トランスコスモスのコールセンターの評判はヤバい?体験談と合わせて解説

「トランスコスモスのコールセンターってヤバイの?」

トランスコスモスのコールセンターは、時給が高いことで有名ですが、ネットでは「ヤバイ」といった口コミが数多く見かけますよね。

口コミ通り、本当にヤバイのか、気になるかと思います。

そこで、本記事において、実際にトランスコスモスのコールセンターはヤバイのか否か、SNSの評判と元社員さん(Sさん)の体験談に基づいて検証していきます。

なお、元社員さん(Sさん)の体験談は『クラウドワークス』を介して、ご本人さん(Sさん)に執筆して頂いています。

この記事でわかること

  • トランスコスモス、コールセンターの賛否ある評判
  • トランスコスモス、コールセンターの初期研修内容と期間内の給料
  • トランスコスモス、コールセンターの良い点・悪い点

トランスコスモスのコールセンターはヤバい?SNSの評判

では始めに、トランスコスモスのコールセンターの評判について、SNSで見つけた口コミを評価別に分けて、紹介していきます。

評価の高い口コミ

まず、評価の高い口コミですが、大手ならではの福利厚生や、オフィスの真新しさに評価を付ける方が多くいます。

比較的に待遇が良い

派遣会社は自分の経験だけど、TMJ・トランスコスモス・もしもしホットライン辺りは、派遣先(仕事先)の上司次第だけど、給料的にも、福利厚生的にも比較的良いかと思います

Twitter

トランスコスモスはオススメ

【72】立ち上げとか、同期で新人が一気に入るタイミングがいいと思います!研修とか学校みたいで仲良くなれるし、お客様で当たりきつい人はいるけど、所詮、顔見えないから余裕で交わせます

座りっぱなしで暖房効いててオフィスは綺麗ですし、今までやったなかでおすすめはトランス・コスモスです

ガルちゃん

ブラックほどの会社ではない

【138】私もトランス昔勤めていた。元同僚の方が何名かいるな。笑

私のいた事業所は割とぬるいところだったからブラックというほどではなかったけど、ホント場所によるみたいだったね。

コロコロと部署名とか部門名変わって何がしたいの?って思っていた。

あと、客先に出せない社員を本社で、たくさん働かせて、この子達と、ほぼ給料変わらないってどーいうことなのか、と色々な疑問があったな。

ガールズちゃんねる

評価の低い口コミ

一方、トランスコスモスのコールセンター業務に対して、評価の低い口コミは、『人間関係』や『派遣先への不満』に対してのコメントばかりでした。

運悪く、人間関係の悪い職場に配属された、ということが原因となっています。

嫌な思い出しかない

【97】昔トランス・コスモスに勤めてました。本当に大変だった。嫌な思い出ばかり。

TET研修という洗脳研修旅行最悪だったな・・・

ガールズちゃんねる

トランスコスモス社員にバカにされた

トランスコスモスは、いきなり派遣でも打ち切り。社員の態度は舐め腐ってる。

言ってる事とやってる事が違いすぎて、馬鹿にされまくってる。コロナの感染者がちょこちょこ出てます。クラスターでニュースにもなってますしね。

Twitter

派遣先が最悪だった

トランスコスモスが紹介する派遣先はパワハラの オンパレードです。知り合いが携帯ショップでワイシャツに少しシワがあるだけで職場のトイレを使わせてもらえなかったみたいです。

Twitter

対応する社員によって指示が異なる

【236】かつて、トランスコスモスのコールセンターで働いたことあるが、私語厳しすぎるし挙手で質疑するんだけど、対応するリーダーやSVによって指示内容違う。

また、同じ案件で同じ人に質疑対応してほしいのに、違う人が来たりすると、1から経緯説明しなきゃで、面倒臭いしセンターの運営方法も効率悪すぎる。

ガルちゃん

いかがでしょうか。トランスコスモスの口コミについて、ネットでは、悪い事ばかり書かれていますが、実際には働きやすい職場も多くあるようです。

では、トランスコスモスのコールセンターで働いていた元契約社員さんによる体験談を紹介していきます。

【元契約社員が語る】トランスコスモスを辞めたい!退職後のオススメ転職先

【体験談】研修充実!トランスコスモスのコールセンターは未経験から始めれる。

私(Sさん)は、現在、30代ですが、20代のときにトランスコスモスへ契約社員として入社しました。仕事内容は、コールセンターでの受電対応です。

某大手銀行の案内窓口で、主にHPなどのパソコン操作が分からない人に向けての操作案内をする仕事でした。

前職を辞めていた私は、何となく目に留まった『とらばーゆ』での募集要項に興味を持ったのです。

前職の事務が激務で、1日の残業時間が3時間を超えることも珍しくなかった私にとって、『残業ほぼなし』の文字は魅力的でした。

履歴書を持って面接に行った結果、無事合格。面接の内容は難しいものではなく、どちらかというと誰でも受かりやすいものだという印象でした。

ここから、トランスコスモスで勤めた内容についてお伝えします。

1.研修内容

入社してから一人で受電するようになるまでの研修期間は、1ヶ月ありました。

おそらくコールセンターの研修の中でも、かなり長い方だと思います。

担当するのが銀行窓口だったため、内容が少なからずお金に関わることだった上に、ルールがかなり厳しく、応対品質もかなりレベルが高いものを求められたことが理由だそうです。

