20代未経験からIT転職を成功させる3つの秘訣をエンジニアが徹底解説

「20代未経験からIT企業の転職は難しいの?」

結論から申し上げますと、IT未経験者でも20代だと採用企業が多く、転職しやすいです。

どの業界にも該当しますが、IT業界も同じく、若い人を採用したがる傾向があります。

ただし、30代になると転職は難しくなるので、転職を繰り返したい方は、20代のうちに実務経験を積む必要があります。

また、IT業界の中には、ブラック企業と言われるような企業もあるので、貴重な20代を無駄にしないために、これらの企業を見分ける必要があります。

そこで、本ページでは、IT未経験の20代の皆さんが転職で成功するための秘訣を紹介します。

高卒・女性も転職できる!IT業界の転職事情

はじめに、IT業界における最新の転職事情を3つに絞って説明します。

将来的に、キャリアアップを目指している人は自己実現のために覚えておきましょう。

スキルが重視

老舗企業や人気企業の採用は高学歴が前提です。

このため、高卒というだけで書類選考の段階で落とされるケースがあります。

しかしながらIT業界は実力主義であるので、大手IT企業であっても採用条件は学歴不問としているケースも多々あります。

したがって、学歴コンプレックスを持つ方には最適な業界と言って良いでしょう。

IT未経験の女性であっても転職可能

企業や官公庁・自治体においてIT技術の導入が進み、IT業界は右肩上がりに業績を伸ばしています。

この結果、IT業界全体でエンジニア不足に陥っている状況です。

この問題を解消すべく、企業側では社内の教育体制を整備してプログラミング未経験者にも門戸を開いています。

また、昨今、IT業界では男女の区別なく、エンジニアの採用が広がり、産休・育児休暇制度も充実しており、女性に優しいIT企業が増えております。

社員の入れ替わりが激しい

IT業界のエンジニアは技術スキルを重視する傾向があります。

背景にあるのは技術革新のスピードが早く、自身で新しい知識やスキルを習得することが必要不可欠です。

この結果、自己のキャリアアップを図るため、より良い環境を求めて転職を選択する人が多いです。

したがって、IT業界は人の入れ替わりが激しい業界と言って良いでしょう。

ITエンジニア未経験から転職可能な職種

次にIT未経験からIT業界に転職した場合、従事可能な職種を3つ紹介します。

社内SE

社内SEは企業内における業務の効率化を担当します。

主に社内システムの企画から開発、保守・運用や社内インフラの整備を行います。また、ヘルプデスクの窓口も担当しています。

IT未経験者の場合、ヘルプデスクの窓口でITスキルを学びながら社内のPCやアプリケーション等のインフラ管理を担当するケースが多いようです。

その後、社内SEとして経験を積むことで難易度の高いシステム開発を任されるようになります。

社内SEはクライアント先を相手にしている訳でないため、納期やコストを厳しく管理されることはありません。

したがって異業種からの転職者でも社内SEは違和感なく働くことができます。

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアは、ユーザー先に納品したシステム機器等の設置やメンテナンスを担当します。

