未経験者必見!システムエンジニア「きつい」と言われる3つの理由を徹底解説

「システムエンジニアはキツいの?」

ITエンジニアの人材不足の背景もあり、IT未経験からシステムエンジニアとして就職しやすくなっています。

しかし、システムエンジニアはキツい職種だと言われており、IT未経験からだと尚更きつく、短期間で辞職する方も多い職種です。

そこで、本ページでは、IT未経験者向けに「システムエンジニアはキツい」と言われる3つの理由について現役エンジニアである筆者が解説します。

また、システムエンジニアに向いている人の特徴など、詳細を解説しているので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

未経験者必見!システムエンジニア「きつい」と言われる3つの理由

IT業界は慢性的な人材不足から未経験からシステムエンジニアに転職する人も多いです。

そこで、ここでは、プログラミング未経験からシステムエンジニアに転職して仕事がきついと言われる理由を3つご紹介します。

①納期がある

IT業界のプロジェクトは契約で納期が決まっています。

したがって、そこで働くプログラマーは納期に間に合うように日々の進捗状況を確認しています。

プロジェクトが順調に進むケースは少なく、多くの場合、問題を抱えながら日常の開発業務をこなしていると言って良いでしょう。

納期が近づくと開発業務だけでなく、バグ潰しや設計変更等への対応等と追加業務が増えてくるため、納期に追われて精神的に追い込まれることも多いでしょう。

②残業が多い

仕事が忙しいかどうかは配属されるプロジェクトの状況や時期に左右されます。

クライアント先からの追加要望や突発的なトラブルが発生すると、特に、プロジェクトの各工程の納期やシステムのリリース直前などの繁忙期は、残業や休日出勤が発生しやすく、体力勝負な面もあります。

さらに、未経験となると初体験の技術に触れる機会も多いですから、慣れるまではきついと感じるかも知れません。

③自己学習が求められる

日々進化するIT業界では常に新しい技術や知識を習得しなければなりません。

特にシステムエンジニアは例えばDXやノーコード/ ローコード等の技術トレンドを押さえておかないと開発のスタイルや工数に大きく影響するためです。

したがって、休日でも自己学習を行って第一線で通用するエンジニアの知識やスキルを習得する必要があります。

この結果、精神的な負担が大きいと感じる人は多いと聞きます。

システムエンジニアに向いている人の特徴【3選】

どんな職種も向き不向きがありますが実際に仕事に従事して見ないと分からないのも事実です。

そこで、ここでは、システムエンジニアに向いている人の特徴を3つご紹介します。自身の気質と照らし合わせて参考にしてください。

①コミュニケーション能力が高い人

IT業界全般に言えることですがエンジニアの業務は細分化しています。このため、製品開発の着手から納品までを一人で行うことはありません。

したがって、エンジニアは他のエンジニアとチームワークを発揮するため、コミュニケーション能力が問われます。

システムエンジニアもご多分に漏れず、クライアントやプログラマーとコミュニケーションしながら製品開発を進めて行くことが求められます。

つまり、システムエンジニアの気質は他の人と信頼関係を構築できるコミュニケーション能力が高いことが必要不可欠です。

②傾聴力の高い人

傾聴力の高い人とは言い換えれば聞き上手ということです。

エンジニアの世界で一流と言われる人の多くは傾聴力が高いです。

トラブル発生時、傾聴力の低い人は結果を求める余り、相手の話を聞かないため、原因追求に時間を要するケースが多々あります。

これに対して傾聴力の高い人は相手の話をしっかり聞くことができます。このため、相手は感情的にならず、短時間に原因追求が完了します。

したがって、システムエンジニアは傾聴力の高い人が向いていると言えます。

③論理的思考能力を持っている人

システムエンジニアの仕事はクライアント先の要望をヒアリングして開発機能の優先順位を付けることが求められます。

このため、システムエンジニアはゴールまでの道筋を立てて冷静に物事を考え行動できる論理的思考能力を持っている人が向いています。

感情に流されやすい人は状況次第で判断基準が異なるため、システムエンジニアに向いていません。

未経験からシステムエンジニアを目指すメリット【3選】

プログラミング未経験からシステムエンジニアを目指すのは確かにハードルが高いのは事実です。

一方で、このハードルを乗り越えて第一線で活躍する現役のエンジニアも数多く存在します。

そこで、ここでは、未経験からシステムエンジニアを目指すメリットについてご説明します。

①システムエンジニアは高収入

2019年、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によるとシステムエンジニアの平均給与は約568万円でした。

