社内SE「やめとけ」就職前に知るべき3つの理由-ITエンジニアが解説

「社内SEの仕事に就くことは、やめたほうがいいの?」

社内SEについて、ググると関連キーワードに『やめとけ』と表示されます。

一体、何が原因で『社内SE やめとけ』と表示されるのか、気になりますよ。

そこで、本ページにおいて、『社内SE やめとけ』と言われる真相を解説していきます。

なお、本ページは、ITエンジニア経験のあるライターさんに執筆して頂いています。ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 社内SEの仕事内容
  • 社内SE『やめとけ』と言われる理由
  • 社内SEとして働く上でのメリット
  • 社内SEに向いている人の特徴
  • ワンランク上に転職するためのポイント

3つに分けられる。社内SEの仕事内容

社内SEとは、企業内における業務の効率化やコミュニケーションの活性化を推進するためのIT専門職です。

主に、社内システムの構築や保守・運用やセキュリティ対応に加えて、ヘルプデスクの窓口も担当しています。

このように業務の守備範囲が広い社内SEですが、大まかに分けると、次に3つの仕事内容に当てはまります。

  1. 社内システムの開発
  2. 社内インフラの整備
  3. ヘルプデスク対応

では、順を追って解説していきます。

1社内システムの開発

社内業務に特化したシステムの企画から開発、運用/管理までを行います。

大企業の場合は、事業部ごとに様々な部門が存在するため、常に複数の開発プロジェクトが進行しています。

このため、社内システムの開発は外注業者に任せて、社内SEは開発プロジェクトの管理系業務だけを担当するケースが多いようです。

2社内インフラの整備

社内SEの仕事にはネットワークやパソコン、アプリケーションなどの社内インフラ管理も行います。

そして、万一、トラブルが発生した場合は、いち早く復旧作業を行うのも社内SEです。

また、社内SEの役割として自社の基幹システムが安全に運用できるようにセキュリティ対策や保守作業もあります。

3ヘルプデスク対応

最近、社内SEの仕事で最も多いのが、社内ヘルプデスクの業務となります。

具体的には社員が使うパソコンの様々なトラブルや問い合わせに対応する業務です。

大手企業の場合は、ヘルプデスク業務自体を専門業者に委託しているケースが多いです。

その背景にあるのは、社内に様々なPC環境があることから専門知識のない社員にヘルプデスクを任せるとトラブルの解決に時間やコストが掛かる恐れがあります。

そこでヘルプデスク業務は、スペシャリストを有する専門業者に委託する企業が多くなっています。

客先常駐が地獄と言われる3つの理由-ITエンジニアが徹底解説

 社内SE「やめとけ」就職前に知るべき3つの理由

IT業界で働くエンジニアの中では「仕事がキツいから、やめとけ」との声がある社内SEですが、具体的に何が「やめとけ」と言われる原因なのか、以下の3つに絞ってご説明します。