ユーザーにとっては企業の顔と言っても良い存在ですのでコミュニケーション能力も必要不可欠です。

万一、ユーザー先のシステム機器が故障した場合、フィールドエンジニアは真っ先に現場に直行して機材の復旧を行います。

製品開発レベルの高度なスキルは求められませんが、仕事柄、機器やネットワーク等のハードウェア知識だけでなく、アプリケーション類のソフトウェア知識も要求されます。

IT未経験者の場合、先輩エンジニアに副担当として同行することで経験を積んでトラブル対応力を高めて行きます。

通常、数年で独り立ちして幾つかのクライアント先を担当します。

テストエンジニア

テストエンジニアはシステムやソフトウェアの開発でテスト計画策定、テストの実施、結果の分析およびレポート発行までを担当します。

開発者から決められたテストのみを実行する「テスター」や結果分析のみを実施する「デバッカー」の両方を兼務する役割となります。

規模の小さい企業ではSEやプログラマーがテストエンジニアを兼務しているケースもあります。

したがって、専任のテストエンジニアは少数派ですが、ITの高度化に伴い需要が伸びており、将来的には一般的な職種として認知されるでしょう。

IT未経験から転職で成功できる人の特徴【3選】

IT業界の概況を理解したところで、ここではIT未経験からの転職で成功する人の特徴を3つ紹介します。

コミュニケーション能力の高い人

IT業界は業務が細分化しているため、1つの製品やサービスが完成するまでに多くのエンジニアが介在します。

このため、ITエンジニアの多くは各パートのエンジニアと協力しながら開発を進めて行きます。

多くの場合、開発の進捗が順調ということは無く、どこかにトラブルを抱えながら作業を進めています。

したがって、無口な人や自分勝手な人は相手の信頼を得られないケースもあります。

つまり、この業界で生きて行くためには、コミュニケーション能力の高い人が採用されやすいです。

論理的思考能力を持っている人

IT業界で働くエンジニアの仕事は、クライアント先の要望を聞き取り、優先順位を付けて開発行為を進めて行きます。

このため、納品までの計画を体系的に整理して立案できる論理的思考能力を持っている人が向いています。

直感的に行動する人や感情的に流されやすい人はミスを誘発する恐れがあるため、ビジネスシーンで信頼を得ることができません。

つまり、論理的思考能力を持っている人は失敗も少なく問題解決力も高いため、転職で採用される確率が高いです。

人を頼ることができる人

転職の極意は素直に人に頼ることです。自分一人では視野も狭いだけでなく、行動範囲も限られているためです。

短期間で転職を成功する人は人に頼ることが得意です。

例えば、友人に相談すれば自分の気づかない魅力を発見したり、取引先の担当者から思わぬ転職先を紹介されたりするケースも多々あります。

人を頼るのに二の足を踏んでしまう人は多いと思います。しかしながら、成果を出すことを最優先して人を頼ることにチャレンジしてみましょう。

IT業界の平均年収

多くの人に関心の高いIT業界で代表的な職種の平均年収を紹介します。

求人ボックス」の調査によると2022年3月現在、職種別の平均年収と仕事内容は以下の通りです。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニア
平均年収 約498万円

