リコーはヤバい?その実態を評判・年収と合わせて徹底解説

「リコーってヤバいの?」

リコーについてグーグル検索すると関連キーワード欄に「やばい」と表示されています。

就職したい方すると不信感を抱くかもしれません。

結論から述べると、リコーはブラック企業でもなければヤバい会社でもありません。しかし、ヤバいと言われる側面もあります。

そこで、本ページにおいて、リコーがヤバいと言われる原因について、リコーを知る人からの情報をもとに解説していきます。

この記事でわかること

  • リコー社員の平均年収
  • リコー「やばい」と言われる4つの理由
  • リコーを知る人たちによるリアルな評判

リコー【会社概要】

概要
会社名 株式会社リコー
URL https://www.ricoh.co.jp/
本社 東京都大田区中馬込1-3-6
設立 1936年2月
従業員数 単体8,022名:連結81,184名(2021年3月31日現在)
事業内容 ・デジタルサービス事業
・デジタルプロダクツ事業
・グラフィックコミュニケーションズ事業
・インダストリアルソリューションズ事業

株式会社リコーは、事務機器、光学機器などを製造するメーカーで、主な製品は複写機やファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、カメラ(デジタルカメラなど)です。

リコー社員の平均年収について

では、リコーの平均年収はどれくらいあるのか確認していきましょう。

2021年3月期の株式会社リコーの有価証券報告書を調べてみると、従業員8,022名の平均年齢は45.2歳で、平均勤続年数は20.0年、平均年間給与は約783万円となっており、日本の平均年収の433万円と比較すると、相当高くなっています。

ただし、このデータは株式会社リコーに所属する社員の平均ですので、各営業所等の社員に関して言えば、実際の年収はこれより低くなることは十分考えられます。

それにしても、株式会社リコーの年収は、日本の平均年収よりはかなり高いことが言えると思います。

doda掲載の年収情報

次に、大手就職エージェントのdodaによる求人を具体的に紹介します。

ソフトウェア開発PLのモデル年収

  • 28歳:500万円
  • 35歳:700万円(昇給年1回、賞与年2回)

等の、技術系の求人が多くありました。

ただし、株式会社リコーの子会社の年収は低い傾向にあります。

例として、リコージャパン株式会社の求人について、大手就職エージェントのdodaで調べてみると、

パッケージソフト・アプリケーションソフトの販売の年収

  • 予定年収:320万円~460万円(昇給有り、勤続年数に応じた特別ボーナスを支給)

等となっており、年収はかなり低くなってきますので、お知らせしておきます。

なお、就職で応募する際には、再度詳細をご確認ください。

リコー「やばい」と言われる4つの理由

リコーが「やばい」と言われる理由は、次の4つになります。

  • 理由1:部署ごとで残業量が違う
  • 理由2:人事制度に疑問がある
  • 理由3:新規事業が乏しい
  • 理由4:年功序列が根強い

これらの理由について、ネット上の口コミを参考にまとめていきます。

理由1:部署ごとで残業量が違う

リコーが「やばい」と言われる1つ目の理由は「部署ごとで残業量が違う」点です。

リコーでは、技術系社員は残業が多い一方で、営業部門の残業は厳しく管理されているようです。

会社としては、主力事業の保守作業等の業務で収益を多く出す必要があるので、技術系社員の残業が多くなってしまうのは仕方のない面があると思います。

もちろん、残業すれば残業代として給料に反映されるということです。

リコーに感じた不満

部署ごとで残業量が違うところ

研究・開発部門の技術系社員と、営業部門の社員とでは残業量にかなりの差がありました。

会社として、営業部門の残業は厳しく管理されていたように思えます。

勤務時間が短いのは嬉しい一方で、技術系の同期と給料ベースで5~8万円ほど残業代で差がつくこともあり、そこが不満でした。最終的には「営業は家でも仕事ができる」と言われたのが、一番腑に落ちませんでした。

カンパニー通信

理由2:人事制度に疑問がある

リコーが「やばい」と言われる2つ目の理由は「人事制度に疑問がある」点です。

この口コミでは、リコーの人事制度では、部署内で一定の割合でマイナス評価がつき、対象者には昇格や給料等に影響が出る仕組みになっていることに、疑問を持っているようです。

