WEBデザイナー「やめとけ」と言われる意外な理由 ‐ 回避方法を解説

「WEBデザイナーに転職することは、やめたほうがいいの?」

WEBデザイナーとググると、関連キーワードに『WEBデザイナー やめとけ』と表示されます。

WEBデザイナーになろう、と考えている方からすると、かなり不安に感じると思います。

そこで、本記事において、なぜ?「WEBデザイナー やめとけ」と言われるのか、解説したいと思います。

また、「WEBデザイナー やめとけ」と言われる原因の回避方法、ブラック企業の見極め方法、についても具体的にお伝えします。

この記事でわかること

  • WEBデザイナーの大まかな仕事内容
  • WEBデザイナー「やめとけ」と言われる原因
  • WEBデザイナーで年収を上げる方法
  • ブラック企業の見極め方法

【4つの工程】WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーとは、そもそもどのようなものでしょうか?

WEBデザイナーとは、個人や企業などのクライアントから依頼された内容に沿って、WEBサイトのデザインを担当する仕事です。

見た目のデザインだけでなく、ユーザーにとって使いやすいWEBサイトかどうかや、クライアントの目的が達成できる設計にしているかなど、WEBサイトの全てを設計する仕事です。

WEBデザイナーの主な仕事内容は、

  1. WEBサイトの要件整理
  2. ワイヤーフレームの作成
  3. デザインの作成
  4. コーディング

の4つになります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.WEBサイトの要件整理

WEBサイトの要件整理とは、クライアントとの打ち合わせによってこれから制作するWEBサイトの完成像や目的を明確にすることです。

クライアントへのヒアリングによって希望するWEBサイトがどのようなものかを調査したり、WEBデザイナーが専門家としてデザインへの提案をクライアントへ行うことで、WEBサイトの完成像や目的を明確にしていきます。

制作するWEBサイトは誰に向けたもので、そのために必要な施策は何かをクライアントとともに整理していき、企画書にまとめます。

またWEBサイトのイメージに沿った配色やレイアウトなども検討していきます。

2.ワイヤーフレームの作成

ワイヤーフレームとはWEBサイトのレイアウトの骨組みを決めるデザイン案のことで、細かな装飾や色味ではなく、メニューやロゴやサイドバーといったWEBサイトの構成要素の配置や大きさを決めるものです。

例えば、「メニューの配置を画面の上側にするか左側にするか」「必要なメニューの項目は何か」「写真と文字をどこに配置するか」といったことを考えて、illustratorを用いてワイヤーフレームを作成していきます。

ワイヤーフレームの作成によって、WEBサイトに訪れた人の目線をどのように誘導していくかまで決めていき、次のデザイン作成の工程をより効率良くします。

3.デザインの作成

デザインの作成では、要件整理した内容やワイヤーフレームに沿って、WEBサイト全体の配色やロゴやバナー作成など詳細部分を制作していきます。

Photoshopやillustratorを用いてデザイン作成を行い、WEBサイトがようやく目に見える形として仕上がってくる段階となります。

4.コーディング

コーディングとは、完成したデザインをWEB上に表示させるための作業で、HTMLやCSSといったプログラミング言語を用いてWEBサイトの実装を行う工程です。

コーディングだけでも専門性の高い工程となっているため、コーディング専門のスタッフが担当することもあります。

WEBデザイナー「やめとけ」と言われる意外な理由

「WEBデザイナーはやめとけ」という意見をインターネット上で見かけることがあります。WEBデザイナーをやってみたい人や志している人は、「やめとけ」と言われる理由について気になることかと思います。

「やめとけ」と言われる具体的な理由は、次の3つです。

  1. 単価が低く、給与が上がりづらい
  2. 残業が多い
  3. 職務内容が会社によって異なる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.単価が低く、給与が上がりづらい

「やめとけ」と言われる1つ目の理由は、WEBデザイナーの仕事は「単価が低く、給与が上がりづらいから」です。

WEB制作会社は価格競争が激しく、ホームページ制作の受注価格が下がっていっている傾向にあります。受注価格が下がると、人件費は上げにくくなるのでWEBデザイナーの給与は上がりづらくなるという構造です。

