ルネサスエレクトロニクスはヤバい?その実態を評判・年収と合わせて徹底解説

「ルネサスエレクトロニクスってヤバい会社なの?」

ルネサスエレクトロニクスに関してグーグル検索すると関連キーワード欄に「やばい」というネガティブなワードが表示されています。

就職を検討する方すると、一体何がヤバいのか気になることでしょう。

そこで、本ページにおいて、ルミネスエレクトロニクスがヤバいと言われる理由について、評判・年収と合わせて解説してきたいと思います。

この記事でわかること

  • ルネサスエレクトロニクス社員の平均年収
  • ルネサスエレクトロニクスが「やばい」と言われる3つの理由
  • ルネサスエレクトロニクスを知る人たちによるリアルな評判

ルネサスエレクトロニクス【会社概要】

概要
会社名 ルネサス エレクトロニクス株式会社
URL https://www.renesas.com/jp/ja
本社 東京都江東区豊洲三丁目2番24号(豊洲フォレシア)
設立 2002年11月
事業内容 各種半導体に関する研究、開発、設計、製造、販売およびサービス

ルネサスエレクトロニクス株式会社は、東京都江東区に本社を置く半導体メーカーです。

三菱電機および日立製作所から分社化していたルネサス テクノロジと、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの経営統合によって、設立されました。

2021年における半導体企業売上高ランキングで15位・日本国内では2位で、特に車載マイコンでは世界シェアの3割を握る1位です。

また、日本だけでなく世界中の自動車メーカーにルネサスの製品が使われていますが、特にトヨタグループと強い関係があります。

経営悪化の末、2013年に産業革新機構の傘下となり事実上国有化されましたが、国内工場をリストラする一方で、特定の製品や顧客への依存度を下げることと、海外メーカーを買収してグローバル化する戦略を取ってきました。

そして、2021年には、コロナ禍の中で那珂工場が出火するも、車載半導体の需要が増大したことにより、過去最高益になりました。

ルネサスエレクトロニクス社員の年収について

では、ルネサスエレクトロニクス社員の平均年収はどれくらいあるのか確認していきましょう。

まず、ルネサスエレクトロニクスの有価証券報告書を調べてみると、従業員の平均年齢は47.3歳で、平均勤続年数は21.6年、平均年間給与は約883万円となっています。

これを日本の平均年収の433万円と比較すると、ルネサスエレクトロニクス社員の平均年収は日本の平均年収より2倍以上であることが分かります。

ただし、このデータは本社勤務の正社員の平均ですので、関連会社の社員や契約社員に関して言えば、実際の年収はこれよりかなり低くなることは十分に考えられます。

同業他社の東京エレクトロニクスの平均年収

次に、ルネサスエレクトロニクスの競合他社である東京エレクトロンの有価証券報告書を調べると、従業員の平均年齢は44.3歳で、平均勤続年数は17.6年、平均年間給与は約1179万円となっています。

