オファーボックスで内定率は上がる?その真相を体験者の評判と合わせて徹底解説

「オファーボックス経由でオファーが来た企業だと内定率アップするの?」

「オファーボックスの体験者の口コミを知りたい」

本ページでは、上記の疑問をお持ちの方向けに、内定率の真相、SNS上の体験者によるリアルな評判を『内定』『オファー機能』『登録企業』『会いたい機能』の項目に分けて紹介します。

オファーボックスの3つの特長

公式HPhttps://offerbox.jp/

はじめにオファーボックスの特長について簡単に紹介します。

オファーボックスの特長として以下の3つあります。

オファーボックスの特長

  1. 大手からベンチャーまで、10,000社以上が登録
  2. オファー受信率が高い
  3. 独自の適性診断ツールが利用できる

では、それぞれの特長の詳細を紹介していきます。

大手からベンチャーまで、10,000社以上が登録

オファーボックスに登録している企業は10,000社以上あり、大手企業だけでなく、中小企業、ベンチャー企業、官公庁が登録しています。

また、オファーボックスは学生からの評価も高く、口コミ経由で登録者数も年々増加し、現在では361,000人の学生が利用しています。

登録企業データ

公式HPhttps://offerbox.jp/

オファーボックスに登録している企業データを見てみると、上場企業が約1割を占め、未上場が約9割です。

また、業種別では、情報通信(IT)が約2割を占め、サービス、卸・小売業、建設、電気・機械の順で占めています。

大手企業一覧

オファーボックスに登録している大手企業では、サイト内に以下の企業が載っています。

  • 資生堂
  • マイクロソフト
  • ニトリ
  • JCB
  • 朝日新聞
  • グリー
  • セコム
  • 日産自動車

また、オファーボックスに経済産業省も登録しています。

オファー受信率が高い

公式HPhttps://offerbox.jp/

オファーボックスではオファー受信率が高く、登録学生のプロフィール80%以上入力だと、企業からのオファー受信率93.6%になります。(2020年卒実績)

また、プロフィール入力80%完成の学生が受け取る平均オファー数は11通で、プロフィール入力90%の学生では平均約18通も受け取っています。

一方で、プロフィール入力の完成率が低いとオファー件数が少なくなります。なので、プロフィール入力はしっかり行いましょう。

独自の適性診断ツールが利用できる

公式HPhttps://offerbox.jp/

オファーボックスを登録している学生は、独自の適性診断ツールが利用できます。

累計100万人の診断結果に基づき、『基礎力』『リーダー力』など、25項目の診断を行えます。

この診断結果に基づいて、自己PR作成も作成でき、志望業界を見つけるヒントとして活用できます。

オファーボックス経由だと内定率は上がる?真偽を解説

 

オファーボックス経由だと内定率が上がるの?と疑問をお持ちの就活生もいることでしょう。

結論から述べると、オファーボックス経由で選考を受けても内定率は同じです。

ただし、オファーボックスでは、企業側が就活生のプロフィールを見て、オファーする就活生を絞っているので、書類選考なしで選考を受けられる企業はあります。

書類選考ナシで面接に進められるメリットはありますが、面接通過率はオファーボックス経由・他経由とも同じです。

オファーボックスの体験者による忖度なしの評判

オファーボックスの特長をお伝えしましたが、実際に体験した就活生による評判も気になるかと思います。

そこで、オファーボックスを体験した就活生による忖度なしの評判を以下の4つの項目別に紹介します。

  • 内定について
  • オファー機能について
  • 登録企業について
  • 『会いたい』機能について

では、それぞれの項目の評判コメントを紹介していきます。

内定について

オファーボックスの内定に関する評判内容では、「内定獲得できた」「選考で落ちた」「内定して1万円分のアマゾンギフト券をもらった」といったコメントが多く見受けられました。

志望業界ではないが、内定もらえた

オファーボックス経由で内定もらえた〜。全然志望業界じゃないけど、とりあえずニート回避、、、

Twitter

内定承諾したらギフト券もらえる

わたしもオファーボックスで内定もらったよん!

内定決まったら、ギフトもあるからおすすめ

Twitter

IT企業から内定もらえた

そいや内定2個目いただきました….!

オファーボックスからの企業(日系IT)で、ほぼ1ヶ月の間にGD→面接→面接で決まった!

まじで逆オファー型の文章しっかりさせたら、直接本選考オファー来るからオススメ!!!

Twitter

SPIで落ちた

オファーボックスでオファーきて、書類通って一次面接通過したのにSPIで落ちた、、

無駄に持ち駒を減らしてしまった、、勉強しとけばよかった

Twitter

内定もらえなかった

オファーボックスでオファーもらってすごいいいなって思って選考頑張ったのに内定もらえないし、もう働きたくありません。

Twitter

オファー機能について

公式HPhttps://offerbox.jp/

オファー機能に関する評判内容では、「オファー数が多い」「オファー数が少ない」「オファー企業から連絡が来ない」といった声が多く見受けられました。

オファー数は、希望業種や学歴によって変動するので、オファー数が多い就活生もいれば、少ない就活生もいます。

また、プロフィール入力率を増やすと、オファー数も増えるので、プロフィール欄を埋めるようにする必要があります。

オファー数が一桁

オファーボックス、Fランだからなんなのか分からんけど、オファー数未だに一桁なの笑える

Twitter

オファーめっちゃ来る

週末にオファーボックス半信半疑で登録してみたけど、オファーめっちゃくるやん。内定くれるんですか????????