1ヶ月の内、前半の2週間は座学ばかりでした。具体的に行った研修内容は、以下のようなものです。

  1. 業務内容の座学
  2. 応対品質の座学
  3. ロールプレイ
  4. エスカ研修
  5. OJT
  6. 筆記テスト
  7. ロールプレイテスト
  8. 実践テスト

一つ一つ、詳細を記載します。

1.業務内容の座学

電話で案内する内容を学ぶ研修です。

パソコンの画面案内を行う業務でしたから、どこのボタンをクリップすると、どこの画面に飛ぶのか、どういった手続きは、どこの画面から行うのか、といったことを勉強しました。

普段からパソコンやスマホを使う人にとっては、そこまで難しい内容ではないのですが、何せお金に関わる画面の案内を行うのです。

ここの画面では「ボタンをクリックしてください」といった指示になることは言ってはいけない。

ここの画面では「手続きができる」といった、絶対できると言い切る良い方はしてはいけない。

そういったNGルールがとても多く、これを覚えることに苦労しました。

座学は、『個室で新入社員が机に座り、上司の方が前に立って教える』といった、まさに学校のスタイルで行います。

覚えることは多かったけれど、銀行の手続きについても詳しくなれたし、なにより仕事をせずにお金がもらえたので、一番楽な時期でした。

2.応対品質の座学

業務内容と同じく、応対品質を座学で学びます。応対品質というのは、『お客様に対しての正しい言葉遣い、コールセンターにふさわしい対応方法の品質』ということです。

業務内容と同じく、銀行窓口としてのコールセンター担当だったため、かなり厳しい判断基準が求められました。

例えば、

  • 「当銀行」ではなく「弊社」を使う。
  • 「とんでもございません」ではなく、「とんでもないです」が正しい。
  • 電話はお客様が切ってから、手で受話器のボタンを押して切る。
  • お客様の言葉は絶対に遮らない。

といった細かいルールが設定されていました。

こういった内容を一つ一つ学び、小テストのようなものを繰り返し受けることで定着させていく、といった研修内容でした。

3.ロールプレイ

座学がある程度進むと、ロールプレイを行うことが増えてきます。

基本的には同じ新入社員である仲間と2人組を作り、電話をかけてきた「お客様役」と、「オペレーター役」を担当して、受電の練習を行います。

最初の内は台本が用意されていて、それに沿った内容を話していくだけなので、とても簡単な研修です。

また、案内内容もシンプルなものに設定されているので、むしろ座学の息抜きになっていました。

ですが、研修日程が進むにつれて内容は難しくなり、たまに上司とのロールプレイをすることもあります。

ここで、座学だけでは習得できない、『質問されたことに間髪入れずに正確な回答をする』という生の音声対応に順応できないと、本当のお客様相手の受電対応をするのはかなり難しくなるでしょう。

4.エスカ研修

この研修は、私が勤めいたトランスコスモスのコールセンター独特のものだったかも知れません。エスカ、というのは「エスカレーション」力です。

私が勤めていたセンターでは、上司に受電についての報告や相談をする、という意味で使われていました。

銀行窓口の対応なので、お客様から質問された内容によっては、回答がとても複雑だったり、少し間違えて答えてしまうと問題になってしまったりと、非常に細かいルールが多々ありました。

そのため、自分の力量以上のことを聞かれたときにはすぐエスカする!ということが厳しく決められていて、そのタイミングを勉強するのがこの研修です。

お客様からこう質問されたときは?

こういった質問のときは?

