初任者・実務者研修を0円取得- 4つの方法

超ホワイトな特養で働いている男性の体験談『介護施設には、働きやすい職場もあります』

本記事では、特別養護老人ホーム(特養)で働いている男性の体験談を紹介しています。

介護職はブラックな施設が多いですが、この男性の働いている特養は給料も県内トップクラスで残業もほとんどなく、時間外の研修もなく、人間関係も良好、まさにホワイト施設ということになります。

ブラック施設から抜け出したい介護士さん必見です。

超ホワイト特養で約2年働いている男性のプロフィール

私は福井県在住、福祉系分野の勤続年数10年目になります。

現在働いている施設は特別養護老人ホームで勤続年数は2年と2ヶ月になります。

従業員は理事長、施設長、施設長補佐、事務員3人、看護師3人、相談員2人、ケアマネ2人、栄養士2人、厨房約5名、介護職は正規約30名(内介護主任5名)、非正規5名ほどになります。

私の保有資格は介護福祉士、介護支援専門員、アクティビティワーカーです。

特養での給料額の詳細

私が働いている特養では、基本給195000円+諸手当(交通費.資格手当、夜勤手当等)80000円ほど、月々総支給275,000円もらっています。

ボーナス支給は夏、冬1.8倍ずつで、約350000円ほどになります。

勤務形態は

  • 早番7:30〜16:00
  • 日勤8:30〜17:00
  • 遅番10:30〜19:00
  • 夜勤16:00〜翌朝9:00

となっています。

サービス残業はほとんどなく、業務内でできなかった担当入居者への仕事などを行うこともありますが、ほとんどの方は数分程度で終わり、定時に帰ることができます。

管理職の方のみ、管理職業務やシフト調整などで残ることもありましが、それでも1時間以上残る日はまれです。

特別養護老人ホームで勤めて『大変』と感じたこと

先に大変なことを紹介しています。

施設がなかなか珍しい創りになっていて、他の施設と違って縦に長い8階建になっています。

そのため各フロアの入居者が15名ほどですが、職員の配属フロアは固定できず、毎日配属されるフロアが変わるため、全階の入居者約90名ほどの特徴や対応をしっかり覚えなければ、一人前に勤務できないと言う事です。

今まで僕が働いてきた施設では1フロア多くても40人ほどで固定されていたので、新人時代覚えるのにあまり苦労はしませんでしたが、現在の施設はその倍以上覚えなければいけなく、かつ日によって階が変わるため、頭の中がごちゃごちゃになり、覚えるのに苦労しました。

また、施設内研修や施設外研修の案内もほとんどなく、職員それぞれの知識や技術にもムラがあるため、介護が統一されず他の施設に比べて介護職員の不注意による事故が多いように感じます。

それに伴い、指導マニュアルなどもほとんどなく、プリセプター制度(新人の担当指導者)なども導入していないため、日によって変わる指導者のやり方、教え方が違い、新人が戸惑うことも多々ある現状です。

なので、介護福祉士として自己向上を目指し将来ステップアップしていきたいという方には不向きな施設であると感じます。

私が働いている特養が超ホワイトだと思うこと

その中でも、私がホワイトと感じたところは、今まで働いてきた施設に比べて、人間関係もドライで、あまりお互いに干渉し過ぎず、かつ干渉しなさずぎない所です。

仕事がしやすく、自分のその日の仕事をまっとうすれば誰からも文句を言われないと言うことです。

それぞれが自分の仕事を淡々と行って行くため、一日の業務の流れを覚えてしまえば問題なく業務を遂行する事が可能です。

また、前述にも述べた通り、良くも悪くも研修制度がほとんどないため、時間外で行う仕事もほとんどなく、プライベートの予定も立てやすいと言うことも嬉しい点であります。

賃金に関しても、県内の介護施設の中では良い方であり、私が今まで働いてきた介護施設の中で仕事量に対する賃金の割合はトップクラスに良い施設だと感じています。

また、一般的な介護施設では、病欠や家庭の都合などで休むと、当日の勤務者にしわ寄せが来るため、なかなか休みにくい事が多々ありますが…

私が働いてる特養では、全員が全ての階の入居者を把握しているため、調整をかけやすく、皆が遠慮なく休んだり、そのような雰囲気作りを出しているので、比較的に休みやすい職場でもあるのは子持ちの主婦にとても都合の良いところであると思います。

私個人としても、今までの施設や介護教員として働いていた時は、始業前は嫌な気持ちになっていましたが、今の施設では全くありません。

嫌な人間関係もなく、転倒や自己リスクに対しても他の施設よりピリピリしていなく、気分も楽に仕事できています。

男性介護職員も半分程おられるので、男性職員の意見も比較的に通りやすいと思います。

簡単にまとめますと。

私が働いている特養は、介護士としてステップアップし、この業界で活躍したいという方には向かない職場でありますが…

仕事は生活のためと割り切れる方にはちょうどいい場所ではなのではないかと思います。

この施設は介護業界としては実労働の割に給料が高いので、おススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。