Twitter

オファー企業から音沙汰なし

オファーボックス登録してたら企業から案内来たりしてめちゃくちゃありがたいんだけど、たまに連絡受けてその後全く音沙汰ない企業あるのなに

Twitter

選考で落ちた企業からオファーが来た

履歴書で落ちた企業からオファーボックスとかでオファー送られると複雑な気分になる

履歴書で落としたんお前やないかいってなるわ

Twitter

登録企業について

公式HPhttps://offerbox.jp/

オファーボックスの登録企業に関する評判では、「中小企業の割合が高い」「高年収の大手からオファーが来た」「ブラック企業からオファーが来た」というコメントが多く見受けられました。

オファーボックスの登録企業は中小企業がメインで、大手は約1割を占めています。

また、登録企業の中には、ブラック企業も混じっているようなので、オファーが来た企業をグーグル検索や企業口コミサイトで調べる必要があります。

オファーボックス経由だと内定率が上がる気がする

オファーボックスは内定取りやすい気がしました。

オファーしてくれる企業は中小やベンチャーが多いので、大手志望だと微妙かもですが、規模を気にしないならかなりおすすめです!

Twitter

年収高めの企業からオファーが来る

オファーボックスはそこそこ大手企業からもスカウトが来る。

一例として、俺は東京エレクトロン、トレンドマイクロとか年収高めの企業からスカウトが来てた。あとオープンハウスがしつこい

Twitter

某ブラック企業からオファーが来た

オファーボックスであんまりプロフィール埋めてないのに某ブラック企業からスカウトきたw

連休中なのにスカウト送ってる時点でブラック宣言してるようなものでは

Twitter

オファー来た企業がブラックっぽい

さっきオファーボックスから初めて企業オファーきて舞い上がってたけど、エゴサしていくうちにブラック企業の香りがプンプンしてきて絶望した

世の中やばすぎでしょ…平然とちゃんとした企業ですって感じでオファー送ってくるやん…物は言いよう……

Twitter

『会いたい』機能について

公式HPhttps://offerbox.jp/

オファーボックスの『会いたい』機能に関する評判コメントでは「会いたい送ってもオファーが来ない」というコメントが多く見受けられました。

「会いたい送ってもオファーが来ない」というコメントがほとんどなので、『会いたい』機能は役に立たない機能かもしれません。

『会いたい』ボタン押したら第一志望からオファーが来た

オファーボックスで『会いたい』押したら第一志望軍からオファーいただいた!!嬉しい

Twitter

『会いたい』押してもオファーが来ない

オファーボックス会いたい出しても1個もオファーこん

Twitter

『会いたい』送ったのにオファーが来ない

オファーボックスから企業が会いたがってますみたいなの来て、会いたい送ったのにオファーされへんやん笑

Twitter

オファーボックス登録~内定までの流れ

公式HPhttps://offerbox.jp/

続いて、オファーボックスを利用する際のプロフィール作成~内定獲得までの流れを解説します。

  • STEP.1
    登録・プロフィール作成

    登録企業からオファーが来るように自己PRやプロフィール写真 、アピールポイントを入力します。

    プロフィール入力率が高いと、オファー件数も上がるので、どの項目も埋めるように心掛けましょう。

  • STEP.2
    オファー獲得

    プロフィール入力を終えると登録企業からオファーが届き、採用担当者と選考などに関して質問等したい場合は承認ボタンを押します。

    承認すると、企業と直接メッセージのやりとりができ、選考日程など決めることができます。

    また、企業からの『検討中』の通知がある場合に限り、『会いたい』通知でアピールすることもできます。

  • STEP.3
    選考・面談

    オファーが来た企業から選考やインターンシップなどの案内が届きます。

  • STEP.4
    内定承諾

    無事に内定でき、承諾するとオファーボックスからお祝い金10,000円分のギフト券がもらえます。

以上、オファーボックスの評判について解説しました。

オファーボックスは登録企業も多く、適性診断ツールも利用でき、就活のサポートとなるので、ぜひ登録してみてください。

公式HPhttps://offerbox.jp/

最後に、オファーボックスと同様のオファー機能付きのスカウトサービスなどの就活支援サービス・就活エージェントをサクッと紹介します。

なお、就活エージェントは「自分で探すのは大変…」という就活生向けに専門アドバイザーが『ES添削』『面接対策』『面接日調整』など無料でサポートしてくれるサービスです。

では、就活支援サービス・就活エージェントに分けて紹介します。

おすすめ就活支援サービス【3選】

  1. irodasSALON(イロダスサロン)
    ⇒年間利用者数『13,000名』専任スタッフのサポート付きのコミュニティ型就活支援サービス
  2. キミスカ
    ⇒企業から個別にスカウトが届くスカウトサービス
  3. dodaキャンパス
    ⇒累計『668,000名』が登録、企業から個別にスカウトが届くスカウトサービス

専門アドバイザー付きのおすすめ就活エージェント【3選】

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニアに特化、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. キャリアチケット
    ⇒大手レバレシーズ運営、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート
  3. キャリセン就活エージェント
    ⇒累計6万人の就活生が利用、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート

複数のサービスを利用することによって企業選びの幅が広がるので、オファーボックスと併せて登録してみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。