システムエンジニアとはIT業界で最も知名度の高い職種です。仕事内容はシステムやサービスの開発の上流工程を担当し、クライアントの要望を聞き取り基本設計を行います。

上流工程を担う仕事であるため、高度な技術スキルに加えてさまざまな現場経験も必要です。このため、システムエンジニアの年収は他の職種に比べて高いです。

プログラマーの平均年収

プログラマー
平均年収 約434万円

プログラマーはシステムエンジニアが構築した基本設計を元に実際のプログラミングを行います。

IT業界の中では平均的な年収を得られる職種です。多くのプログラミング言語を扱えると年収は高い傾向にあります。

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニア
平均年収 約594万円

フロントエンドエンジニアとはWebサービスの開発でユーザーが見れる領域の開発を担当します。

具体的には画面表示のデザインや操作遷移等を行うため、デザインセンスも必要不可欠です。

完成したWebサービスの評価は閲覧数を見ることで判断できるため、フロントエンジニアエンジニアの実力が結果として現れます。

従って多くの企業は実力のあるフロントエンドエンジニアを獲得するため、他の職種に比べて高額の報酬を支払っています。

セールスエンジニアの平均年収

セールスエンジニア
平均年収 約522万円

セールスエンジニアは企業に対して自社のシステムやサービスを売り込む営業職です。

営業職と言っても自社のシステムやサービスを熟知しており、導入後のコンサルティングも行えるエンジニアでもあります。

自社製品の業績を左右する職種となるため、セールスエンジニアの年収は高い傾向にあります。

プロジェクトマネージャーの平均年収

プロジェクトマネージャー
平均年収 約626万円

プロジェクトマネージャーは1つのプロジェクトの全責任を担う管理職という位置付けです。

プロジェクト全体の予算、納期、進捗を管理してプロジェクトを成功に導く水先案内人です。

企業にとっては成功の有無が自社の業績に直結するため、プロジェクトマネージャーの年収は高額になります。

IT未経験から転職を成功させる秘訣【3選】

これまで転職に関するさまざま情報をお伝えしてきました。

しかしながら、いくら優秀でも希望する企業に気に入ってもえなければ転職できません。

そこで、ここでは転職を成功させる秘訣を3つに絞って解説します。

ここでお伝えする内容は転職で勝ち取るために必須なことですので胸に刻んでおきましょう。

転職理由が明確である

まずは、現在の仕事で我慢できなかったことを明確にしましょう。

不満なことは多々あると思いますが、これだけは譲れないという転職目的を2つ抽出して見てください。

ここで抽出した転職目的を満足させる企業があなたの基準となります。

この基準をしっかり持つことで、転職活動中に、例えば、待遇や環境だけが良い企業に目を奪われることがなくなるためです。

同じ失敗を繰り返さないということが人生を成功させるコツです。

企業研究をする

転職は新卒採用と異なり、それぞれ違った環境で社会経験をしたライバルに勝たなくてはなりません。

そのためには多くのライバルより先回りして事前準備を徹底することです。

企業研究はインターネット上にある企業のホームページだけでなく、転職サイトや業界ニュースサイト等も広範囲で閲覧しましょう。

情報源が増えることで情報の質は高まりますので間違った判断は少なくなるはずです。

また閲覧する内容も求人条件や企業業績等だけでなく、企業文化やキャリアアップ、福利厚生等もチェックしておきましょう。

面接対策をしっかり行う

中途採用の合否で大きなウエイトを占めるイベントとして面接があります。

素晴らしい経歴を持つあるいは完璧な履歴書、職務経歴書を書けたとしても面接の対応で全て御破産になるケースは多々あります。

まずは自己の経歴を思い返して転職理由、志望動機を整理してしっかり話せるようにしましょう。

また友人や身内等の第三者に自身の転職理由や志望動機を聞いて貰って一貫性や共感できるかの印象を聞きましょう。

その後、何度も練習することで自信を持って話すことができるようになります。

ブラック企業の就職を避けるための注意点【3選】

自分の求める条件に満足した企業であっても入社したら違っていたと後悔しても後戻りできません。

そこで、ここではIT未経験から会社選びで失敗しない注意ポイントを3つ紹介します。 どれも大事なことですので頭の片隅に入れておきましょう。

ブラック企業では無いか?

ブラック企業とは従業員を育てる意志もなく、使い捨て体質の会社を指します。

ブラック企業の特徴は異常な時間外労働を強要したり、過剰なノルマを押し付けたりすることです。

ブラック企業の見分け方は以下の2つに注意しましょう。

募集事項に極端な記載がある

給与が相場より異常に高い場合や数年で管理職になれると記載する企業は注意が必要です。

給与が高い場合は残業手当が無いあるいは休日が極端に少ないケースもあります。

また数年で管理職になれると記載する企業は社員層が薄いだけでなく、管理職となると残業手当が全くなくなるため、給与減になります。

このような企業は転職先から除外しましょう。

大量採用している

事業が急成長している企業や大企業であれば問題ないのですが、小さな企業で大量採用している企業は注意してください。

なりふり構わず大量採用を継続する理由は離職者が多いという証拠です。

業績は安定しているか?

健全な企業は業績が安定しています。そしてそのような優良企業は他社に負けない得意分野を持っており、主要な取引先を多く確保しています。

そこで希望する企業の主要取引先を確認してみましょう。取引企業先をチェックすることで財務の健全性や技術力等を推し量ることができます。

また、希望する企業を業界サイトで検索することでどんな製品やサービスが取り上げられているかを確認できます。

何度も新しい製品やサービスで記事に掲載されている企業であれば優良企業といって良いはずです。

教育体制は整っているか?

昨今、多くのIT企業では入社後、3か月間のプログラミング研修を実施しています。

この研修ではIT未経験者でもプログラミング言語をしっかり習得できるカリキュラムになっています。

また、企業によってはプログラミング言語の知識だけでなく、プレゼンテーションやディベートを学ぶプログラムを用意してITエンジニアが必要とするコミュニケーション能力を高めています。

更に新入社員、中堅社員、リーダー、管理職というように各階層毎に求められる能力が変化します。従って階層別の教育プログラムを用意する企業も増えています。

つまり、さまざまな研修体制を整備している企業は転職先に選んでも間違いないでしょう。

自分で探せない場合は、転職エージェントの活用がオススメ

ブラック企業でない企業や研修が充実した企業などを、自身で探すには大変な労力ですよね。

そこで、役に立つのが転職エージェントです。

転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーが条件に沿った求人を紹介し、履歴書の添削や面接対策、面接日調整など無料で行ってくれるサービスです。

また、転職サイトに載っていない非公開求人も保有しています。

では、簡潔にオススメの転職エージェントサービスを紹介します。

イチオシ『ITエンジニア』限定の転職エージェント【無料】

  1. ウズキャリIT
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、IT講師による学習サポートあり
  2. ワークポート
    ⇒【IT未経験者も利用可能】無料プログラミングスクール『みんスク』運営、IT専門コンシェルジュがサポート
  3. ネクストキャリアIT
    ⇒研修充実・残業が少なめの優良企業『2,000社』以上の求人を保有、プロの専任アドバイザーがサポート

それぞれサービスの特徴が異なるので、ご自身のお住まいエリアなどの条件に沿ったサービスをご利用してみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。