リコーに限らず同様な人事制度は、他の企業でも一定数導入されている例があります。

会社としては、競争原理で業績を伸ばす一方で、人件費を確実に減らすことができるという考えがあることを、ネット上でよく見かけました。

リコーとしても、会社の業績改善で経費を削減するための、苦肉の策であるのかもしれません。

露骨すぎる

【515】新しい人事制度、糞やな。

必ず部署内でマイナス評価の人がいるから殺伐とする。

5ちゃんねる

【520】露骨過ぎるよな。

新制度で悪い評価ついた人はサヨナラってことだからねえ。

5ちゃんねる

理由3:新規事業が乏しい

リコーが「やばい」と言われる3つ目の理由は「新規事業が乏しい」点です。

元従業員からの口コミですが、リコーの主力事業である複合機に依存しすぎたことで、現在、目立った新規事業もなく、窮地に立たされているとのことです。

リコーとしても、新規事業を育てようと頑張っているようですが、大企業であるだけに、なかなかすぐに展開できない面があるようです。

複合機の低迷

RICOHのメイン事業である複合機の低迷が一番の原因です。

複合機の収入源のパーチャー料金は他社との価格競争により、大幅に下落しており一年間で数十億の下落をしております(事実です)。

競合会社が死ぬ気の覚悟で値段を下げての提案をし、市場を荒らした結果、そのしわ寄せが来ている形です。

結果、複合機の依存が一番高かったリコーが窮地に立たされている状態です。

第二の商品開発の目処も立っておらず、ずるずると業界の王座から引きずり下ろされてる感覚です。

YAHOO知恵袋

理由4:年功序列が根強い

リコーが「やばい」と言われる4つ目の理由は「年功序列が根強い」点です。

リコーでは、ジョブ型の人事制度を実施して、実際の成果を評価していこうとしています。

一方で、ネット上には、「評価は順番である」、「成果を出しても、切られるときは切られます」というような口コミも一定数あり、なかなか思うようにいっていない面もあるようです。

リコーとしては、大企業なだけに、上司を含めて考え方を浸透させながら人事制度をより良い物にするためには、一定期間が必要になってくるのかもしれません。

ジョブ型でも年功序列

今後はジョブ型になっていくと思いますが、日系企業なので、年功序列は根強く残りそう。

直属の上司へのアピールだけなく、部長や本部長クラスにもアピールしておかないと中々、昇進の機会にも上がれないと思います。

課長以上は昇進試験や研修がたくさんあると思います。

しごとカタログ

リコーを知る人たちによるリアルな評判

リコーの評判に関して様々な声が見受けられました。

では最後に、リコーの評判について、皆さんに対して有益な情報を含めたコメントを紹介していきます。

社員がかわいそう

リコーでは、目立った新規事業がないことは先ほど紹介しましたが、現在は、コスト削減や縮小路線で展開しているようです。

また、先ほど紹介したリコーの人事制度によって、優秀な若手人材が流出しているという口コミも、ネット上にありました。

一方で、リコーは社員に優し過ぎるが故に、合理的な厳しい判断がされないというのが利益率が低い要因の1つである、という口コミもありました。

現在、リコーは、業績をさらに改善しようと積極的に模索しており、今後の展開が注目される所です。

【393】これという新規事業がなかなか出てこなくて苦戦しているみたいですね。

強い国内営業が元気なうちに何か出さないと。。。

このままコスト削減、縮小路線だけじゃ社員がかわいそうだよ。

しゃちょー!何とかして!

このままじゃ優秀な若手人材がどんどん流失しちゃうよ。

5ちゃんねる

【405】結局やることは、コピー機にオプション付加したオペリウスの延長だろ?

10年前からやること変わってないじゃん

5ちゃんねる

ホワイト企業

リコーは、有給取得と福利厚生については良いというコメントが、ネット上では圧倒的でした。

筆者も、多くの企業の口コミを調査していますが、ここまで評価がよい企業は、なかなかありません。

この口コミ以外にも、リコーでは、30歳までは社宅扱いでワンルームマンションの個室を借り上げてくれる等、いろいろな特典があります。

社員にとっては、とてもありがたいことです。

月に1度の有給取得が奨励されていて、現場でもきちんと運用がされているというところ。

また、残業時間も管理されており、私の場合は10~20時間/月で収まっていたところ。

社員食堂や福利厚生のサービスも充実していた点からも、ホワイト企業であると言えると思います。

理由は有給取得のし易さと、残業の少なさ、そして福利厚生の充実です。

有給取得に関しては連続取得も推奨がされているため、お盆や年末年始以外にもまとまった休みを取ることができます。

月・水のノー残業デーも徹底されており、就業後の活動もし易いです。

また、福利厚生で付与されるポイントを活用すれば、レジャーにも格安で行けるので、家族サービスなどもし易いです。

カンパニー通信

給料も相当変わりそう

リコーでは、人件費削減や、人事制度による評価が給料に影響する仕組みで、社員の給料が下がるという口コミです。

また、リコーは、役職が高い人とそれ以外の社員との給料の差が大きい企業であるという口コミもあり、一般社員にとってみれば、厳しい査定をされる人が出てくるかもしれません。

それから、リコーでは労働組合がないということで、会社と交渉することも難しいようです。

ただし、リコーは、リコーグループの中でも、給料が高い部類に属している、と言われてはいます。

【724】基本給に一本化とはいえ、給与レンジも相当変わりそうじゃない?