WEBデザイナーの平均年収は300万円~350万円と決して高くなく、給与は上がりづらい業界であると言えるでしょう。

また中小企業のWEB制作会社においては、特にWEBデザイナーの給与は上がりづらい傾向にあります。

2.残業が多い

2つ目の理由は、WEBデザイナーの仕事は「残業が多いから」です。会社にもよりますが、WEBデザイナーは定時で帰れることはほぼないと言われています。

残業が多くなる理由としては、納期の短い案件が多い・クライアントからの修正に追われる・慢性的に人手が足りないなどが挙げられます。

またクライアントから明確な指示がある案件も少ないので、最初のクライアントとの打ち合わせの段階から大変であるケースも多くあります。

3.職務内容が会社によって異なる

3つ目の理由は、WEBデザイナーは「職務内容が会社によって異なるから」です。

会社によってはWEBデザイナーになっても、デザイン以外の業務に対応しなければならないことがあります。例えば、ワードプレス構築やディレクション業務やクライアントへの対応業務などが挙げられます。

そのためデザインをやりたいと思ってWEBデザイナーになっても、純粋にデザインの仕事だけ任されることはなく、特に中小企業など規模の小さい会社ではほぼ確実に様々な業務に対応しなければならないようです。

WEBデザイナーは年収低い?収入アップできる3つの方法を解説

WEBデザイナーとして働く上での3つのメリット

「やめとけ」と言われる理由についてご説明しましたが、WEBデザイナーの仕事にはもちろん良い点もたくさんあります。

本当のことや理由を知ってWEBデザイナーという仕事を判断することが大切ですので、ここからはWEBデザイナーとして働く上での良い点についてご説明します。

WEBデザイナーの良い点は、具体的に次の3つです。

  1. リモートワークができる
  2. 手に職がつくので仕事の幅が広がる
  3. 営業力があれば独立できる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.リモートワークができる

WEBデザイナーの1つ目の良い点は、「リモートワークができる」ことです。

WEBデザイナーの仕事はリモートワークができるので、他の業界と違って会社へ通勤しなくてよい日が多いです。会社によっては完全フルリモートが可能なこともあります。

新入社員であれば最初の段階では研修などで会社への通勤が必要ですが、研修が終わればリモートに移行できるようになります。

現在のコロナ禍における感染リスクも低くなるので、WEBデザイナーは在宅ワークによって仕事に集中できる環境があると言えるでしょう。

2.手に職がつくので仕事の幅が広がる

2つ目の良い点は、「手に職がつくので仕事の幅が広がる」ことです。

WEBデザイナーのスキルは一生使えるものなので、他の業界に転職をしたとしても、WEBデザイナーの仕事を副業として引き受けることができます。

副業OKの会社が増えている昨今の時代にはマッチしているスキルです。

またスキルが身について独立することができれば、会社に縛られることなく自由に働くことも可能です。以上のようにWEBデザイナーになると、今後の仕事の幅は広がります。

3.営業力があれば独立できる

3つ目の良い点は、「営業力があれば独立できる」ことです。

WEBデザイナーとしての経験を積むことによって、独立を目指す人が多いこともこの業界の特徴です。営業力があり1人でも仕事を受注できるようになれば、独立してフリーランスになることが可能です。

独立すれば会社のマージンが無くなり、全て自分に給料として入るので、WEBデザイナーは独立すれば更に稼ぐことができます。独立した人の中には、会社にいた時の倍以上に稼げるようになった人もいるようです。

『地獄?』インフラエンジニア「やめとけ」と言われる3つの原因

「やめとけ」回避方法。WEBデザイナーで年収を上げる3つの方法

WEBデザイナーが「やめとけ」と言われる理由の1つとして、「給与が上がりづらい」を挙げましたが、WEBデザイナーにおいて年収を上げるための方法が無いかといえばそうではありません。

WEBデザイナーで年収を上げるための方法は、次の3つです。

  1. フリーランスになる
  2. 転職する
  3. マーケティングスキルを身につける

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.フリーランスになる

1つ目の年収をあげる方法は、「フリーランスになる」です。

独立してフリーランスになれば会社のマージンが無くなり、全て自分に給料として入るので年収アップに繋がります。そのためWEB制作業界では、独立してフリーランスになるのを目指す人が多いのが特徴です。

注意点としては、1人で仕事を受注できなければならないので、営業力や人脈などがなければ一般的にはフリーランスになるのは難しいことが挙げられます。

ただし、近年ではフリーランス向けのエージェントサイトがあり、登録すればエージェントから仕事を紹介してもらえるシステムもあるので、しっかりと3年以上の業務経験を会社で積んでいればフリーランスになるのは難しくありません。