比較すると、ルネサスエレクトロニクス社員の平均年収は、東京エレクトロンの平均年収より300万円程度低いことが分かります。

indeed掲載の求人情報

次に、大手就職エージェントのindeedによる求人を紹介すると、

ArmマイコンのCPUサブシステムの開発

  • 予定年収:680万円~1,000万円
  • 昇給:年1回、賞与:年2回

安全衛生・環境スタッフ

  • 予定年収:600万円~800万円
  • 昇給:年1回、賞与:年2回

という例がありました。

これらから考察すると、ルネサスエレクトロニクスの求人は、一定の専門性が必要になりますが、年収は日本の平均年収よりはかなり高いことが考えられます。

なお、就職で応募する際には、再度詳細をご確認ください。

ルネサスエレクトロニクスが「やばい」と言われる3つの理由

ルネサスエレクトロニクスが「やばい」と言われる理由は、次の3つになります。

  • 理由1:リストラを繰り返している
  • 理由2:賞与の振れ幅が大きい
  • 理由3:合併前の社風が混在している

これらの理由について、ネット上の口コミを参考にまとめていきます。

理由1:リストラを繰り返している

ルネサスエレクトロニクスが「やばい」と言われる1つ目の理由は「リストラを繰り返している」点です。

この口コミでは、半導体事業は赤字事業であり、どれほど統合してリストラを繰り返しても黒字化できないということです。

実際、ルネサスエレクトロニクスでも、業績が悪い状態が続いた時には、リストラを何度も行ったり、企業買収をしたりして、経営危機を乗り越えてきているようです。

他方で、半導体事業は国の基幹事業であるため、国の機関による支援が大きく期待でき、倒産するリスクはほぼない、とも言われています。

ルネサスエレクトロニクスとしては、コストの高い人件費を削減することで、大幅な経営改善を図っていきたいのだと思います。

黒字化できない

(リストラしたのは)収益が上がらないからです。

元々、三菱電機と日立製作所が、収益の上がらない半導体事業を分離して統合してできた会社です。

そこに、やはり半導体事業で赤字に苦しんでいたNECの半導体事業を加えて、今のルネサスエレクトロニクスができました。

赤字事業は、どれほど統合してリストラを繰り返しても黒字化できないのです。

負け組を集めても、勝ち組 にはなれません。

YAHOO知恵袋

理由2:賞与の振れ幅が大きい

ルネサスエレクトロニクスが「やばい」と言われる2つ目の理由は「賞与の振れ幅が大きい」点です。

この口コミでは、賞与は年収の3分の1を占めるとのことで、賞与が無いと年収300万円台になるようです。

他には、給与自体のベースは同業他社とは全く遜色ないものの、業績悪化してからは、残業代カットや休業などの施策があり、年収が10%ほど減額になったり、昇給者数が絞られて先延ばしされたりした等、長期的な総収入額ではかなり減らされた、というネット上の口コミもありました。

ルネサスエレクトロニクスとしては、先ほどと同様に、一層の経営改善を図るためには、やむなく一定の人件費を削減するしかなかったのだと思います。

年収の3分の1は賞与

年収総額では良いが、ボーナスのしめる割合が全体の3分の1と高いため、評価により年収がxxx万違ってくるらしい。

面談時に、年収総額だけでなく、月額給与の想定金額、ボーナスの想定金額も確認しておくことをおすすめします。

年度初めに、1年間の目標を決め、上長とレビューし、合意する。

年度末に1年間の目標に対する達成度合いを面談によりレビューする。

原資が決まっているため、最終的に、部門内で相対評価が行われ、最終評価が決まる。

評価段階は、5、4、3、2、1の5段階評価。

1段階違うと、ボーナス査定が年間でxxx万位違ってくるので、注意が必要だと思います。

openwork

【84】それじゃ、今の賞与査定は相対評価で部署内に必ずボーナス20%の人が常にいるってこと?

【86】賞与が無いと、ここで働かせられる派遣と同じレベルの給与なんだねえ。

おまえらって、誰かさんみたく年収300万円台になってもルネサスで喜んで働くの?

5ちゃんねる

理由3:合併前の社風が混在している

ルネサスエレクトロニクスが「やばい」と言われる3つ目の理由は「合併前の社風が混在している」点です。

この口コミでは、合併しても所詮は元競合で、派閥も出来、旧H.M.N等と旧組織で管理されていて、中身は昭和の日本企業だということです。

ルネサスエレクトロニクスとしては、経営改善や働き方改革を進めていて、合併による弊害が一部ではあるものの、今までの3社の良い面を活かしつつ、一層の事業の健全化を図ろうとしているのだと思います。

合併しても所詮は元競合

古くは日立と三菱が合併することにより立ち上げられた会社。

二つの文化が入り混じり社内用語も違い異文化交流といった雰囲気で融合が進まないまま会社として存続していた。

その後更にNECとの合併によりまさにカオスといった企業文化となった。

社風が似ているという名目で合併しても所詮は元競合。

派閥も出来、旧H.M.Nなどと旧組織で管理されていた。

新卒となると色は違うがそれでもどの派閥の上司の元で働くかによりその後の会社生活が大きく左右される状態である。

旧Mの40半ばの管理職の手腕もバラツキがあり人によっては部下を見る余裕もなく旧N女性社員からは不満の声が上がっている。

日本企業の合併の難しさとその後の異文化交流の困難さ、最初の合併から20年が経とうとしていても上記のような光景が広がり会社合併のその後を知るための見本のような会社である。