というクイズのような研修を経て、エスカすべきなのか、自分で対応すべきなのか、もしくは他部署へ転送するのか、正しい選択を学んでいきます。

5.OJT

OJTとは、先輩の席の隣に座って、本物のお客様との受電対応を勉強することです。

インカムという、フリーハンドで電話ができる機械を使って、お客様と先輩のやり取りを聞くことができます。

もちろん、通話中は一切喋ってはいけません。これはかなり勉強になります。

やはりロールプレイと実際の対応というのは全く違うので、『業務内容の研修を経た勉強法』という意味では、これが一番なのではないかと思っています。

OJT中に、先輩でも答えられないことがあって、ピンチになったり、お客様が怒りだしたり、といったことも珍しくはありません。OJTは、クレーム対応を学ぶ唯一のチャンスです。

コールセンターとクレーム対応は切っても切り離せないものなので、早めに慣れておくのが良いかなと思います。

5.筆記テスト

座学で学んだ内容を、紙のテストで審査します。正確な数字は忘れてしまいましたが、確か95点以上が合格ラインだったと思います。

点数だけ聞くと難しそうに感じますが、基本的には座学で学んだことがそのままテストとして出てくるので、ちゃんと勉強していれば合格できる内容です。

現に、私のときは同期全員が問題なく突破していました。

6.ロールプレイテスト

上司とロールプレイを行って、案内内容に応じて合否を決めるテストです。こちらは2回ロールプレイを行うのですが、案内する内容は最初からある程度決められています。

確か、7種類ほどある案内内容から、ランダムで2種類が選ばれるようになっていたかと思います。こちらも、研修中のロールプレイを真面目に行っていれば合格できる内容です。

このロールプレイのテストと、筆記テストを合格しないと、実際の電話対応を行うことはできないルールになっていました。

コールセンターによってはテストなどなく、研修をするとすぐ電話対応をするところもあるそうですが、それはそのセンターごとのルールによるのかなと思います。

働いていた仲間には、前職コールセンター勤務の人も多くいましたが、それぞれのセンターによって特色は大きく異なるようでした。

7.実践テスト

これは実質の最終試験です。実際にお客様の電話対応を行い、それを隣で上司が聞いています。『3回ほど行った内容で合否の判断を告げられる』といったものになっていました。

テストとしては、これが一番厳しく、正直どんなお客様に当たるかという運にも左右されるものになります。

具体的な判断基準というものは分からないのですが、とにかくNG案内を行った時点で一発アウト。NG案内というのは、業務研修の説明欄で伝えている、細かいルールを破ることです。

さらに、まだ研修で習っていない範囲の説明について少しでも答えてしまうと、その時点で不合格です。

同期の中で、筆記テスト・ロールプレイのテストで落ちた人はいませんでしたが、この実践テストでは10人中2~3人落ちていました。

研修時の給料は満額もらえる

私が勤めていたトランスコスモスのコールセンターでは、研修中も給料が満額支払われました。

募集要項の時点で、研修期間も受電後と変わらない給料が出ることは知っていたので、入社してから何も感じなかったです。

もともと高い給料ではなかったのですが、勉強しながらお金をもらえるのは、得をした気分でした。

コールセンターの仕事『向いている人』『不向きな人』経験者5人が解説

トランスコスモスのコールセンターで働く上でのメリット&デメリット

続いて、私がトランスコスモスのコールセンターで働いて感じた良い点と悪い点について、お伝えします。

トランスコスモスのコールセンター【良いと感じた点】

まず、トランスコスモスのコールセンターで働いて感じた良い点から紹介していきます。

1.人間関係が良好

元々事務職を経験していた人間にとって、トランスコスモスのコールセンターの人間関係は天国でした。まず皆、自分の受電対応で忙しいので、人にとやかく言う人はいません。

また、お客様から怒られたり、理不尽な要求をされたり、といったことは、全社員1度は経験しているので、苦労を共有して仲間意識が芽生えます。

受電が暇なときには、隣の仲間と軽くおしゃべりをしてリフレッシュすることも可能です。

また、センターには、ある程度の社員が働いていましたから、良い距離感を保って仕事ができました。

2.残業がほとんどない

コールセンターでは、受電の対応時間が決まっています。なので、対応時間を過ぎると自動的に電話の回線が切れるようになっていました。

定時を過ぎれば、自分が対応している電話が終わると帰れます。もちろん、電話対応が長引いて残業することもありますが、1時間も残業することは3ヵ月に1回あるかどうかです。