これに対して一般会社員の平均給与は約441万円でした。

このデータから分かる通り、システムエンジニアは一般会社員より年間約120万円も多く、高収入であることが分かります。

②システムエンジニアは将来性がある

IT業界はコロナ禍で多くの企業が業績を落としている中で業績を上げております。

さらに、近年は企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)やIoT(Internet of Things)の台頭により、ITサービスの需要が好調で多くの企業から様々な開発要請を受けている状態です。

この活況はしばらくの間、継続すると予測されており、IT業界は将来性の高い業界であると言えます。

同時に、その開発現場を仕切るシステムエンジニアも将来性がある職種と言って間違いありません。

③個人の生活スタイルに合った働き方が可能

会社員の場合、オフィスに出勤して決められた時間を拘束されることが一般的です。

これに対してITエンジニアを含めたシステムエンジニアは、勤務スタイルの自由度が高くリモートワークやフレックスタイムを活用することで個々人にあった生活スタイルで働くことが可能です。

つまり、IT技術者は会社に縛られない働き方ができるという大きなメリットが手に入ります。

未経験からシステムエンジニアになる方法

「プログラミング経験は無いが本当にシステムエンジニアになれるの?」という疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、未経験でも中途採用でシステムエンジニアになることは十分に可能です。

この背景にあるのは、IT技術が様々な分野に拡大して需要を上回るエンジニアが必要とされているからです。

したがって、システムエンジニアは慢性的な人材不足になっているということです。

この結果、プログラミングに対する苦手意識さえ無ければ、積極的に中途採用を行っている企業も多数存在します。

このような企業はプログラミング未経験という前提で教育カリキュラムが組まれており、半年程度の研修で一人前のエンジニアとして働けるスキルを習得できます。

つまり、技術面に関しては転職してからしっかりと学べるため、プログラミング経験の有無を気にする必要はありません。

システムエンジニアになるためのおすすめの資格

システムエンジニアになるための必要な資格はありません。

しかしながら、プログラミング未経験からシステムエンジニアを目指す際、有利な資格は以下の3点です。

①基本情報技術者試験

本試験は実践的なプログラミング能力を測るものではなく、IT全般の知識を有しているかを認定する試験です。

国家試験であるため、IT資格の中でも認知度が高く、本試験の合格者はITエンジニアとして基本スキルを保持していると判断されます。

類似試験にITパスポートがありますが、対象者は一般社会人です。

このため、ITパスポートは出題範囲も狭く出題レベルも基礎的な内容です。

したがって、システムエンジニアへの転職を目指している人は本試験を狙いましょう。

②PHP技術者認定試験

この試験はPHP技術者認定試験の民間団体が運営し、種類は初級と上級の2種類あります。

初級の受験レベルはプログラマー歴2年以内のエンジニアを対象としています。まずは初級の合格を目指すことをおすすめします。

PHPは市場規模の大きいWordPressを作ったプログラミング言語です。

CMSで世界No1のシェアを持つWordPressはWebサイト制作で最も人気が高いです。

したがって、市場ニーズの高いPHP技術者認定試験に合格することは転職で有利に働くことに間違いありません。

③Ruby技術者認定試験

本試験はRubyを開発した日本人エンジニアが団体を運営しています。

Rubyは日本発のプログラミング言語であるため、Rudyをマスターした日本人が多いのが特徴です。

試験の種類はSilverとGoldの2種類が用意されています。まずは入門者を対象としているSilverを目指すことをおすすめします。

スタートアップ企業ではライセンス保持者を即戦力として待遇しますので、持っていて損のない資格です。

システムエンジニアのキャリアパスとは?

システムエンジニアに従事することをゴールとする人と、その後のキャリアパスまでを描いた人では技術者としての成長に大きな差異が生じてきます。

したがって、優秀なエンジニアとして第一線で活躍するために常にキャリアパスを考えて行動することが必要不可欠です。

そこでここではシステムエンジニアが目指すべきキャリアパスを3つご紹介します。

①セールスエンジニア

セールスエンジニアは企業の収益に直結する職種であるため、将来的に経営層を目指す人には最適なキャリアパスのひとつです。

仕事内容はクライアント先に自社の営業ではカバーできない技術的な相談や解決策の提案を行います。

商談を勝ち取るためには自社商品を売り込むだけでなく、技術的なスキルを持つセールスエンジニアがクライアント先の悩みを聞き、独自のサービスを提案することが求められる職種となります。