2.転職する

2つ目の年収を上げる方法は、「転職する」です。

例えば、自分のことをきちんと評価してもらえる会社に転職すれば、その会社では出世しやすくなるので年収は上がりやすくなります。

また中小企業から大手企業への転職も、年収アップに必ず繋がるでしょう。大手広告代理店のWEBデザイナーと中小企業のWEBデザイナーでは年収にはやはり差があるからです。

3.マーケティングスキルを身につける

3つ目の年収を上げる方法は、「マーケティングスキルを身につける」です。

WEBデザイナーのスキルだけでなく、マーケティングのスキルも身につけることによってより高度な仕事ができるようになります。

デザインとマーケティングの両方ができる人は市場価値も高く、貴重な人材となるので仕事の単価アップに繋がります。

転職リスクを減らすためのブラック企業の見極め方法

ブラック企業のWEB制作会社であれば、WEBデザイナーの仕事で残業があるのは当たり前のようになっています。

そこでライフワークバランスを保ちながらWEBデザイナーとしてやっていくためには、企業を見極めなければなりません。

ブラック企業に就職しないための企業の見極め方は、主に次の2つです。

  1. 営業職の割合が多くないかチェックする
  2. 格安を売りにしている制作会社はやめておく

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.営業職の割合が多くないかチェックする

企業の見極め方の1つ目は、「営業職の割合が多くないかチェックする」です。

営業職の割合が多ければ多いほど、しわ寄せはWEBデザイナーに来るので、ブラック企業である、と判断することができます。

営業職の割合が多い会社では新規案件の数がどんどん増えていき、制作側のデザイナーは残業しながら新規案件に対応しなければならない状況になるからです。

また営業職との比率を見たとき、WEBデザイナー・エンジニアの人数のほうが少くなければ、営業職の意見が通りやすい会社であることが多いです。

2.格安を売りにしている制作会社はやめておく

企業の見極め方の2つ目は、「格安を売りにしている制作会社はやめておく」です。

10万円~20万円でWEB制作が可能としている会社や格安を売りにしている会社では、その分WEBデザイナーの人件費を削減しているため、給与が低くなっていることがほとんどです。

また、格安を売りにしている会社では、比較的簡単なWEBサイト作りに特化しているので、WEB制作のスキルが身に付きづらいという点もデメリットです。

イチオシ『総合転職』エージェント3選【無料】

『自分で求人探すのは大変』といった方向けです。

担当者が条件に合った求人を探し〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉を行ってくれる無料で利用できる便利なサービスです。

  1. マイナビエージェント
    ⇒20代に信頼されている転職エージェント『1位』、業界に精通した専任スタッフがサポート
  2. リクルートエージェント
    ⇒業界求人数『トップ級』、『10万件以上』の非公開求人を保有、専任スタッフがサポート
  3. doda(デューダ)
    ⇒日本最大級の求人数を掲載。『職種』『年齢』『経験』を問わない転職エージェント

おすすめ『第二新卒』転職エージェント3選【無料】

『就活の限界を感じている』20代向けです。〈面接日程の調整〉〈履歴書の添削〉〈面接対策〉など、内定獲得へのサポートを行ってくれるサービスです。

  1. UZUZ
    ⇒ブラック企業を排除、入社後の定着率『97%』、専任アドバイザーがサポート
  2. DYM就職
    ⇒優良企業『2,500社以上』、サービス満足度『90%』専任アドバイザーがサポート
  3. 就職Shop
    ⇒最大手リクルート運営、登録企業『10,000社以上』、専任のアドバイザーがサポート

新卒向け『転職サービス』2選【無料】

強力内定獲得へのサポートを行ってくれる便利なサービスです。

  1. dodaキャンパス
    ⇒登録学生320,000名、登録企業『6,200社以上』、自分にあったオファーが届くサービス
  2. キャリアチケット
    ⇒1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)『60,000名』の就職支援をしてきたアドバイザーが専任で内定獲得まで個別サポート

まとめ

以上、WEBデザイナー「やめとけ」と言われる理由について解説していきました。

WEBデザイナー「やめとけ」と言われる原因は、給料が低い割に残業が多めだからです。しかし、キャリアを積みフリーランスになれば、高収入が狙えます。

WEBデザイナー未経験では、就職が難しいので、職業訓練校や、民間のWEBデザイナースクールで学習してから就職することをオススメします。

職業訓練校だと無料で受講でき、さらに、給付金をもらいながら学習できます。

また、民間のWEBデザイナースクールでは、教育訓練給付制度を利用すると、20%キャッシュバックされます。ぜひ検討してみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です