相手の言葉だけでなく、表情を読み取ったり、タイミングの良い相づちを打つことが得意です。

聞くのが上手いだけでも高齢者の方から信頼されるので、介護士として働きやすくなるでしょう。

まる

介護の仕事をしている人はムードメーカーな方も多いいんですよ。

2.優しい性格

介護士として働く場合、対象となるのは高齢者ですが、普段街中にいる高齢者とは少し違い、病気だったり、身体に障害を持っている方が多いので、悩みが必然的に多くなりま

す。

悩んでいる高齢者に対して、寄り添える心の優しさを持っている人が介護士として向いています。

良く言われるのが「優しさだけでは介護はできない。」と言われます。

確かに優しいだけでは仕事が成り立たない場面もありますが、介護をする大前提で「優しさ」をまず持っていないと介護士として働くのは難しいのかもしれません。

3.切り替えが上手い人

仕事のONとOFFの切り替えができる方は介護職に向いています。

人を相手にする仕事なので、良い事ばかりではなく悪い事もあります。

認知症の高齢者は暴力や暴言を吐いたりすることもあり、高齢者の家族にクレームを言われることもしばしば起こります。

そうなった場合、マイナスの感情が生まれてしまいますが、それは仕事なのだと割り切っていく必要があります。

割り切れないでいると、私生活にも悪影響を及ぼしかねません。

そのためONとOFFの切り替えが上手い人の方が介護士として向いていると言えるでしょう。

まる

介護職はある意味でサービス業なので、やはりクレームもあります。

4.忍耐力のある人

仕事のONとOFFの切り替えとちょっと似ていますが、介護の仕事は忍耐力が必要な仕事です。

高齢者からの暴言や暴力に対して、耐える力というのが必要になります。

また、介護の仕事は結果がすぐには出ません。

例えば、足の筋力を取り戻そうとケアをしたとしても、筋力を取り戻すまでには時間がかかりますし、その時間の中で失敗をしてしまい、今までの苦労が水の泡なんてこともあり得ます。

どの仕事にも言えることですが、人を相手にする仕事なので、気長に待つ忍耐力というのが大事になってきます。

5.感情をコントロールできる人

嬉しい時や楽しい時に笑うに感情を出せる人は介護士に向いています。

高齢者と接することで、嬉しい、楽しいというプラスの感情は相手にも伝わります。

逆に悲しい感情も相手に伝わってしまうので、そこを抑えられるかどうかが重要になります。

しかし、自分の感情を上手くコントロールできる方は高齢者の介護をする上で主観的にも客観的にも物事が見えるので、非常に大事な性格です。

まる

以上になりますが、介護の仕事に携わっている方は「気が優しい」という方が目立ちますね。

関連記事

現在、働いている方必見です↓↓↓↓

【給料が上がる?】介護職員初任者研修や実務者研修を働きながら取る方法・費用を解説

【ニートの方にアドバイス】就職する最適な方法

仕事を辞めて現在ニート生活をしている方へ、介護士として働くための最適方法を紹介します。

まず、介護の仕事は人手不足なので、他業種より就職しやすい現状です。

そのため、事業所側も働き手を探すのに必死になっており、面接に来た人をすぐ採用することが多いです。

まる

無資格からでも仕事が始めれるので、就職しやすいですよ。

私も以前面接官を経験していましたが、そこで重要になるのは学歴や職歴よりも介護の仕事にやる気があるのか、今後どのような仕事をしていきたいのかを重要視していました。

しかし、誰でも就職できるからと言って面接対策をしていない人は落ちる可能性もあります。

自分の志望動機や働く意欲を示さないと雇用する側も「すぐに辞めるのでは?」と判断され、就職しにくくなるので、面接対策はしっかりするようにしてください。

関連記事

面接や志望動機の参考にしてみてください↓↓↓↓

【究極の例文を紹介】介護職、パートや未経験者の志望動機、面接、履歴書でのアドバイス

介護資格を取得して就職するべき

現在、ニートの方は介護資格を取得して就職することをオススメします。

介護資格はたくさんありますが、一番初めに取得するべきなのが介護職員初任者研修です。

まる

この資格を持っていると年収で30万円ほど上がるので、就職する前に必ず取得してくださいね。

でも、お金がかかるよね?

通常はお金がかかりますが、ニートの方は無職ということになるので、ハローワークの職業訓練校で無料で取得することができます。

ただし、面接や適性テストを行い、1割程度は不合格になります。

仮に不合格になった方はカイゴジョブアカデミーなど民間の介護資格スクールで条件付きで無料取得する方法もあります。

詳しくはこちらを参考にしてみてください↓↓↓↓

関連記事

介護資格を無料で取得するオススメ方法です。

知らないと損!(介護職員初任者研修・実務者研修)介護資格を無料で取得する【4つの方法】

まとめ

  • 介護職に向いている方は優しい人
  • 介護職はニートの方にもオススメ

介護士に向いている方の性格を紹介しましたが、「介護の仕事をしよう!」と思っている時点で介護の仕事に向いていると思います。

まる

「さいごに何言ってんだ!」とおもうかもしれませんが、最初は誰でも1年生なんですよね。

なので、向いているかどうか、やってみないとわからないので、とりあえずチャレンジしてみると良いでしょう。

現在介護職で働いている方へ

また、現在、働いている方で「私は介護職に向いていないのでは?」と悩んでいる方はその職場が合わないだけなのかもしれません。

介護職でも老健もあれば、特養、有料老人ホーム、サービス高齢者住宅、デイサービス、訪問介護など様々な仕事があります。

まる

おもいきって他の職場に転職するのもいいでしょう。

転職・就職を考えている方へ、介護職のブラック施設に就職しないためにこちらのツールを利用すると良いです。

関連記事

離職率を調べることが一番の方法です↓↓↓↓

離職率・施設情報を検索できる-ブラック介護施設を見抜くツールの使い方を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。