客先常駐が地獄と言われる3つの理由-ITエンジニアが徹底解説

「客先常駐エンジニアって地獄なの?」

客先常駐エンジニアとは、簡単に説明すると自社を離れ、客先(クライアント先)に常駐して働くエンジニアです。

IT業界では、このような働き方をSESと呼ばれて、SIerによる客先常駐とSES企業による客先常駐があります。

近年、この客先常駐エンジニアが増えているわけですが、「客先常駐は使い捨て」「地獄」といった声が多く見受けられます。

なぜ?客先常駐が地獄と言われているのでしょうか。

そこで、本ページにおいて、客先常駐が地獄と言われている具体的な理由をITエンジニア経験者への取材をもとに解説していきます。

この記事でわかること

  • 客先常駐が多い理由
  • 客先常駐が地獄と言われる理由
  • 客先常駐で働くメリット
  • 客先常駐に向いている人の特徴

客先常駐エンジニアが多い3つの理由

はじめに、IT業界において、客先常駐エンジニアが多い背景と仕事内容について説明します。

IT業界は、客先常駐エンジニアが多いです。その背景は大まかに分けて以下の3点あります。

  1. 参入するのが容易
  2. 人材コストを軽減できる
  3. セキュリティ保護に適している

では、順を追って説明していきます。

1参入するのが容易

大規模な基幹システム開発を得意とするSIerは、多重下請け構造になっています。

この構造はNTTデータなど大手SIerを頂点に下請け企業、孫請け企業が支え合って成り立っています。

この結果、中小のSIerは大手SIerからの仕事を受注しますが、開発遅延のリスクも伴うため、得意領域のプロジェクト以外は手を出し難いです。

なぜなら、開発遅延は企業の信用度を落とすだけでなく、元請SIerから金銭のペナルティを課される恐れがあるためです。

これに対してSES企業は、客先にエンジニアを派遣するだけで定期的に報酬を得ることができます。

また、開発遅延のリスクは客先が請け負うため、資金力や技術力の乏しい企業でも容易にSESに参入できます。

2人材コストを軽減できる

企業で正社員を採用すると定期的に人件費が掛かります。

また、正社員は法律で雇用が守られているため、採用すると解雇が困難です。

さらに、社員には給料を払うだけでなく、交通費、社会保険料、福利厚生等を支払わなくてはなりません。

これらの人材コストが負担となるため、体力の無い企業は経営を圧迫する恐れがあります。

これに対してSES企業を活用すれば、正社員を減らして必要な時期だけ技術者を派遣して貰う方が人材コストを軽減できます。

3SESはセキュリティ保護に適している

大手SIerから委託される開発プロジェクトは大手の金融系企業や保険系企業であるため、個人情報を扱っています。

この結果、セキュリティ保護の観点を踏まえ、外部からのアクセスは不可能です。

したがって、客先の企業にエンジニアを常駐させて開発を行うケースが多いです。

零細SIerですと開発環境を整備するにも資金力が必要になるため、中規模のSIerとSES契約して自社の技術者を常駐させることもあります。

「SESは、やめとけ」と言われる4つの決定的な原因を解説 Sler「やめとけ」3つの根拠と失敗しないための企業選びを解説

客先常駐エンジニアの仕事内容

客先常駐エンジニアの仕事場所は多種多様ですが、最も多いのは基幹システムの開発現場です。

一般的に基幹システムを構築するためには2つの工程に区分されます。

1つ目は、客先からヒアリングを行って要件定義書と基本仕様書を作る上流工程です。

2つ目は、その後の基本設計から実体のシステムを開発、テスト、運用・保守を行う下流工程となります。

この過程で該当技術者の仕事内容は下流工程の仕事を担当することが多いです。

上流工程の仕事はプロジェクトを引っ張って行く経験と知識が無いと務まらないからです。

したがって、該当技術者の仕事内容は難易度の低いシステムのテストや運用/保守と言ったルーチン作業になるケースが多いです。

「文系出身からSEは、やめとけ」3つの理由を現役ITエンジニアが解説

客先常駐エンジニア「地獄」と言われる3つの理由

どんな仕事でも体験しないと真の姿は見えてこないものです。

ここでは客先常駐を経験した人の多くが地獄と言う理由を3つに絞ってご紹介します。

  1. 仕事環境の変化が激しい
  2. 研修をせず、客先常駐させる企業もある
  3. 開発環境が悪い

では、順を追って説明していきます。

1仕事環境の変化が激しい

SIerやSES企業の客先常駐エンジニアでは、プロジェクト毎に客先が変わります。

大規模プロジェクトでは3年間というのもありますが、一般的には1年ごとに客先が変わります。

つまり、職場が変わり続けることで、時には長距離通勤となり、2時間も満員電車に乗って出勤することもあります。

また、職場によっては自宅から通勤できないケースもあります。

この場合はウィークリーマンションやビジネスホテルを手配する必要もあり、住環境の変化が精神的な負担となります。

さらに、職場によって出勤時間が変わりますので、これに伴って起床時間も変化するため、生活リズムが狂って身体が不調となることもあります。

2研修をせず、客先常駐させる企業もある

企業によっては、入社間もないITエンジニア未経験者が客先に派遣されるケースがあります。

たしかに、未経験者でもできる評価補助やデータ入力等の仕事もありますが、プログラミング経験がないのは精神的な負担が大きいです。

職場に同じ会社の先輩でもいれば相談もできますが、1人派遣の場合は相談できる人もなく、最悪、退職するケースもあります。

3開発環境が悪い

客先で支給されるパソコンが旧モデルで動作が遅かったり、開発ツールが整っていないケースがあります。

開発環境が悪いと業務効率が低下するだけでなく作業ミスにも繋がります。

ただでさえ、職場は寄せ集めで人間関係を構築するのも大変です。さらに開発環境が悪いと精神的な負担も大きいです。

【保存版】SES企業の大手一覧【25社】まとめ 社内SE「やめとけ」就職前に知るべき3つの理由-ITエンジニアが解説

客先常駐エンジニアとして働く上での3つのメリット

これまでの記事内容から客先常駐についてネガティブイメージをお持ちだと思いますが、ここでは客先常駐エンジニアとして働くメリットを3つに絞ってご説明します。