この職種で成功するためにはセールスノウハウだけでなく、エンジニアとしての実務経験が求められます。

②フリーランスエンジニア

エンジニアに従事した人であれば、誰もが憧れる職種がフリーランスエンジニアです。

一介の会社員という立場から独立して経営者側になることで年収1000万円以上も夢ではありません。

数あるITエンジニアの職種でフリーランスエンジニアに転職する確率が最も高いのがシステムエンジニアと言われています。

しかしながら、実力勝負の世界ですので生き残って行くためには高品質な製品だけでなく、独自性のある製品開発にシフトして行くことが必要不可欠です。

絶えず自己成長を続けて独創性を追求することがフリーランスエンジニアに課された稼業と言って良いでしょう。

③プロジェクトマネージャー

会社員としてリスクを冒さず収入を上げるには管理職を目指すことが最短距離です。

システムエンジニアの経験を生かしたキャリアパスとして最適な職種はプロジェクトマネージャーです。

プロジェクトマネージャーになるためにはマネジメント能力を高める必要があります。そのためには様々な開発プロジェクトの経験を積むことです。

まずは、身近なプロジェクトマネージャーの行動や言動を意識して観察しましょう。

仕事がきついと感じた時に乗り越える3つの方法

長い会社員生活を続けていると誰もが仕事がきついと感じる時がある筈です。

きつい期間は人それぞれですが、そんな時こそ短絡的な行動を排除して以下の3つを実践してください。

①目標設定をする

漠然と仕事をしていると些細なつまづきから仕事がきついと感じるケースがあります。

この原因にあるのは仕事に楽しみを見つける余裕が無いことです。

楽しみを見出す最も簡単な方法は目標を見つけることに他ありません。

目標は小さいことで問題ありませんが、例えば、自分の得意な仕事を毎日3つ処理すると目標設定します。

毎日、この目標設定をクリアすることで達成感を感じることができます。

これによって仕事に対する楽しみが生まれてキツいと感じることが薄れてくるでしょう。

②システムエンジニアとしてのメリットを考える

仕事がきついと感じる時は、きついことや嫌なことに意識が集中し悪循環に陥る恐れがあります。

このような時は、初心を思い出してシステムエンジニアとして働くメリットを考えましょう。

システムエンジニアは他の仕事に比べて給与が高く、働く場所や時間も自由度が高い。更にモノづくりを通じて専門職としてやりがいがあったはずです。

働き続けることのメリットを紙に書いて見ると自分を客観視できて冷静になれるでしょう。

③配置転換を提案する

自己と向き合って現在の職種が合わないとなった場合、上司と相談してみましょう。

当然ながら上司は理由を聞いてきますので、納得できる答えを用意することが大前提です。

例えば、現在の仕事環境の中で幾つかの行動を行ったが改善できなかったなどです。

配置転換を希望することで新しい環境で新たな人間関係を構築しなくてはなりませんが、同じ社内ですので社内ルールや社風は心得ているでしょう。

したがって、あなたは新しい職場で孤立することなく精神的な悩みは解消する可能性が高いです。

まとめ

以上、システムエンジニアがキツイと言われる理由を解説しました。

システムエンジニアはキツい仕事ではありますが、高収入を目指せる職種でもあり、将来性もあるので、高収入を得たい方にはオススメです。

イチオシ転職エージェントサービス

下記のサービスは『自分で求人探すのは大変…』といった方向きで、『条件に沿った求人紹介』『履歴書の添削』『面接対策』『面接日程の調整』を業界に精通した専任スタッフが無料で行ってくれます。

非公開求人も多数保有しているので、ぜひ活用してみてください。

イチオシ『ITエンジニア未経験者』限定の転職エージェント【無料】

  1. ウズキャリIT
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、IT講師による学習サポートあり
  2. ワークポート
    ⇒【IT未経験者も利用可能】無料プログラミングスクール『みんスク』運営、IT専門コンシェルジュがサポート
  3. ネクストキャリアIT
    ⇒研修充実・残業が少なめの優良企業『2,000社』以上の求人を保有、プロの専任アドバイザーがサポート

イチオシ『業界未経験20代』向けの転職エージェント3選【無料】

  1. 就職Shop
    ⇒リクルート運営、未経験者向けの求人数『トップクラス』、専任アドバイザーがサポート
  2. DYM就職
    ⇒サービス満足度『高評価』20代向けの求人多数保有、プロの専任アドバイザーがサポート
  3. UZUZ
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、専門アドバイザーがサポート

イチオシ『総合』転職エージェント3選【無料】

  1. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数トップクラス、非公開求人『10万件以上』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント
コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。