今まで残業やボーナスに反映したくないから、手当で分けるインチキしてたわけだし。

労組ないから本当にやり放題できるね。

5ちゃんねる

【727】大半は給料がクソ下がると思った方がいいな。

上がらないんじゃない。

下がるんだ。

5ちゃんねる

モチベーションが保てません

一部の技術系の社員は、朝から晩まで保守作業で忙しいようです。

その上に、セールス業務があるので、エンジニア希望で入社すると厳しい労働になるとのことです。

ただし、リコーとしては、主力事業であるため、利益確保に向けては仕方のない面があるのかもしれません。

朝から、晩まで保守作業です。

ただ、エンジニアであろうと、セールス業務を、指示される。

エンジニア希望で、入社すると厳しい状況です。

福利厚生は、しっかりしているが、手当て金は、ほぼ有りません。

indeed

退職理由

非常に働きやすいホワイト企業だと感じていたため、かなり悩んでいたが、退職した方の口コミです。

リコーの一部の部署だとは思いますが、上司の納得する内容でプロジェクトを進めるようになることや、新しい提案に協力しない同僚がいるとのことです。

リコーに限らず、会社の中では、同様の事例は一部にあることではあります。

また、リコーは、10万人もの社員がいる大企業であるため、様々な考え方や生活環境で働く社員がおり、会社の組織として意思統一を図っていくことは、難しい部分があるとは思います。

1. 上の人を伺って仕事をしなければならない空気が強く、正直うんざりした。

一生懸命、担当同志で考えても決裁者にひっくり返されるため、みんなで知恵を絞ってプロジェ
クトを進めるというよりも、上の人の納得する内容を考え出すという目的になってしまう。

2.マネージメント層は新しい提案を推奨する一方で、50代の平社員などには決まった業務をこなすだけで過ごしたいという人が少なくないため、新しい提案について同僚から協力が得られない。

3. 事業の将来性への不安。

コピー機の事業は衰退していくしかない中で、会社は新規事業を育てようと頑張っているが、10万人の社員を養える新規事業が本当に育ってくるかどうか。

openwork

リコーは大きく変わり始める

リコーは、現在良い方向に大きく変わり始めている、という内容の口コミです。

現在の企業文化に真っ向からぶつかるような取り組みが多々あるとのことで、経営者の強い思いがあれば、リコーは大きく成長することは間違いないと思います。

リコーの今後の成長に、大きく期待しています。

現在の経営者の山下さんになってから企業は大きく変わり始めている。

当たり前だが世の中をよく見ており、それに対するアクションが今までの経営者より格段に早いように感じる。

また現在の企業文化に真っ向からぶつかるような取り組みを多々されており、企業を良い方向に変えようという強い思いを感じている。

結果は現段階ではわからないので判断できないが、今のような強い思いを社員に共有し、引き続き会社を引っ張っていくことを期待している。

openwork

【無料】イチオシ転職エージェントサービス

以下は『自分で求人探すのは大変…』といった方向けで、担当者が条件に合った求人を探し〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を無料で行ってくれるサービスです。

また、非公開求人も多数保有しているので、ぜひ活用してみてください。

イチオシ『ITエンジニア』限定の転職エージェント【無料】

  1. マイナビITエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. レバテックキャリア
    ⇒保有求人『7000件以上』、うち8割以上が『年収600万円以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  3. ワークポート
    ⇒エンジニア求人『15,000件以上』『転職決定人数NO.1』、IT業界専門のコンシェルジュが転職サポート

イチオシ『総合』転職エージェント3選【無料】

  1. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数トップクラス、非公開求人『10万件以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント

イチオシ『就活生』限定の就職エージェント3選【無料】

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニアに特化、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. キャリアチケット
    ⇒大手レバレシーズ運営、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート
  3. キャリセン就活エージェント
    ⇒累計6万人の就活生が利用、『最短2週間』で内定可能!専任アドバイザーがサポート

まとめ

以上、リコーについて解説しました。

リコーがヤバいと言われる理由として複合機の売上低迷や営業職の残業時間の多さ等が挙げられますが、それ相応の年収を稼ぐことができます。

リコーは東証一部上場企業で人気があり、採用倍率が高いですが、年収が高いのでオススメです。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。