  1. 他社のエンジニアと交流できる
  2. 様々な開発現場を経験できる
  3. プライベートを充実できる

では、順を追って説明していきます。

1他社のエンジニアと交流できる

様々な現場で働く客先常駐エンジニアは、多くのエンジニアと交流を持つことができます。

会社が異なるということは社風も異なるため、有効な知識を学ぶことでバイタリティ溢れるエンジニアに育つことが可能です。

さらに、多くのエンジニアと交流することで人脈を作るチャンスを得られます。

2様々な開発現場を経験できる

客先常駐エンジニアは様々な開発現場を巡ることになります。このため、自社で働くエンジニアより、数多くの現場を経験することができます。

現場が変われば客先も異なるので、開発スタイルも変わります。この結果、客先常駐エンジニアは臨機応変さを身に付けることも可能です。

3プライベートを充実できる

IT技術者は常に不足しているため、どの企業のエンジニアも残業が付き物です。

これに対して客先常駐エンジニアは客先(クライアント先)が労働時間を管理している契約が多いです。

このため、残業時間が増えれば客先の負担が増えることになります。したがって、客先常駐エンジニアの場合、残業は比較的少ないケースが多いです。

この結果、プライベート時間が増えて充実した生活を送ることができます。

客先常駐エンジニアに向いている人の3つの特徴

次に客先常駐エンジニアには、どんな人が向いてるのかを3つご説明します。

  1. フリーランスを目指している人
  2. 正社員を目指している人
  3. 未経験から現場経験を積みたい人

では、順を追って説明していきます。

1フリーランスを目指している人

ITエンジニアの夢としてフリーランスエンジニアになることが挙げられます。

高収入を得られるだけでなく、経営者としてステータスの高い職種だからです。

このフリーランスを目指すのでしたら客先常駐エンジニアは適職と言えます。

理由として様々な客先を経験することで多くのエンジニアと人脈を築くことができるからです。

この人脈の中には現役のフリーランスエンジニアも含まれています。

したがって、フリーランスエンジニアと仲良くできれば、将来役に立つ営業方法やスキルアップ方法などの経営手法を学ぶことも可能です。

2正社員を目指している人

不本意な派遣社員や契約社員として働き、将来が見渡せずに不満を抱いている人も数多く存在します。

このような環境に置かれた方は客先常駐エンジニアをオススメします。

客先常駐エンジニアを派遣するSES企業は、SIer業界で必要不可欠な存在であり、自社開発企業よりも採用基準も低いため、正社員になる可能性が高いためです。

3未経験から現場経験を積みたい人

キャリアチェンジをする場合、未経験の場合だと、多くのIT企業では30歳未満でないと採用されません。

しかしながら、30歳を超えてITエンジニアを目指す人は、取っ掛かりとして客先常駐エンジニアになることをオススメします。

SES企業では30歳を超えた未経験者であっても採用に繋がることも多いです。

採用を掴んだ後に経験を積んで次なるステップアップを目指しましょう。

未経験でプログラマーに転職「きつい」3つの理由をベテランが解説 『地獄?』インフラエンジニア「やめとけ」と言われる3つの原因

まとめ

以上、客先常駐が地獄と言われる理由について解説しました。

大手SIerでも自社社員に客先常駐を任せることがありますが、その場合には数年で自社勤務になることがほとんどです。

その場合にはキャリアアップすることができる環境になります。

しかし、SES企業に就職した場合には一生、客先常駐で働くことになります。

エンジニア経験者でSES企業に入社することは良いことですが、エンジニア未経験者で就職した場合には、最悪、技術が身につかない雑用ばかりをさせられることがあります。

なので、SES企業を選ぶ際には、研修が充実している大手SES企業を選ぶと良いでしょう。

そして、キャリアアップしたい方はスキルを身につけ、2、3年でSIerや自社開発に転職することをオススメします。

イチオシ『IT』転職エージェント3選【無料】

『求人探すの大変…』といった方向けです。

担当者が、条件に合った求人を探し、〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれます。

「経験者」限定

  1. レバテックキャリア
    ⇒保有求人『7000件以上』、うち8割以上が『年収600万円以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. メイテックネクスト
    ⇒年間『8,000名』が利用、IT優良企業の非公開求人を多数保有、専任スタッフがサポート
  3. マイナビITエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート

「未経験者」限定

  1. ウズキャリIT
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、IT講師による学習サポートあり
  2. DYM就職IT
    ⇒就職成功率『96%』、優良企業『2,000社以上』、プロのITエンジニアがサポート
  3. マイナビエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート

「新卒者」限定

強力なサポートとして、内定獲得への支援を行ってくれる便利なサービスです。

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニア『ナンバー1』、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. dodaキャンパス
    ⇒登録学生『320,000名以上』 登録企業数『6,200社以上』 自分にあったオファーが届くサービス
  3. キャリアチケット
    ⇒1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)『60,000名』の就職支援をしてきたアドバイザーが専任でサポート
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です