ニュースなどで名前を聞くと一見外資系のエレクトロニクス企業のような印象を持つ事があるかもしれないが中身は昭和の日本企業と思って入社した方が入社後のギャップに失望することも無いと考える。

合併後の新卒が入社して管理職となるまでにはまだ時間がかかるかもしれないが、その頃真の意味でのルネサスの色が発揮されると考える。

openwork

ルネサスエレクトロニクスを知る人たちによるリアルな評判

ルネサスエレクトロニクスの評判に関して様々な声が見受けられました。

では最後に、ルネサスエレクトロニクスの評判について、皆さんに対して有益な情報を含めたコメントを紹介していきます。

以前、工場火災があった

2021年3月19日、ルネサスエレクトロニクス株式会社の生産子会社であるルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社の半導体製造工場(那珂工場)で火災が発生しています。

火災の火元となったのはCuめっき装置であり、火災前は全部で7台中、火元となった装置も含めて3台が焼損しました。

この口コミでは、Cuめっき装置の電源部からの出火ではないか、ということです。

もちろん、ルネサスエレクトロニクスとしては、消火設備の拡充などの災害対策を含めて、火元について十分に対策し、再発防止にしっかりと努めています。

「電源部分から出火した」というニュースで全てが語られてます。

産業用装置はなんでもそうだけど、電源部を持っています。

半導体製造工場だからって、特段に特殊な電源は使いません。

工場での火災で電源部からの出火なんて珍しくないです。

しいて言えば、半導体製造装置の多くが高電圧を使いますし、消費電力も結構大きくなります。

ルネサスエレクトロニクス・那珂工場は古い使い込まれた施設ですから、中には古い製造装置&電源装置のあったのでしょう。

工学に関心がある者なら誰でも知っていますが、経年劣化でトラブルが始まるのはまず電源回路からです。

コンデンサなどが短命なのです。

そして電線の被覆も意外と弱く、そういう所から出火したりします……というか、私は専門外ですが、そういわれています。

YAHOO知恵袋

福利厚生は充実

この口コミを含めてネット上の多くが、ルネサスエレクトロニクスの福利厚生は充実している、というものでした。

ただし、3社の合併前にあった各種手当てや福利厚生が、合併を機にことごとく廃止 or 改悪されてきているようです。

また、ルネサスエレクトロニクスに限らず、他の会社でも多くありますが、部署によって労働状況が異なり、深夜までの残業・休日出勤をしないといけない部署もある、とのネット上の口コミもありました。

一方で、ルネサスエレクトロニクスとしては、製品に不具合が発生しても顧客の納期に応える必要があるため、どうしても労働時間が長くなってしまうことがあるのだと思います。

確定拠出年金や、企業年金、雇用保険や、健康保険等完備していて、有給休暇は年に25日ほど貰えていました。

また、業務の都合で転勤になった場合も家賃補助が出ました。

プログラマーだと、一般的には徹夜で作業を行っているイメージでブラックな感じがあると思いますが、私の勤めていた会社ではその様なことはありませんでした。

確かに納期直前で重大なバグが見つかり残業時間が多くなることもありましたが、その時も月に○時間以上残業した場合は必ず医者に診て貰う必要があったり、休日出勤は2週続けて出来ない等の色々なルールがあり、従業員は守られていると思いました。