主婦やプライベートでの趣味を大切にしたい人には、トランスコスモスのコールセンターは良い環境でした。

3.早退欠勤がしやすい

基本的に、自分しかできない仕事ではありません。なので、突然の早退欠勤があっても仲間にかかる迷惑は非常に少ないです。

もちろん、その人がいない分の受電は回ってくるのでしょうけど、目に見える仕事ではないし、一度に2人の受電はできませんから、不満に感じる人は少ないでしょう。

持病がある人や、子どもがまだ小さい人にとっては、かなり働きやすい環境だと思います。

4.休憩がしっかり取れる

仕事によっては、お昼休憩もまともに取れないことがあると思います。実際、私が以前勤めていた事務職でも忙しいときは昼休み返上で働いていました。

ですが、コールセンターでは順番に休憩を取っていたので、お昼ごはんを食べ損ねることはありませんでした。

また、これはトランスコスモス全体のルールかは分かりませんが、午前と午後に15分ずつ小休憩があって、それもちゃんと毎日取れていました。

5.冷暖房完備

コールセンターは冷暖房完備なところがほとんどだと思います。夏の暑い日でも、冬の寒い日でも、快適に過ごすことができます。

6.座って仕事ができる

力仕事がありません。仕事中に持つ1番重いものと言えば、書類の入ったファイルくらいでしょう。

体力のない方や、持病のある方もできる仕事です。子育て主婦の中には、「休憩中の気分」だと言っている方もいました。

7.資格がなくても働ける

しっかりとした研修をしているので、資格がなくても働けます。事務職だと、ワード・エクセルの知識や、経理の経験が必要だったりしますが、コールセンターは無資格・未経験でも働ける仕事です。

8.自分一人で仕事が完了する

基本的に、自分の仕事は自分で完結する仕事です。

もちろん、不明点を上司に確認したり、必要に沿って他部署に電話を転送したりしますが、原則は自分の失敗は自分で責任を取るので、仕事の進め方を人に左右されるのが苦手な人にはおすすめです。

トランスコスモスのコールセンター【悪いと感じた点】

続いて、トランスコスモスのコールセンターで働いて感じた悪い点について、紹介していきます。

1.やりがいを感じにくい

毎日同じことの繰り返しなので、やりがいはかなり感じにくいです。

成果が目に見えて分かるわけではないので、案内をすることでお客様に喜んでもらう、そういったことでモチベーションを保てる人でないと、長く務めるのは難しいように思います。

ただ、インセンティブが発生するようなアウトバウンドのコールセンターなら、やりがいもまた違ってくるのかなという印象です。

2.1日中座っている

これはメリットでもありますが、大きなデメリットでもあります。実際に、これを理由に辞めていった人もいました。

1日中座って仕事をするというのは、向いていない人にとってはかなり苦痛です。「動いていたい!」「常に目新しいことをしたい!」そういった人には、向いていない仕事かもしれません。

3.精神的なタフさが必要

これはどんなコールセンターでも必要なことだと思います。毎日電話を取り続け、何百、何千というお客様と話すので、当然に嫌なことを言われることも多々あります。

怒鳴られたり、嫌味を言われたりしても、すぐ切り替えができるタフさ。

お客様が怒って早口になっても、落ち着いて対応する冷静さ。

お客様の感情と自分の感情を切り離して考えることができないと、精神的に辛くなるお仕事です。

KDDIエボルバは酷い?評判を職種別『年収』と合わせて解説

イチオシ『転職』エージェント3選【無料】

転職エージェントは『自分で求人探すのは大変』といった方向けです。

担当者が条件に合った求人を探し〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれる無料で利用できる便利なサービスです。

  1. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数『トップ級』、『10万件以上』の非公開求人を保有、専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント

オススメ『派遣会社』3選【無料】

  1. マイナビスタッフ
    ⇒大手マイナビ運営、『事務系』『クリエイティブ職』仕事に強い派遣会社
  2. テンプスタッフ
    ⇒業界トップクラスの求人数を保有、『事務系』仕事に強い派遣会社
  3. 綜合キャリアオプション
    ⇒日払い可能、『軽作業』『事務系』『コールセンター』仕事に強い派遣会社

おすすめ『メガ』求人サイト【3選】

  1. アルバイトEX
    ⇒東証一部上場企業『じげん』が運営、『もれなく3万円』、Wお祝い金で最大11万円
  2. ギガバイト
    ⇒日本最大級アルバイト求人サイト、『お祝い金』がもらえる求人あり、『日払い』『単発』バイト多数
  3. リクナビNEXT
    ⇒『毎週2.6万人以上』が新規登録、リクナビNEXTだけの限定求人を『約85%』保有

まとめ

以上、トランスコスモスの評判・体験談について解説していきました。最後におさらいとして本記事をサクッとまとめておきます。

  • トランスコスモスのコールセンターはヤバくない
  • トランスコスモスの福利厚生は充実している
  • コールセンターの仕事は離職率が高い

トランスコスモスに対して千差万別な口コミはありますが、基本的にはヤバい会社ではありません。

ただし、人間関係が良好でないコールセンターもあります。それは入社してみて気付くことなので、どうすることもできません。運次第です。

また、コールセンターは、離職率高めの仕事で、メンタルが強い人やコミュニケーション能力が高い人でないと続かない仕事です。

そのことも踏まえて、トランスコスモスに就職するのか、検討してみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です