  1. 業務によって勤務時間がバラバラである
  2. 仕事にやりがいを感じられない
  3. 調整作業が多く、ストレスを感じやすい

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1業務によって勤務時間がバラバラである

社内SEの仕事は多岐に渡りますが、例えば、社内システムのバージョンアップ作業は社員のいない休日に行います。

また、社内データー保護のため、保守業務として24時間体制で勤務しているケースもあります。

このため、社内SEは業務によって勤務時間がバラバラで、自己の体調管理に苦労することがあります。

2仕事にやりがいを感じられない

社内SEの仕事は開発職というより間接職の色合いが濃いです。

このため、開発現場で実際にシステム設計を行うことはなく、システムの企画や進捗管理を行う職種です。

したがって、ものづくりを希望する人にとっては仕事にやりがいを感じられないケースが多いです。

この状態は仕事に対してモチベーションが低いことであり、精神的負担が大きい職種です。

3調整作業が多く、ストレスを感じやすい

社内SEの仕事は対人関係に終始すると言っても過言ではありません。

例えば、社内の購買システムを外注業者に相見積もりさせたり、社内インフラ改修計画の窓口として関連部門との利害調整を行ったりします。

このため、人とのコミュニケーションが不得意な人はストレスを感じやすいです。

Sler「やめとけ」3つの根拠と失敗しないための企業選びを解説 【保存版】SES企業の大手一覧【25社】まとめ

 社内SEとして働く上での3つのメリット

いろいろとストレスが溜まりやすい社内SEですが、働くメリットもあります。

ここでは社内SEとして働くことで得られるメリットを以下の3つに絞ってご説明します。

  1. 勤務場所が固定されている
  2. ユーザーとの距離が近い
  3. 残業が比較的少ない職場である

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1勤務場所が固定されている

SIerに勤務するSEは、プロジェエクト毎に勤務場所が変わることが一般的です。

これはプロジェクト毎にクライアントが変わるため、セキュリティ保持の関係からクライアント先が職場になるケースが多いです。

これに対して社内SEは、仕事相手が社内の社員であるため、勤務場所が変わることはありません。

また、勤務場所が確定しているということは、通勤範囲を考慮すれば、持ち家も可能というメリットもあります。

2ユーザーとの距離が近い

SIerに勤務するSEの場合、相手先となるクライアントは縁もゆかりもない会社です。

このため、短期間のヒアリングではクライアント先が100%満足するシステム開発をすることができません。

この結果、開発終盤で機能追加や機能変更などが発生するケースがあります。

これに対して社内SEの場合、ユーザーは同じ会社の社員ですので、システム要望の背景や経緯を知っています。

また、納期の縛りもあってないようなものですので、100%満足するシステム開発が可能です。

3残業が比較的少ない職場である

一般的にSierはクライアント先からプロジェクトを受注すると納期が決まっています。

万一、納期が遅れた場合、仕事を受注したSIerはペナルティを支払う契約になっています。つまり、SIerに勤務するSEにとって納期は絶対です。

したがって、クライアント先から機能追加や突発トラブルが発生した場合、SEは納期を守るため、残業をせざるを得ません。

これに対して、社内SEは相手が社内ということもあり、多少の納期遅延であっても問題になることはありません。

この結果、社内SEは残業が比較的少ない職場と言っても良いでしょう。

社内SEに向いている人の特徴【3選】

社内SEに向いている人の気質を以下の3つに分けてご紹介します。

  1. 複数の作業を並行してできる人
  2. 人当たりがいい人
  3. ルール作りのできる人

2つ以上該当する方は社内SEの適性が高いと見て良いでしょう。

1複数の作業を並行してできる人

社内SEの業務範囲は幅広いため、担当業務の種類も多いです。

したがって、複数の仕事を同時進行で処理する能力が必要不可欠です。

このため、仕事に優先順位を付けて段取り良く仕事を処理できる人が向いています。

2人当たりがいい人

社内SEの仕事は1人で完結することがなく、多くの場合、複数の部門とコミュニケーションを取りながら行います。

したがって、相手の信頼を得るためには話しやすい雰囲気を持っていたり、愛想が良かったりと人当たりが良い人が向いています。

3ルール作りのできる人

社内SEの業務のひとつに社内のシステム開発があります。

この仕事で社内SEはシステム開発の企画や進捗管理などの裏方を担当します。

また、社内SEはシステム開発の終盤になると検証作業に加えて、システムを使用するユーザに向けて運用ルールを作ります。

新しいシステムが完成したとしても使うのは人間です。

したがって、社内SEは、誰もが簡単に操作出来るようなルール作りのできる人が向いています。

 社内SEを目指す前に確認すべき3つの転職ポイント

これまでの説明で社内SEは残業も少なく、転勤も少ないという恵まれた職場環境をご理解したことと思います。

そこで、本章では、社内SEを目指す前に確認すべき転職ポイントを以下の3つに分けてご紹介します。

  1. 転職可能な年齢をチェックする
  2. 自己の業務経歴をチェックする
  3. 取得した方が転職に有利な資格試験がある

では、それぞれ順を追って解説していきます。

1転職可能な年齢をチェックする

過去、社内SEはエンジニアから不人気の職種でした。ところが、最近は恵まれた職場環境から人気が上がっているのも事実です。

ここで最も大事なことは、中途採用に暗黙の年齢制限があります。

一般的に社内SEの中途採用で選ばれるのは『35歳以下』と考えたほうが良いでしょう。

企業側にとって、35歳以上となると柔軟な思考ができなくなるため、採用を控える傾向があるようです。

2自己の業務経歴をチェックする

社内SEの中途採用では、前職で社内SEの経験は余り重視されません。

なぜなら、人によっては、社内SEとしてヘルプデスクの業務経験しかない人もいるからです。

企業側が求める社内SEの人材像は、システム開発工程で上流から下流までを経験した人で、かつ社内の調整業務を経験した人となります。

もちろん、この2つを兼ね備えた人材は稀なので、どちらか一方の経験があれば、中途採用で社内SEになれるチャンスが高いです。

したがって、まずは自分が過去に携わってきた仕事を振り返って、自己の業務経歴をチェックして見ましょう。

3取得した方が転職に有利な資格試験がある

中途採用の場合、重視されるのは豊富な実務経験であることは間違いありません。

しかしながら、企業側から一目置かれている国家資格として高度情報処理技術者試験があります。

この試験は難易度も最高峰で知識だけでなく、実務経験を積まないと、なかなか合格できない試験と言われています。

具体的な試験としては、ITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験などが該当します。

該当試験に合格した人は企業側から見ると社内SEを行えるスキルや知識を有すると判断されます。

まとめ

以上、「社内SEやめとけ」と言われる原因について解説しました。最後に、本ページのおさらいとして「社内SEやめとけと」と言われる原因をサクッとまとめておきます。

  1. 業務によって勤務時間がバラバラである
  2. 仕事にやりがいを感じられない
  3. 調整作業が多く、ストレスを感じやすい

やりがいやスキルアップしたい方は、開発職を目指すことをオススメします。

イチオシ『IT』転職エージェント3選【無料】

こちらは『求人探すの大変…』といった方向けです。

担当者が、条件に合った求人を探し、〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれます。

「経験者」限定

  1. レバテックキャリア
    ⇒保有求人『7000件以上』、うち8割以上が『年収600万円以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. メイテックネクスト
    ⇒年間『8,000名』が利用、IT優良企業の非公開求人を多数保有、専任スタッフがサポート
  3. マイナビITエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート

「未経験者」限定

  1. ウズキャリIT
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、IT講師による学習サポートあり
  2. DYM就職IT
    ⇒就職成功率『96%』、優良企業『2,000社以上』、プロのITエンジニアがサポート
  3. マイナビエージェント
    ⇒大手優良企業の求人多数、非公開求人『約80%』、業界に精通した専任スタッフがサポート

「新卒者」限定

強力なサポートとして、内定獲得への支援を行ってくれる便利なサービスです。

  1. レバテックルーキー
    ⇒ITエンジニア『ナンバー1』、利用者内定率『85%』、ITに精通した専任スタッフが特別サポート
  2. dodaキャンパス
    ⇒登録学生『320,000名以上』 登録企業数『6,200社以上』 自分にあったオファーが届くサービス
  3. キャリアチケット
    ⇒1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)『60,000名』の就職支援をしてきたアドバイザーが専任でサポート
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です