カンパニー通信

大手だと理系は大学院卒

就職に関する口コミで、ルネサスエレクトロニクス等の大手では、理系はほとんどが大学院卒を採用するとのことです。

技術系は採用倍率が高く、専門性を持った人を採用しますので、就職に向けては、少しでも専門的な能力を高めておく必要があります。

ルネサスエレクトロニクスとしては、人員削減をする中ではなおさら、より専門性の高い社員を確保したいと考えていると思います。

大学院に進学すればそこまで高くなくなります。

学部卒ではとても高いです。

ルネサスに限らず大手のメーカーだと理系はほとんどが大学院卒ですので、大学院には必ず進学しましょう。

YAHOO知恵袋

職場の雰囲気は良い、足がむくむ

作業員の方からの口コミで、クリーンルームでは職場の雰囲気は良いが、足がむくんでしまう人がいるとのことです。

ルネサスエレクトロニクスに限らず、作業がある会社は数多くあり、同様の悩みを抱えていることだと思います。

他には、製造現場に携わる人材にとっては、海外への生産シフトを目指していることから、厳しい環境に置かれている、というネット上の口コミもありました。

ルネサスエレクトロニクスとしては、先ほども紹介しましたが、福利厚生が充実した企業でもあることから、今後の対策が期待できると思います。

クリーンルームでの仕事なので足がとても疲れます。

足が浮腫んだ事無い私でも浮腫むくらいでかなりキツかったしそれが原因で辞める人がかなり居るらしいです。

殆ど2ヶ月内で辞めてしまうみたいです。

職場の雰囲気は良いです。

変わってる人やまだ慣れてないのに放置する人も居ますが、基本は良い人が多いです。

indeed

業績が拡大

この口コミでは、企業買収はコロナショックで良い方向に働いたけれど、今後は、リストラをせず、流出した技術者の代わりとなる人材の育成と強化が必要である、ということです。

現在、ルネサスエレクトロニクスでは、海外半導体メーカーの買収によって業績が拡大し、以後の世界経済のデジタル化の加速の影響で、車載用半導体事業・産業用半導体事業の両方で収益は増加しています。

ただし、米国の金融緩和の転換や、世界経済と金融市場の不安定感により、ルネサスエレクトロニクスの業績が拡大基調を維持するかは不透明です。

ルネサスエレクトロニクスとしては、経営資源の選択と集中を進め、優位性を発揮できる半導体の生産能力の強化に集中して取り組む必要があると思われます。

【589】インターシルとIDT買収は結果的にABU依存を解消する結果となってコロナショックでは良い方向に働いたけど、これに味をしめて勘違い買収を繰り返して収拾つかなくなり、また国内リストラ敢行とかは絶対にやめてもらいたい。

次やるべきことは流出した技術者の代わりとなる人材の育成と強化だ。

そうしないと今残って激務をこなしている疲弊した国内技術者が抜けていって日本企業としての技術力低下を招いていき、求心力を失って最後は外国に飲み込まれる末路か。

グループ企業が離反または外国技術者の大量引き抜きが発生するだろう。

だから国内の技術力の維持や強化による求心力維持は絶対必要。

5ちゃんねる

【無料】イチオシ転職エージェントサービス

下記のサービスは『自分で求人探すのは大変…』といった方向けで、『条件に沿った求人紹介』『履歴書の添削』『面接対策』『面接日程の調整』を業界に精通した専任スタッフが無料で行ってくれるサービスです。

非公開求人も多数保有しているので、活用してみてください。

イチオシ『総合』転職エージェント3選【無料】

  1. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数『トップ級』、『10万件以上』の非公開求人を保有、専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント

イチオシ『ハイクラス』転職エージェント3選【無料】

  1. JACリクルートメント
    ⇒業界・職種に精通した転職のプロフェッショナルがサポート
  2. ビズリーチ
    ⇒会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上在籍「ハイクラス特化」した会員制転職サイト
  3. アクシスコンサルティング
    ⇒コンサルティングファーム専門の転職エージェント、大手優良企業の非公開求人が充実

イチオシ『ITエンジニア』限定の転職エージェント3選【無料】

  1. レバテックキャリア
    ⇒保有求人『7000件以上』、うち8割以上が『年収600万円以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. メイテックネクスト
    ⇒エンジニア求人『15,000件以上』『転職決定人数NO.1』、IT業界専門のコンシェルジュが転職サポート
  3. マイナビITエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート

イチオシ『就活生』限定の就職エージェント3選【無料】

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニアに特化、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. キャリアチケット
    ⇒大手レバレシーズ運営、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート
  3. キャリセン就活エージェント
    ⇒累計6万人の就活生が利用、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート

まとめ

以上、ルネサスエレクトロニクスについて解説していきました。

ルミネスエレクトロニクスがヤバいと言われる一番の理由は「将来性が危うい」という点に関してですが、半導体需要は今後も伸びることが予測されています。

なので、短期的には倒産や買収などの心配はなさそうです。

ただし、ルミネスエレクトロニクスは過去にもリストラを敢行していることから今後も起こりうるかもしれません。

そうなった場合は45歳以上社員が対象となるので、そうなる前に他社でも通用するスキルが身に付けておく必要があります。

また、会社依存から脱却するためにも複業を一つ増やすこともオススメします。ぜひ頑張ってみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。