現役エンジニアが解説|プログラミングスクール「やめとけ」と言われる3つの理由

「プログラミングスクールって無駄なの?」

プログラミングスクールの評判はSNSやユーチューブに数多く掲載され、中には「無駄だから、やめとけ」といった否定的な意見も見受けられます。

たしかに、プログラミングスクールの中には悪質なスクールもあり、実践で役に立たない知識を教えられることもあります。

そこで、本ページにおいて、プログラミングスクール「やめとけ」と言われる理由を深堀し、悪質なスクールを選択しないためのスクール選びについて解説していきます。

なお、本ページは現役SEの肩書を持つライターさんに執筆していただいています。ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • プログラミングスクール「やめとけ」と言われる3つの理由
  • プログラミングスクールで学習する3つのメリット
  • 優秀なプログラミングスクールの見つけ方

プログラミングスクールの特徴

昨年度から小学校の授業でプログラミング教育が必須となリました。これに伴い、就職、転職希望者を中心にプログラミング言語の習得が注目されています。

そこで、ここでは、プログラミング言語を学べるスクールの特徴として費用と学べる言語の種類をご説明します。

プログラミングスクールの費用

一般的なプログラミングスクールの授業料金は3か月で20万円〜30万円です。

また、完全マンツーマンだったり、好きな時間に受講できたりと受講者メリットの高いサービスを提供するスクールは、さらに高額で3か月で50万円〜60万円します。

プログラミングスクールで学習できる言語

世界に存在するプログラミング言語は約250種類あると言われています。

これだけ多くの言語の中からスクールで学べる言語はビジネスで使える市場ニーズが高い言語となります。

そこで、ここでは、ITの開発現場で人気の高いプログラミング言語を4つに絞ってご紹介します。

主な活用分野は様々なWebサイトやWebサービスの開発です。現在、最もビジネスとしてニーズが高い言語であることに間違いありません。

 Python

Pythonのコード体系はシンプルでプログラミング初心者に向いている言語です。扱い易いコードであるため、様々な分野で用いられています。

主な活用分野はAI(人口知能)、ディープラーニング、IoTの開発です。

PHP

PHPはHTML制作やWebページを生成する際に使われるサーバーサイドの言語です。

例えば、ユーザー操作に基づいて画面を映し出したり、データーベースから解析結果を引き出して返信することができます。

PHPを扱うサイトやコミュニティも多く、初めて学ぶには適したプログラミング言語と言えるでしょう。

Ruby

Rubyは日本人が初めて開発したプログラミング言語です。

コードがシンプルで最も初心者に適した言語と言われています。日本人が開発した言語であるため、Rudyに関する書籍やスクールも数多く存在します。

また、「Ruby on Rails」というフレームワークを使うことで短時間でアプリケーションサイトの開発が可能となるため、多くの開発現場で重宝されています。

主な活用分野はWebアプリケーション、ショッピングサイトの開発です。

Java

Javaは汎用性が高く、セキュリティにも強いことから世界中で利用されている言語です。

また、処理速度が速く安定性が高い言語であるため、基幹システムや組み込み家電でも使われています。

一方で高性能なプログラミング言語であるため、コードも複雑で初心者には難解に感じるかもしれません。

主な活用分野はWebアプリケーション、Webサービス、スマホアプリの開発等です。

プログラミングスクール「やめとけ」と言われる3つの理由

プログラミングスクールの評判はSNSに数多く掲載されています。スクールを否定する主な意見は以下の3つです。

  1. スクール講師の質にバラツキがある
  2. 就職や転職に結び付くとは限らない
  3. プログラミングが身に付かない

では、順を追って説明していきます。

1スクール講師の質にバラツキがある

プログラミングスクールによってはスクール講師の質にバラツキがあります。

現役のSEをしながら副業としてバイトでスクール講師をしているベテランのエンジニアもいます。

一方で明らかに間違った説明をしたり、質問に対して的外れな回答をするレベルの低い講師も存在します。

大手のスクールには講師の面談時にキャリア診断を行い、選抜した講師のみを採用しているスクールもありますが、講師の質は「玉石混淆」と言って良いでしょう。

2就職や転職に結び付くとは限らない

プログラミングスクールに通って無事卒業したとしても必ず、就職や転職に結び付くと言えません。

中には未経験からITエンジニアとして就職、転職を保証するスクールも存在します。

しかし、このようなスクールは自社の関連企業としてSES企業を持っています。そして卒業生はこのSES企業で引き受けるということです。

ところが、SES企業とは、エンジニアを客先に常駐させる人材派遣企業です。

したがって、誰にも頼れない卒業生は派遣先で苦労することになるケースもあります。

このようなことにならないようにスクールが就職や転職を斡旋する場合は、しっかりとその後のサポート体制まで聞いておきましょう。

3プログラミングが身に付かない

ITエンジニアの見習いとしてスタートラインに立つため、プログラミングの学習時間は最低200時間と言われています。

プログラミングスクールで全くの未経験者から、このレベルに到達するまで最低で3か月間の授業が必要不可欠です。

しかしながらスクールによっては、授業内容が基本だけを学ぶカリキュラムで実習が殆どないケースもあると聞きます。

この結果、スクールを卒業しても見習いレベルに到達できず、実践的なプログラミングが身に付かない場合があります。

プログラマー「やめとけ」と言われる決定的な3つの理由

プログラミングスクールで学ぶ3つのメリット

前項ではプログラミングスクールをお勧めしない理由を述べて来ましたが、一方でスクールで学ぶメリットも必ずあります。

そこで、ここでは、スクールで学ぶメリットを3つご説明します。

1学習習慣が身につく

プログラミングスクールに通うことで学習が習慣化されます。この習慣はスクール卒業後も継続することで自身の成長を促すことになるでしょう。

また、スクールに通うことで同じ目的で学ぶ友人も出来るのでモチベーションも上がり、相乗効果で探究心も深まることになります。

スクールの講師は現役のITエンジニアの方も在籍しますので、卒業後の就職、転職も相談に乗ってもえるでしょう。

2効率的にプログラミングスキルが身に付く

プログラミングスクールに通うことで遠回りせずに効率的にプログラミングスキルを身に付けられます。

また、独学だと不明点が生じても自己解決するしか方法がありません。

これに対してスクールは講師に質問すれば即解決できるため、無駄な時間を費やすことがありません。

3転職に有利である

前述しましたが、ITエンジニアとして就職、転職を保証するプログラミングスクールの存在をお伝えしました。

その就職、転職先が自社のSES企業であるため、派遣先で苦労することになると結びました。

しかしながら、どの職種にも仕事で苦労することに変わりがありません。

最近ではSES企業に専任サポートを設けている会社もあり、新人エンジニアのよろず相談に乗ってもえる支援もしているそうです。

したがって、スクール卒業生に就職、転職を保証して頂くことは大きなメリットでしょう。

優良なプログラミングスクールの見つけ方【3選】

プログラミングスクールは多くの費用と時間を費やすことになるので慎重にならざるを得ません。

そこで、ここで皆さんの最も関心の高い、優良なスクールの見つけ方を3つ解説します。

1アウトプット中心の授業内容である

プログラミング言語は英語やフランス語等の語学と一緒で実際に使って慣れることが大切です。

したがって、知識をインプットするだけでなく、プログラムをアウトプットしましょう。

そして、繰り返しアウトプットすることで頭の中に知識が刷り込まれます。その結果、考えることなく、プログラムを書くことができるようになります。

このように実習中心のカリキュラムを組むスクールは初心者にオススメです。

2受講生からの評判が良い

スクールの公式サイトからは自社に都合の良い情報が多く掲載されており、正しい情報を得るのは困難です。

そこでSNSを利用して受講生からの評判が良いスクールを選ぶのが良いでしょう。

評判はスクールの費用、サポート体制、授業内容、講師の態度など多岐に渡りますが、極端に悪い評価が付いているスクールは候補対象外とすべきです。

3講師の質が高い

スクールの良し悪しは講師の質で決まると言って良いでしょう。

どんなに設備が優れていても講師の質が低いと学ぶ側のレベルも高くなるはずがありません。

講師の質はエンジニアとしてのキャリアや講師の経歴等によって判断することになります。

しかし、講師の質を見極める最もわかりやすい方法はSNSで講師の評判を確認するのが最適です。

講師の質の高いスクールは間違いなく優良なスクールと言って良いでしょう。

まとめ

以上、プログラミングスクール「やめとけ」と言われる3つの理由について解説しました。

プログラミングスクールで学習してから就職する方もいますが、スクールに通わずに就職する方もいます。

最近では、未経験からでも入社後に3ヵ月ほどしっかりと技術的な研修を行っているIT企業が増えてきています。なので、いきなり就職するのもオススメです。

以下は、IT未経験者にオススメの転職エージェントとになるので、参考にしてみてください。

オススメ『IT未経験限定』転職エージェント3選【無料】

  1. ウズキャリIT
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、IT講師による学習サポートあり
  2. DYM就職IT
    ⇒就職成功率『96%』、優良企業『2,000社以上』、プロのITエンジニアがサポート
  3. GEEK JOB (ギークジョブ)
    ⇒転職成功率『95.1%』、無料のプログラミングスクール&就職支援サービス

ウズキャリIT』と『DYM就職IT』はIT未経験者向けの転職エージェントでこちらは『自分で求人探すのは大変』といった方向けで、

担当者が条件に合った求人を探し〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を無料で行ってくれる転職支援サービスです。

一方で、『GEEK JOB (ギークジョブ)』は無料で受講できる本格的なプログラミングスクールで、受講後の就職支援も行っているのでオススメです。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です